マルウェアとは?コンピュータを脅かす悪質プログラム解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとマルウェアとは

  • 悪質なコンピュータプログラム
  • データを盗む・破壊する
  • コンピュータウイルスも含む

マルウェアとは、コンピュータを脅かす悪質なプログラムです。

概要説明

マルウェアとは悪質なコンピュータプログラムである。なぜならば、これらのプログラムは、ユーザーのデータを盗んだり、システムを破壊したりする目的で作られるから。

例えば、ランサムウェアはユーザーのファイルを暗号化し、解除のためにお金を要求する。そして、これらはメールの添付ファイルや偽のソフトウェア更新として偽装されることが多い。

つまり、普段のインターネット利用中に感染のリスクがある。だから、セキュリティ対策が重要である。

職業職種

システム管理者

マルウェアは、システムの安全を守る大敵である。なぜなら、システムが感染すると、企業の重要なデータが盗まれたり、システムがダウンしたりするから。例えば、WannaCryランサムウェア攻撃。

一般ユーザー

マルウェアは、個人のプライバシーを侵害する危険がある。なぜなら、個人の重要な情報が盗まれ、悪用される可能性があるから。例えば、銀行口座の情報を盗むトロイの木馬

開発者

マルウェアは、開発したソフトウェアを汚名にする可能性がある。なぜなら、マルウェアがソフトウェアに紛れ込むと、ユーザーに対して信頼を失うから。例えば、ダウンロードしたソフトウェアに潜むマルウェア。

マルウェアは、名前の由来は「Malicious Software」の短縮形です。これは「悪意を持ったソフトウェア」という意味です。

マルウェアの代表例

McAfee

McAfeeは、マルウェア対策で有名である。なぜなら、セキュリティソフトウェアを提供しており、マルウェアの検出と除去に特化しているから。例えば「McAfee AntiVirus」。

Kaspersky

Kasperskyは、マルウェア対策で名高い存在である。なぜなら、高い検出率と清潔なシステムを保つためのソリューションを提供しているから。例えば「Kaspersky Internet Security」。

Kevin Mitnick

Kevin Mitnickは、マルウェアで世間に知られている。なぜなら、かつてアメリカで最も有名なハッカーの一人であり、現在はセキュリティコンサルタントとして活動しているから。例えば、彼の著書「The Art of Invisibility」。

手順例

以下は、マルウェアの感染を確認する手順です。

セキュリティソフトウェアを更新

セキュリティソフトウェアを更新することは、基本である。なぜなら、最新のマルウェア情報を取得するため。例えば「Windows Defender」の更新。

フルスキャンを実行

フルスキャンを実行することは、重要である。なぜなら、コンピュータ全体をチェックし、マルウェアの存在を見つけるため。例えば「Norton Security」でのフルスキャン。

不審なプロセスを確認

タスクマネージャを開き、不審なプロセスを確認する。なぜなら、マルウェアは背後で動作することが多いから。例えば「svchost.exe」の複数存在。

システムの復元

システムの復元を行う。なぜなら、マルウェアに感染する前の状態に戻す最後の手段であるから。例えば「システムの復元ポイント」を使用。

専門家に相談

専門家に相談することは、大切である。なぜなら、自分での対処が難しい場合、専門の知識が必要だから。例えば、ITサポートに連絡。

類似語

コンピュータウイルス

コンピュータウイルスは、マルウェアの類似語である。なぜなら、マルウェアの一種で、他のプログラムに感染して害を及ぼす特性があるから。例えば「ILOVEYOU」ウイルス。

スパイウェア

スパイウェアは、マルウェアの類似語である。なぜなら、ユーザーの情報を盗む目的で設計された悪質なプログラムだから。例えば「keylogger」。

ランサムウェア

ランサムウェアは、マルウェアの類似語である。なぜなら、コンピュータのデータを人質に取り、身代金を要求する特性があるから。例えば「WannaCry」。

反対語

セキュリティソフトウェア

セキュリティソフトウェアは、マルウェアの反対語である。なぜなら、マルウェアがコンピュータを攻撃するのに対し、セキュリティソフトウェアはそれを防ぐから。例えば「Norton Antivirus」。

ホワイトリスト

ホワイトリストは、マルウェアの反対語である。なぜなら、マルウェアがシステムに悪影響を及ぼすものとしてリストされるのに対し、ホワイトリストは安全と認定されたものがリストされるから。例えば「メールのフィルタリング」。

クリーナーソフトウェア

クリーナーソフトウェアは、マルウェアの反対語である。なぜなら、マルウェアがシステムを汚染するのに対し、クリーナーソフトウェアはシステムをクリーンに保つためのものだから。例えば「CCleaner」。

マルウェア対策の注意点

マルウェア対策の注意点はセキュリティソフトウェアの更新である。なぜならば最新のマルウェア情報を取得して、予防するためだからだ。

例えば「Windows Defender」の更新である。そして、定期的なシステムスキャンを行う。だから、自己防衛が大切。

マルウェアとコンピュータウイルスは、間違えやすいので注意しましょう。

マルウェアは、悪影響を及ぼすプログラム全般を指します。

一方、コンピュータウイルスは、マルウェアの一種で、他のプログラムに感染して害を及ぼす特性があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました