TMSとは?製品の全過程を一元管理する運輸管理システム

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとTMSとは

  • 製品全過程の一元管理
  • 出荷・調達一括把握
  • AI・GPSで配車最適化

TMSとは、運輸管理システムです。

概要説明

TMSとは運輸管理システムである。 なぜならば製品の調達から配送までの全てを一括管理するからだ。

例えば荷の調達、出荷注文は全てこのシステムで把握できる。そしてAIやGPSを活用して配車計画を最適化し、遅配予測も可能にする。

つまり、配送のコスト削減と効率化を実現できる。だから、物流業界で非常に重要なシステムとされている。

職業職種

物流マネージャー

物流マネージャーは、TMSを使用する。なぜなら、製品の全過程を一元的に把握し、配送業務を最適化するためだ。例えば、AIを用いた配車計画でコスト削減を実現できる。

配送ドライバー

配送ドライバーは、TMSを使用する。なぜなら、リアルタイムで配車計画や稼働状況を把握できるからだ。例えば、渋滞のビッグデータを基にした遅配予測が可能だ。

倉庫マネージャー

倉庫マネージャーは、TMSを使用する。なぜなら、出荷注文の一元管理と、在庫の最適化ができるからだ。例えば、原材料・部品の調達から在庫管理までがスムーズになる。

TMSは、英語の”Transportation Management System”の頭文字を取ったもので、日本語では「運輸管理システム」という意味です。

TMSの代表例

Manhattan Associates

Manhattan Associatesは、TMS業界の大手である。なぜなら、広範囲なサプライチェーンの機能をカバーし、顧客の物流管理を効率化する高度なシステムを提供しているからだ。例えば、倉庫管理から運送管理まで一元的に処理できる。

Oracle

Oracleは、TMSソフトウェアで有名である。なぜなら、多機能であり、物流から注文管理まで幅広く対応しているからだ。例えば、リアルタイムのトラッキングや予測分析など、最新の技術を導入している。

JDA Software

JDA Softwareは、TMS業界で大きな影響力を持つ企業である。なぜなら、AIや機械学習を活用した先進的なTMSソフトウェアを提供しているからだ。例えば、高度な運送計画や最適化を可能にしている。

手順例

TMSの導入手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、TMS導入の第一歩である。なぜなら、何を達成したいのかを明確にすることで、最適なシステムを選べるからだ。例えば、コスト削減が目的なら、その点に強いシステムを選ぶ。

ベンダー選択

ベンダー選択は、重要なステップである。なぜなら、信頼でき、必要な機能を提供できるベンダーを選ぶことが成功の鍵だからだ。例えば、自社のビジネスモデルに合ったシステムを提供できるベンダーを選ぶ。

導入とトレーニング

導入とトレーニングは、TMSを効果的に利用するために必要である。なぜなら、ユーザーがシステムを理解し、適切に操作できるようになるからだ。例えば、ベンダーにトレーニングを依頼する。

評価と改善

評価と改善は、TMSを持続的に効果的に利用するために重要である。なぜなら、システムの利用状況を分析し、問題点を洗い出し、改善していくことで、更なる効率化やコスト削減が可能になるからだ。例えば、定期的にシステムのパフォーマンスをチェックし、改善点を見つける。

類似語

物流管理システム

物流管理システムは、TMSの類似語である。なぜなら、物流全体を一元的に管理する機能があり、TMSの役割と重なるからだ。例えば、在庫管理や配送スケジューリングが可能だ。

SCM(Supply Chain Management)

SCMは、TMSと関連性の高い語である。なぜなら、供給チェーン全体を効率的に管理するためのアプローチで、TMSはその一部を担っているからだ。例えば、生産から消費までの一連の流れを管理する。

WMS(Warehouse Management System)

WMSは、TMSとよく比較される語である。なぜなら、倉庫内の在庫管理を行うシステムで、TMSと共に物流の効率化に寄与するからだ。例えば、在庫の位置情報の把握や出荷指示などが可能だ。

反対語

手動管理

手動管理は、TMSの反対である。なぜなら、TMSは自動化を実現する一方、手動管理は全て人間が行うため。例えば、配送スケジュールの作成やトラックの追跡。

無組織化

無組織化は、TMSの反対である。なぜなら、TMSは組織的な流れを作るが、無組織化はその逆だからだ。例えば、TMSなしでは、部品の調達から製品の配送まで、一貫性のない管理が行われる可能性がある。

高コスト運輸

高コスト運輸は、TMSの反対である。なぜなら、TMSはコスト削減を目指すのに対し、高コスト運輸はそれを阻むからだ。例えば、効率的な配車計画がないと、無駄な経費が発生する。

TMSの注意点

TMSを使用する時の注意点は、データの正確性である。なぜならばTMSは入力されたデータを元に最適な計画を作成するからだ。

例えば、間違った在庫情報を入力すると、不適切な生産計画が作成される可能性がある。そして、これは配送遅延やコスト増につながる。だからデータの管理と正確さに注意しよう。

TMSとWMS(倉庫管理システム)は、間違えやすいので注意しましょう。

TMSは、原材料や製品の配送とトラックの計画に関連しています。

一方、WMSは、倉庫内の在庫の管理と出荷を、最適化するのに焦点を当てています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました