ブロックチェーンとは?取引履歴の透明性と安全性。

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとブロックチェーンとは

  • 仮想通貨の取引履歴を保存
  • 小分けして連なって保存
  • データ改ざんが不可能

ブロックチェーンとは、仮想通貨の連鎖的なデータ保存です。

概要説明

ブロックチェーンとは仮想通貨の取引履歴を保存する方法である。なぜならば中央の管理者がいなくても安全に取引履歴を確認できるからだ。

例えばビットコインである。そしてデータはハッシュ値で暗号化される。つまり改ざんが不可能である。だから安心して使用できる。

職業職種

仮想通貨トレーダー

仮想通貨トレーダーは、ブロックチェーンを利用する。なぜなら、取引の確認と安全性が求められるからだ。例えばビットコインの取引。

IT技術者

IT技術者は、ブロックチェーンの開発やメンテナンスに関わる。なぜなら、システムの安定性や進化が必要だからだ。例えば新しいブロックチェーン技術の開発。

金融機関の職員

金融機関の職員は、ブロックチェーン技術を利用して新しい金融サービスを考える。なぜなら、ブロックチェーンは金融取引の透明性を向上させるからだ。例えば新しい決済システムの提案。

ブロックチェーンは、名前の由来はデータを「ブロック」として連なって「チェーン」のように保存することからです。

ブロックチェーンの代表例

Bitcoin

Bitcoinは、最初の仮想通貨である。なぜなら、2009年にサトシ・ナカモトによって発表され、ブロックチェーン技術を基盤として作られたから。例えば、多くの仮想通貨の先駆けとなった。

Ethereum

Ethereumは、スマートコントラクトをサポートするプラットフォームである。なぜなら、この機能により、自動化された取引が可能となったから。例えば、トークンセールやDAppsの開発に使われる。

Vitalik Buterin

Vitalik Buterinは、Ethereumの共同創設者である。なぜなら、彼のアイディアとリーダーシップで、Ethereumは世界で2番目に大きな仮想通貨として成長したから。例えば、彼の影響は仮想通貨業界全体に及んでいる。

手順例

以下は、ブロックチェーンの基本的な取引手順です。

ウォレットの作成

ウォレットは、仮想通貨の収納場所である。なぜなら、取引や受取を行うためのアドレスが必要だから。例えば、オンラインやアプリで簡単に作成できる。

取引所での購入

取引所は、仮想通貨を購入する場所である。なぜなら、円やドルといった通貨と仮想通貨を交換するための場所が必要だから。例えば、CoinbaseやBinanceなどがある。

取引の確認

取引の確認は、ブロックチェーン上で行われる。なぜなら、各取引はネットワーク上の複数のコンピュータで検証されるから。例えば、確認されるまでには時間がかかることもある。

ウォレットへの受取

ウォレットへの受取は、購入した仮想通貨を自分のウォレットに移動させる行為である。なぜなら、取引所は第三者のサービスなので、安全性を高めるため自分のウォレットに移動させるから。例えば、ウォレットアドレスを指定して送金する。

取引の完了

取引の完了は、ブロックチェーン上で取引が確認され、ウォレットに仮想通貨が受け取られた時点である。なぜなら、この時点で取引は不変となり、改ざんできなくなるから。例えば、ウォレットの残高が増える。

類似語

分散型台帳

分散型台帳は、ブロックチェーンのもう一つの呼び名である。なぜなら、データが複数の場所に分散して保存されるから。例えば、一つの中央の場所に保存されない。

ハッシュ

ハッシュは、取引の内容を短いコードに変換するものである。なぜなら、ブロックチェーン上で取引を確認する際に使われるから。例えば、同じ取引内容は常に同じハッシュ値を持つ。

暗号通貨

暗号通貨は、ブロックチェーンを利用したデジタルなお金である。なぜなら、ブロックチェーン技術を基盤として作られ、暗号技術で安全性を確保されるから。例えば、BitcoinやEthereumなどがこれに当たる。

反対語

中央集権的システム

中央集権的システムは、データを一箇所に集めて管理する方式である。なぜなら、ブロックチェーンとは逆に情報が中央に集まるため。例えば銀行のシステム。

単一データベース

単一データベースは、情報を一箇所だけに保存する。なぜなら、複数の場所に分散して保存しないから。例えば、企業の内部データベース。

集中型レジストリ

集中型レジストリは、一箇所に情報を集めて管理するシステムである。なぜなら、一つの管理者が全ての情報を持っているから。例えば、国の土地登記。

ブロックチェーンの注意点

ブロックチェーンを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならばハッキングや不正アクセスのリスクが存在するからだ。

例えば2017年に起きた仮想通貨取引所のハッキング事件である。そして、ブロックチェーンは不変性を持つため、一度登録したデータは変更できない。だから、データ登録時には十分な注意が必要だ。

ブロックチェーンとデータベースは、間違えやすいので注意しましょう。

ブロックチェーンは、取引の履歴を分散して保存する技術です。

一方、データベースは、情報を一箇所に集約して保存する場所です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました