遠隔地からでも会議を可能にするテレカン!なぜその呼び方なのか?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 遠隔地からの会議
  • コストと時間の節約
  • 災害やウイルスからの防衛策

テレカンとは、リモート会議です。

概要説明

テレカンとは遠隔地から会議を行うことだ。なぜならば、移動時間や交通費を削減できるからだ。例えば、海外とのビジネス会議でもその場にいなくても参加できる。

そして、災害やウイルス感染のリスクを減らすことができる。つまり、テレカンは効率的で安全な会議方法だ。だから、今後もさらなる発展が期待できる。

職業職種

ビジネスマン

ビジネスマンは、テレカンを利用する。なぜなら、時間と場所を選ばずに会議ができるからだ。例えば、出張先からでも参加できる。

リモートワーカー

リモートワーカーは、テレカンを利用する。なぜなら、自宅からでも会議に参加できるからだ。例えば、通勤時間を省くことができる。

緊急対応チーム

緊急対応チームは、テレカンを利用する。なぜなら、現場から速やかに情報を共有できるからだ。例えば、災害時の速報会議に活用できる。

テレカンは、名前の由来は”teleconference(遠隔会議)” “telephone conference(電話会議)” “television conference(テレビ会議)”の3つの英語からきています。

代表例

Zoom

Zoomは、ビデオ通話で有名なサービスだ。なぜなら、簡単に大人数での会議ができ、コロナウイルスのパンデミック中、テレカンの主流となったからだ。例えば学校のオンライン授業などで利用された。

Microsoft Teams

Microsoft Teamsは、ビジネス用のテレカンツールだ。なぜなら、チャットやファイル共有、会議など、企業のコミュニケーションを一元化する機能があるからだ。例えば、世界中の企業で日々の業務に利用されている。

Eric Yuan

Eric Yuanは、Zoomの創設者である。なぜなら、彼のリーダーシップのもと、Zoomは世界的に普及し、テレカンの新たなスタンダードとなったからだ。例えば、彼はコロナウイルスのパンデミック中、オンライン教育の支援を表明した。

手順例

テレカンができるZoomの利用手順です。

アカウント作成

Zoomの利用を始めるためにはまず、アカウントを作成する。なぜなら、Zoomの全てのサービスを利用するためにはアカウントが必要だからだ。例えば、無料プランでもアカウントが必要だ。

ミーティングのスケジュール設定

次に、ミーティングのスケジュールを設定する。なぜなら、ミーティングの日時や参加者を管理するためだからだ。例えば、事前に日時を決めて招待リンクを共有する。

ミーティングの開始

設定したスケジュールの時間になったら、ミーティングを開始する。なぜなら、これが実際のテレカンの開始だからだ。例えば、開始ボタンをクリックするだけで簡単だ。

ミーティングの管理

ミーティング中は、ミュートやビデオのオンオフなど、参加者の管理を行う。なぜなら、これが円滑な会議進行のためのコントロールだからだ。例えば、一斉に全員をミュートにすることもできる。

ミーティングの終了

最後に、ミーティングが終わったら、会議を終了する。なぜなら、これで全ての参加者との接続が切断されるからだ。例えば、終了ボタンを押すだけだ。

類似語

Web会議

Web会議は、テレカンと同じく、インターネットを使って遠隔地の人々と会議をする手段だ。なぜなら、Web会議もテレカンと同様に、コンピュータやスマホからアクセスしてビデオや音声で通話できるからだ。例えば、ZoomやSkypeなどが該当する。

電話会議

電話会議は、テレカンの原型とも言える遠隔地との会議方法だ。なぜなら、電話会議はビデオ通話がなく、音声のみの通話だからだ。例えば、ビジネスでよく使われるコンファレンスコールがこれに当たる。

テレビ会議

テレビ会議は、テレカンの一種で、大型のディスプレイを使用してより現実に近い会議体験を提供する。なぜなら、テレビ会議は大人数での会議や、相手の表情や様子を詳しく見るために使われるからだ。例えば、政府や大企業の会議でよく見られる。

反対語

対面会議

対面会議は、テレカンの反対である。なぜなら、参加者全員が同じ場所で話すからだ。例えば、社内の会議室で開催する会議。

直接対話

直接対話は、テレカンとは違う形だ。なぜなら、一対一で目の前で話すからだ。例えば、同じオフィスの同僚との話し合い。

オフラインミーティング

オフラインミーティングは、テレカンと反対の会議形式だ。なぜなら、全員が物理的に集まるからだ。例えば、業績報告の全体会議。

会話例

プロジェクトミーティング

「明日のテレカン、準備できてる?」
「うん、スライドとビデオリンクも準備したよ」

クライアントとの交渉

「クライアントとのテレカン、どうだった?」
「上手くいったよ、新しい案件も受けられそうだ」

チームとの会議

「来週のテレカン、誰が司会するの?」
「今回は私がやるよ、議題はすでに共有したから確認してね」

注意点

テレカンを使用する時の注意点は通信環境である。なぜならば、不安定な通信環境だと、音声や映像が途切れてしまい、スムーズな会議ができないからだ。

例えば、Wi-Fiの電波が弱い場所で行うと、問題が起きることがある。そして、事前にテスト通話を行い、通信状態を確認することが大切だ。

テレカンとWeb会議は、間違えやすいので注意しましょう。テレカンは電話やビデオ通話を利用して遠隔地の人と会議をすることです。

一方、Web会議はインターネットを利用して会議をすることです。テレカンの一種にWeb会議があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました