SSHとは何? リモート接続の安全性と効率性を高める方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 安全なリモート通信のためのプロトコル
  • 全ての通信が暗号化されている
  • パスワード、公開鍵など多様な認証方法が可能

SSHとは、安全な通信プロトコルです。

概要説明

SSHとは、リモートコンピュータと通信するためのプロトコルである。なぜならば、ネットワーク上の通信を全て暗号化するため、安全に通信することができるからだ。

例えば、認証部分も暗号化されており、パスワードや公開鍵といった多様な認証方法が利用できる。そして、大手ネットワーク機器メーカーはSSHによるアクセスを推奨している。

つまり、SSHは安全で便利なリモート通信手段である。だから、ネットワークを利用する全ての人にとって重要な技術だ。

職業職種

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、SSHを日常的に使用する。なぜなら、リモートでのネットワーク機器の設定や管理を効率的に行うため。例えば、オフィスからデータセンターにあるサーバーの管理を行う際にSSHを使用する。

システム管理者

システム管理者もSSHを利用する。なぜなら、システムの遠隔管理や障害対応を行うため。例えば、複数のサーバーを一元的に管理するためにSSHを使用する。

開発者

開発者は、SSHを使ってリモートで開発環境にアクセスする。なぜなら、クラウドサービスなどリモート環境での開発が一般的だから。例えば、自宅からオフィスの開発環境にSSHで接続し、作業を行う。

SSHは、名前の由来は「Secure Shell」です。これは「安全なシェル」を意味しており、リモートコンピュータとの通信を安全に行うことができることを示しています。

類似語

Telnet

Telnetは、リモートコンピュータと通信する手法の一つだ。でも、通信内容が平文で送られるため、誰かに見られるリスクがある。だから、安全性はSSHの方が高い。

FTP

FTPもリモートコンピュータと通信するための手法だ。FTPはファイルを送受信するために使われることが多いが、ここでも通信内容が暗号化されないという問題がある。だから、安全性はSSHの方が高い。

RDP

RDPは、Windowsコンピュータをリモートで操作するためのプロトコルだ。これもSSHと同じようにリモートコントロールを可能にするが、Windows以外のシステムにはあまり適していない。

反対語

SSHの反対語は、安全性が低い通信手段。FTPは反対にあたる可能性がある。

会話例

友達が自分のサーバーにログインしてみたいと言った時

「ねえ、君のサーバーにログインしてみていい?」
「もちろんだよ。でも、安全のためSSHを使ってね。」

家族が自宅のネットワークから外部にアクセスしたいと言った時

「私、家のネットワークから外部のサーバーにアクセスしたいんだけど…」
「それならSSHを使うといいよ。安全にアクセスできるからさ。」

教師が生徒にリモート学習のための安全な通信手段について教える時

「先生、リモートで学習するためにはどうしたらいいの?」
「それならSSHを使うといいよ。データを安全に送受信できるからさ。」

注意点

SSHを使うときの注意点はパスワードの管理だ。なぜなら、パスワードが漏れると誰でもそのSSH接続を使えてしまうからだ。

例えば、パスワードをメモしてどこかに置き忘れたら大変なことになる。そして、SSHの鍵は定期的に更新することが必要。

SSHとFTPの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

SSHは情報を暗号化して送受信する手段です。

一方、FTPは情報を暗号化せずに送受信します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました