DMPとは?ビジネス戦略を強化するデータ分析ツール

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとDMPとは

  • 広告の解析データを集める
  • 最適なターゲットを見つける
  • オープンとプライベートの2種類

DMPとは、広告データを分析、最適なターゲットを見つけるシステムです。

概要説明

DMPとは、広告の解析データや顧客属性などを集めて最適なターゲットに広告を打つためのシステムである。なぜなら、精度の高い広告配信が可能になるからだ。

例えば、男性の20代が好きな商品をピンポイントで把握できる。そして、その情報を使って広告を打つことができる。

つまり、無駄な広告費を減らし、効果的な広告運用が可能になる。だからDMPは、広告業界において重要なツールなのだ。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、DMPを日々使用する。なぜなら、広告のターゲット設定や評価のため。例えば、顧客の行動履歴や購入履歴をもとに次の広告戦略を立てる。

広告事業者

広告事業者は、DMPを活用する。なぜなら、自分たちが提供する広告の効果を評価し、改善するため。例えば、どの広告がより効果的かを分析し、クライアントに提案する。

データ分析者

データ分析者は、DMPを使う。なぜなら、集めたデータを深堀りして解析し、有益な情報を見つけるため。例えば、特定のターゲットの行動傾向や興味を把握する。

DMPは、英語の”Data Management Platform”の頭文字を取って名付けられた。これは「データ管理プラットフォーム」を意味します。

DMPの代表例

Google

Googleは、広告分析にも力を入れている企業だ。なぜなら、DMPを活用した広告サービス「Google Ads」を展開しているからだ。例えば、Google Adsは広告主が最適なターゲットに広告を打つためのデータ分析を支援する。

Adobe

Adobeは、DMPを搭載した広告プラットフォームを提供している。なぜなら、Adobe Audience ManagerというDMPサービスを提供しており、顧客属性などのデータを分析してターゲット広告の精度を高めるからだ。例えば、Adobe Audience Managerでは企業が自社で集めたデータを使い、広告を最適化する。

Lotame

Lotameは、DMPを中心としたサービスを提供する企業だ。なぜなら、Lotame DMPはオープンDMPの一つで、広告事業者が収集したデータを分析して広告主に提供するからだ。例えば、広告主はLotame DMPを使って効率的な広告配信を実現できる。

手順例

DMPを使った広告キャンペーンの手順です。

広告目標の設定

最初に広告の目標を設定する。なぜなら、目標によってデータの収集や分析方法が変わるからだ。例えば、新商品の販売増を目指す場合、新顧客を獲得するためのデータ分析が重要になる。

データ収集

次に、オープンDMPやプライベートDMPを使ってデータを収集する。なぜなら、DMPは広告のターゲットを絞るためのデータを提供するからだ。例えば、Google Adsを使うと、広告の表示回数やクリック数などのデータを収集できる。

データ分析

データ収集後は、データを分析する。なぜなら、DMPは大量のデータから必要な情報を見つけ出すツールだからだ。例えば、どの年齢層が商品に興味を示すか、どの地域からのアクセスが多いかなどを分析できる。

広告戦略の作成

データ分析後は、分析結果をもとに広告戦略を作る。なぜなら、データ分析結果が広告のターゲット設定や配信方法を決定するのに役立つからだ。例えば、若者に人気の商品ならSNSへの広告配信を考えるなど、戦略を立てる。

広告配信

最後に、作成した広告戦略に基づいて広告を配信する。なぜなら、DMPを使った広告配信は、ターゲットへの効果的なアプローチが可能になるからだ。例えば、広告はターゲットの興味や行動に合わせて表示され、より効果的に成果を上げることができる。

類似語

CDP(Customer Data Platform)

CDPは、DMPと似ているがより深い顧客理解に重点を置いている。なぜなら、CDPは個々の顧客の詳細な行動履歴や属性を長期間保存し分析するからだ。例えば、CDPは顧客の購買履歴やサイト訪問履歴などを詳しく分析し、マーケティング戦略を策定する。

CMP(Content Management Platform)

CMPもDMPと似ているが、こちらはコンテンツ管理に焦点を置いている。なぜなら、CMPは企業が所有するコンテンツを一元管理し、その配信を効率化するツールだからだ。例えば、CMPを使用すれば、同じコンテンツを複数のチャンネルに一度に配信することができる。

CRM(Customer Relationship Management)

CRMは、DMPのように顧客データを管理するが、個々の顧客との関係性を重視している。なぜなら、CRMは顧客とのコミュニケーションを管理し、顧客満足度を向上させるためのツールだからだ。例えば、CRMを使うと、顧客の問い合わせ履歴や購買履歴などを一元管理し、個別の対応を可能にする。

反対語

一般的な広告

一般的な広告は、DMPの反対語である。なぜなら、DMPはデータを集めて最適なターゲットに広告を打つが、一般的な広告はターゲットを特定しない広告だからだ。例えば、新聞の全面広告とか。

無差別マーケティング

無差別マーケティングは、DMPの反対語である。なぜなら、DMPは最適なターゲットに広告を打つのに対し、無差別マーケティングは全員に等しく広告を打つからだ。例えば、テレビコマーシャルとか。

直感的なマーケティング

直感的なマーケティングは、DMPの反対語である。なぜなら、DMPは広告を打つ前にデータを集めて分析するのに対して、直感的なマーケティングはデータ分析に頼らず、経験や感覚で広告を打つからだ。例えば、季節の感じから春らしい広告を打つとか。

DMPの注意点

DMPを使用する時の注意点はデータの信憑性である。なぜならば信憑性のないデータは誤った広告ターゲットを導き出す可能性があるからだ。

例えば、偽の顧客情報である。そして、DMPはただデータを分析するだけでなく、その解析結果をどう活用するかも重要だ。だからデータの利用方法についても十分考えるべきだ。

DMPとCDPは、間違えやすいので注意しましょう。

DMPは、主に広告のターゲティングに使用する一時的なデータを扱います。

一方、CDPは、顧客との長期的な関係を築くために、永続的な顧客データを一元管理するシステムです。CDPは、Customer Data Platformの頭文字をとった略語になります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました