ボットネットとは?コンピュータの隠れた脅威を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとボットネットとは

  • コンピュータを乗っ取るネットワーク
  • C&Cサーバが指揮を執る
  • 利用者は気づかないまま

ボットネットとは、コンピュータを乗っ取る隠れた脅威です。

概要説明

ボットネットとは、マルウェアに感染したコンピュータが集まって形成されるネットワークである。なぜならば、これらのコンピュータは攻撃者によって遠隔操作され、一斉に特定のサーバを攻撃するために使われるから。

例えば、大規模なDDoS攻撃である。そして、これらのコンピュータは「ゾンビマシン」とも呼ばれ、中枢となるサーバは「C&Cサーバ」と呼ばれる。

つまり、普通のコンピュータが、知らず知らずのうちに攻撃者の一部として利用されるのである。だから、自身のコンピュータのセキュリティを強化することが重要である。

職業職種

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家は、ボットネットの検出と対策を行う。なぜなら、企業や組織のネットワークを守る専門的な知識と技術が求められるから。例えば、侵入検知システムの設定と監視。

ハッカー(攻撃者)

ハッカーは、ボットネットを構築して攻撃を行う。なぜなら、他人のコンピュータを乗っ取り、自分の目的に利用することができるから。例えば、大規模なDDoS攻撃の実行。

一般のコンピュータ利用者

一般のコンピュータ利用者は、ボットネットに乗っ取られる可能性がある。なぜなら、セキュリティの脆弱性を突かれ、気づかない間に攻撃の一環とされる可能性があるから。例えば、怪しいメールの添付ファイルを開く。

ボットネットは、名前の由来は「ロボット(Bot)」と「ネットワーク(Net)」の組み合わせです。

ボットネットの代表例

Conficker

Confickerは、ボットネットで有名である。なぜなら、2000年代後半に数百万台のコンピュータを乗っ取り、巨大なボットネットを形成したから。例えば、Windowsの脆弱性を突いて感染を広めた。

Zeus

Zeusは、ボットネットで名高い存在である。なぜなら、金融機関を狙ったサイバー攻撃で大きな被害をもたらしたから。例えば、キーロガー機能を使って、ユーザーの銀行ログイン情報を盗んだ。

Brian Krebs

Brian Krebsは、ボットネットで世間に知られている。なぜなら、セキュリティジャーナリストとして、ボットネットやサイバーセキュリティに関する深い調査報道を行っているから。例えば、彼のウェブサイト「Krebs on Security」で、ボットネットの最新情報を詳細に報じている。

手順例

以下は、コンピュータのセキュリティを強化する手順です。

セキュリティソフトの導入

セキュリティソフトは、コンピュータを守る基本である。なぜなら、マルウェアの侵入を防ぎ、既に感染しているものを駆除するから。例えば、NortonやMcAfee。

OSとアプリケーションの更新

OSとアプリケーションの更新は、セキュリティを維持するために重要である。なぜなら、最新のセキュリティパッチが適用され、脆弱性を修正するから。例えば、Windows Update。

不要なサービスの停止

不要なサービスの停止は、攻撃のリスクを減らす方法である。なぜなら、攻撃者が利用可能な入り口を減らすから。例えば、不要なポートを閉じる。

強力なパスワードの設定

強力なパスワードの設定は、不正なアクセスを防ぐ基本である。なぜなら、簡単なパスワードは短時間で破られる可能性があるから。例えば、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたパスワード。

定期的なバックアップ

定期的なバックアップは、データを守る重要な行動である。なぜなら、マルウェアに感染しても重要なデータを失わないようにするから。例えば、外部ドライブへの定期的なデータ保存。

類似語

ゾンビネットワーク

ゾンビネットワークは、ボットネットの類似語である。なぜなら、乗っ取られたコンピュータ(ゾンビ)が集まって形成されるネットワークを指すから。例えば、DDoS攻撃の実行。

マルウェアネットワーク

マルウェアネットワークは、ボットネットの類似語である。なぜなら、マルウェアに感染したコンピュータが連携して悪意のある活動を行うネットワークを指すから。例えば、情報の盗み出し。

コマンドアンドコントロールサーバ

コマンドアンドコントロールサーバは、ボットネットの類似語である。なぜなら、ボットネットを制御する中心的なサーバ(C&Cサーバ)を指す用語だから。例えば、ゾンビマシンへの指令の発信。

反対語

セキュアシステム

セキュアシステムは、ボットネットの反対語である。なぜなら、セキュアシステムは攻撃から守られ、コントロールされない安全なコンピュータやサーバを指すから。例えば、ファイアウォールやアンチウイルスソフトを完備したシステム。

クリーンマシン

クリーンマシンは、ボットネットの反対語である。なぜなら、クリーンマシンはマルウェアに感染していない、健全なコンピュータを指すから。例えば、定期的にセキュリティチェックを行うPC。

自律システム

自律システムは、ボットネットの反対語である。なぜなら、自律システムは他からの制御を受けず、独立して動作するシステムを指すから。例えば、人の介入なしに動作する工場のロボットシステム。

ボットネットの注意点

ボットネットを使用する時の注意点は法的リスクである。なぜならばボットネットは違法な活動に使われることが多いからだ。

例えば、DDoS攻撃や情報盗難である。そして、逮捕される可能性もある。だから、ボットネットの使用は避けるべきである。

ボットネットとワームは、間違えやすいので注意しましょう。

ボットネットは、乗っ取られたコンピュータ群が一つのネットワークを形成して攻撃を行うものです。

一方、ワームは、自己増殖するマルウェアで、ネットワークを介して他のコンピュータに感染を広めるものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました