デジタルアセットマネジメントとは?デジタル資産の一元管理システムの全てを理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 事業体のデジタル資産を一元管理
  • マーケティング戦略に資産を活用
  • 画像や動画などを最大限に利用

デジタルアセットマネジメントとは、事業体のデジタル資産を一元管理です。

概要説明

デジタルアセットマネジメントとは、事業体のデジタル要素を持つ資産を統合的に管理するシステムである。なぜならば、このシステムを使うことで画像や動画などのデジタル資産を効率的に活用できるからだ。

例えば、新しいマーケティング戦略を計画する際に必要な素材を瞬時に探すことができる。そして、これらの資産は企業のブランド戦略や顧客獲得に大いに役立つ。

つまり、デジタルアセットマネジメントは企業の成長を支える重要なツールである。だから、デジタル化が進む現代では欠かせない存在となっている。

職業職種

マーケティング担当

デジタルアセットマネジメントは、マーケティング担当にとって重要なツールである。なぜなら、資産の一元管理によりマーケティング戦略を迅速に立案できるからだ。例えば、新しいキャンペーンの計画時に必要な素材をすぐに見つけることが可能だ。

データアナリスト

デジタルアセットマネジメントは、データアナリストにとっても有益である。なぜなら、統合されたデータを使ってより深い分析が可能になるからだ。例えば、データのトレンドを見つけ出し、効果的な戦略を提案するための材料になる。

営業担当

デジタルアセットマネジメントは、営業担当がクライアントとのコミュニケーションを強化するために使える。なぜなら、必要な情報や素材をすぐに取り出すことができ、顧客との会話の質を上げるからだ。例えば、クライアントの要望に応じた資料を素早く提供することが可能だ。

デジタルアセットマネジメントは、その名前の由来は”デジタル資産(Digital Asset)”を”管理(Management)”することから来ています。

代表例

Adobe Experience Manager

Adobe Experience Managerは、デジタルアセットマネジメントの領域で広く認知されている。それは強力なデジタルアセット管理ツールを提供しているからだ。使いやすさと機能の充実度で評価が高い。

Widen Collective

Widen Collectiveは、中小企業から大企業まで幅広く利用されているDAMサービス。その理由は、豊富な機能と使いやすさを併せ持っているからだ。特にクラウドベースでの操作が可能なのが利点。

Bynder

Bynderは、多機能なデジタルアセットマネジメントサービスとして有名。一元管理システムを提供し、ブランド管理に特化しているのが特徴。そのおかげで、ブランド一貫性を維持しながらアセットを効率的に管理できる。

手順例

デジタルアセットマネジメントシステムの導入手順です。

ニーズ分析

どのような目的でDAMシステムを導入するのかを明確にする。なぜなら、それがDAMシステムの選定に大いに関わるからだ。例えば、大量の画像データを一元管理したい場合や、ブランド一貫性を保つためにアセットを統一したい場合など、目的によって最適なシステムは異なる。

システム選定

ニーズ分析の結果に基づいて、最適なDAMシステムを選ぶ。それは自社の目的に最適な機能を持つシステムが必要だからだ。例えば、Adobe Experience ManagerやWiden Collectiveなど、各システムの特性を理解し、比較検討する。

導入準備

システムの導入に向けて、内部の体制を整える。なぜなら、システム導入には内部体制の整備が必要だからだ。例えば、システム操作の研修を実施したり、必要な設備を準備したりする。

システム導入

DAMシステムを導入し、デジタルアセットの登録を始める。その過程でシステムの使い方を習得する。例えば、画像や動画のアップロード方法や、アセットの検索方法などを学ぶ。

運用・改善

システム導入後は、継続的にその利用状況をチェックし、改善点を見つける。それはシステムの利便性を高め、より効率的な運用を目指すためだ。例えば、使いにくい機能があれば改善要望を提出したり、新たなニーズが生まれたらそれに対応するシステムのカスタマイズを検討したりする。

類似語

メディアアセットマネジメント

メディアアセットマネジメントは、DAMの一種ともいえる言葉だ。主に動画や音声などのメディアファイルを中心に扱うことが特徴。例えば、テレビ局などが多く使う。

エンタープライズコンテントマネジメント

エンタープライズコンテントマネジメントは、企業全体の情報を一元管理する手法だ。DAMと似ているが、こちらは企業内の全情報を対象とする幅広さが特徴。例えば、文書やメール、ウェブページなども管理対象に含む。

反対語

アナログ資産無管理

アナログ資産無管理は、デジタルアセットマネジメントの反対語だ。なぜなら、デジタルアセットマネジメントがデジタル情報を整理、一元管理する概念であるのに対し、アナログ資産無管理は物理的な情報がバラバラになっている状態だからだ。例えば、会議の手書きノートをそのまま保管する行為だ。

リソース散漫

ソース散漫は、デジタルアセットマネジメントの反対語だ。なぜなら、デジタルアセットマネジメントが様々なデータや資源を一箇所で管理し、最適に活用する事を目指すのに対し、リソース散漫は資源をうまく使わずに散逸させる状態だからだ。例えば、各部署でばらばらにデータを管理してしまう行為だ。

データ無視

データ無視は、デジタルアセットマネジメントの反対語だ。なぜなら、デジタルアセットマネジメントがデータを活用して価値を生み出す概念であるのに対し、データ無視はその価値を無視し活用しない状態だからだ。例えば、重要な市場情報を持ちながらもそれを分析しない行為だ。

会話例

  • マーケティング会議
    「デジタルアセットマネジメントって何?私たちには必要なの?」
    「それは価値あるデジタル資源をまとめて管理することだよ。うまく活用すれば、より効果的なマーケティング戦略を立てられるから、絶対必要だよ。」
  • プロジェクトミーティング
    「デジタルアセットマネジメントを使うと、どんな利点があるの?」
    「すべてのデジタル資産が一元管理できるから、必要な情報をすぐに見つけることができるよ。それにより、仕事の効率が大きく上がるよ。」
  • 営業戦略ミーティング
    「デジタルアセットマネジメントがあれば、私たちはどのようにして競争力を得られるの?」
    「より適切なデータを速やかに取り出せるから、マーケティング戦略を速やかに立案し、対応が早くなるよ。これによって、競争相手より一歩先に進むことができるよ。」

注意点

デジタルアセットマネジメントを使う時の注意点はデータの管理である。なぜならばデータの整理や分類が適切でなければ、システムのパフォーマンスや効果が半減してしまうからだ。

例えば、同じ種類のデータがバラバラの場所に保存されていたり、データの命名規則が一貫していない場合である。そして、デジタルアセットのセキュリティも重要だ。だから、データの整理とセキュリティを重視しよう。

デジタルアセットマネジメントとデータベース管理は、間違えやすいので注意しましょう。

デジタルアセットマネジメントはデジタル資源を一元管理し、価値を生み出す活用するシステムです。

一方、データベース管理はデータの保存、取得、更新を行うシステムの運用と管理を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました