スパイラル型開発の特性、メリット・デメリットに迫る!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 全体を部分化、一つずつ開発
  • 各機能ごとにユーザー評価
  • 変更やバグにも柔軟に対応

スパイラル型とは、部分ごとに開発、各機能ごとのユーザー評価、変更やバグにも柔軟対応する開発手法です。

概要説明

スパイラル型とはソフトウェア開発の手法で、全体を部分化して各部分を開発する方法である。

各機能ごとにユーザーの評価を受けて、次の機能に進む。例えば、一つの機能が完成したら、ユーザーからの評価をもとに次の部分を開発する。そして、変更やバグが発生しても、その部分だけを見直すことで全体の開発に影響を与えない。

つまり、開発が柔軟で、リリースの品質も高まる。だから、スパイラル型は開発に時間がかかる可能性があるけど、完成した製品の品質は保証される。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、スパイラル型を使う。なぜなら、部分ごとの開発を管理し、変更やバグに対する対応も見える化できるからだ。例えば、一つ一つの機能の進行状況を把握しながら全体を進める。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、スパイラル型を使う。なぜなら、ユーザーからの評価を直接受け取り、そのフィードバックを次の開発に反映できるからだ。例えば、一つの機能に対する評価を基に次の機能の改善を行う。

クオリティアシュアランス(QA)エンジニア

QAエンジニアは、スパイラル型を使う。なぜなら、各機能ごとにテストを行い、問題点を早期に発見できるからだ。例えば、テストを通じてバグを発見し、そのバグ修正のフィードバックを開発に反映する。

スパイラル型は、開発プロセスが螺旋状に進行することからその名がついています。

代表例

Microsoft

Microsoftは、Windows 10の開発でスパイラル型を使った。なぜなら、ユーザーフィードバックをリアルタイムに取り入れることができるから。例えば、「Windows Insider Program」を通じて、早期段階でユーザーの意見を取り入れていた。

IBM

IBMは、複雑なシステムを開発する際にスパイラル型を採用することが多い。なぜなら、リスク管理が重要な大規模なプロジェクトに向いているから。例えば、クラウドソリューションの開発では一つずつの機能を詳細にテストしながら開発を進めた。

Adobe

Adobeは、PhotoshopやIllustratorなどのソフトウェア開発でスパイラル型を活用している。なぜなら、新機能の追加や既存機能の改善を行う際に、ユーザーフィードバックを早い段階で取り入れることができるから。例えば、ベータ版を公開し、そのフィードバックを元に製品版を改善した。

手順例

  1. 計画作成
    プロジェクトのゴールと範囲を定義し、リスクを評価する。これを基に開発スケジュールを作る。
  2. 要件定義
    具体的な機能や性能を決める。これがプロジェクトの進行基準になる。
  3. 設計と実装
    ソフトウェアの構造を設計し、コードを書く。テストもここで行う。
  4. ユーザー評価
    ユーザーに試してもらい、フィードバックを収集する。これを元に次の機能を改善する。
  5. 反省と改善
    評価やテストの結果をもとに反省し、次の計画を立てる。これを繰り返すことで完成品の品質を高める。

類似語

イテレーティブ開発

イテレーティブ開発は、スパイラル型の一種だ。なぜなら、両者とも開発を繰り返すサイクル型の手法だから。例えば、最初から最後まで一気に開発するのではなく、一部機能ごとに開発を行う。

反復型開発

反復型開発もスパイラル型に似ている。なぜなら、どちらも開発の各段階を反復することで品質を高めるから。例えば、機能を一つずつ追加しながら開発を進める。

進化型開発

進化型開発は、スパイラル型の一種と言える。なぜなら、製品が逐次進化する形で開発を行うから。例えば、製品のバージョンアップを繰り返しながら完成形に近づけていく。

反対語

アジャイル型

アジャイル型は、スパイラル型の反対だ。なぜなら、アジャイル型はシステム全体の開発が終わるまでユーザーからの評価を受けない。例えば、ゲーム開発で言えば、全てのステージを完成させてから初めてプレイテストを行うのがアジャイル型だ。

ウォーターフォール型

ウォーターフォール型も、スパイラル型の反対だ。なぜなら、ウォーターフォール型は全体の設計を最初に行い、全ての機能が完成してから初めてテストを行う。例えば、ビルを建てるときに、まず全体の設計図を書いてから建設を始めるのがウォーターフォール型だ。

会話例

  1. 学校のクラス会での発表
    Q.「僕たちのクラスフェスティバルの出し物をどうしよう?」
    A.「スパイラル型の開発手法を使ってみてはどうかな?最初に一つのアイデアを出して、それを試してみてから、次のアイデアに進む方法だよ。」
  2. 友達とのゲーム開発の話
    Q.「このゲームのバグが多すぎるよ、どうにかならない?」
    A.「じゃあ、次からはスパイラル型の開発を試してみよう。一つ一つの機能を完成させてから次に進むから、バグも少なくなるよ。」

注意点

スパイラル型を使う時の注意点は、全体像が見えにくくなることだ。なぜなら、一つ一つの機能に集中してしまうと、全体の進行が見えにくくなるからだ。

例えば、ゲームを作るときに、一つのステージだけにこだわって、他のステージの開発が進まないこともある。だから、全体のスケジュール管理をしっかりやることが大切だ。

スパイラル型とアジャイル型は、間違えやすいので注意しましょう。

スパイラル型は一つ一つの機能を完成させてから次に進む。

一方、アジャイル型は、全体の開発を一度に進める手法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました