COBOLとは?世界の大規模システムを支えるレガシー言語

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 金融系や官公庁でよく使われる
  • 大規模システムに適したプログラミング言語
  • 60年以上も使われ続けているレガシー言語

COBOLとは、業務処理に強い古代のプログラミング言語です。

概要説明

COBOLとは、大規模な業務処理を得意とするプログラミング言語だ。なぜなら、金融系や官公庁のような複雑で大きなシステムを扱うのに適しているからだ。

例えば、アメリカの失業保険金給付システムもCOBOLで開発されている。そして、誕生から60年以上経った今でも一部で活用されている。つまり、技術者が少なくなった今もなお、その重要性が認められているのだ。だから、古くから存在するが未だに必要な言語と言える。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、COBOLを使うことがある。なぜなら、古いシステムの保守や改修をすることがあるからだ。例えば、銀行のシステム。

プログラマー

プログラマーは、COBOLを使うことがある。なぜなら、レガシーシステムのコードを理解する必要があるからだ。例えば、保険会社のシステム。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、COBOLを理解することが求められる。なぜなら、古いシステムと新しいシステムの連携や移行計画を立てる必要があるからだ。例えば、官公庁のシステム改修。

COBOLは、「Common Business-Oriented Language」の略で、直訳すると「共通業務指向言語」です。

COBOLの例

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. HELLO-WORLD.
PROCEDURE DIVISION.
    DISPLAY 'Hello, World!'.
    STOP RUN.

IDENTIFICATION DIVISION. および PROGRAM-ID. HELLO-WORLD. はプログラムのメタ情報を提供します。ここでは、プログラムの名前が HELLO-WORLD であることを指定しています。

PROCEDURE DIVISION. はプログラムの実行部分を開始します。

DISPLAY 'Hello, World!'. は指定されたテキストを表示するコマンドです。

STOP RUN. はプログラムの終了を指示します。

代表例

IBM

IBMは、初期のCOBOL開発を主導した企業だ。そのため、COBOLに精通した技術者が多くいる。例えば、元IBMのエンジニアがCOBOLで大規模システムを構築した例もある。

アメリカの失業保険金給付システム

アメリカの失業保険金給付システムは、COBOLで作られている。新型コロナウイルスの影響でシステムに過負荷がかかった時、COBOL技術者不足が問題になった。

Grace Hopper

Grace Hopperは、COBOL言語の設計に大きく寄与した人物だ。彼女の仕事があったからこそ、現在でもCOBOLは利用されている。

手順例

COBOLコンパイラを入手する

COBOLのプログラムを動かすには、まずCOBOLコンパイラが必要だ。なぜなら、コンパイラはプログラムを機械が理解できる形に変換する役割があるからだ。

COBOLのコードを書く

次に、COBOLのコードを書く。基本的なプログラム構造を理解すると、それほど難しくはない。

プログラムをコンパイルする

書いたプログラムをコンパイラでコンパイルする。これにより、機械が理解できる形に変換される。

エラーチェックを行う

コンパイルしたら、エラーがないかチェックする。エラーがあれば、修正して再度コンパイルする。

プログラムを実行する

最後に、エラーがなければプログラムを実行する。ここで初めて、書いたプログラムの結果が確認できる。

類似語

FORTRAN

FORTRANも、COBOLと同じく古いプログラミング言語だ。しかし、FORTRANは科学計算や数値計算に向いているのに対し、COBOLはビジネス向けの処理に向いている。

PL/I

PL/Iは、COBOLとFORTRANの良い点を取り入れて設計された言語だ。COBOLのビジネス処理能力とFORTRANの科学計算能力を兼ね備えている。

Java

Javaは、現代のプログラミング言語で、COBOLよりも学習者が多い。しかし、大規模システムでは未だにCOBOLが活躍する場面も多い。

反対語

Python

Pythonは、COBOLとは反対の言語だ。なぜなら、最新のテクノロジーやデータ解析に使われるからだ。例えば、AIや機械学習のコードを書くのに使う。

JavaScript

JavaScriptも、COBOLとは反対だ。なぜなら、Webアプリケーションに使われ、インターネットが普及した現代に生まれた言語だからだ。例えば、Webサイトの動きを作るために使う。

Ruby

Rubyは、COBOLの反対である。なぜなら、コードが短く、読みやすいモダンな言語だからだ。例えば、Webアプリケーションを作るRuby on Railsというフレームワークで使われる。

会話例

  1. コーディングクラブで
    Q.「今日は何を学ぶの?」
    A.「COBOLという古いけど大切なプログラミング言語を学ぶよ。」

  2. 授業で
    Q.「COBOLって何?」
    A.「古くからあるプログラミング言語で、特に会計や事務処理に使われるよ。」

  3. IT企業での面接で
    Q.「COBOLの経験はありますか?」
    A.「学校で少し学んだことがあります。古い言語だけど、まだ重要なのを理解しています。」

注意点

COBOLを使用する時の注意点は「古い環境で動く」ことだ。なぜならば、新しいシステムに移行しづらく、旧式のハードウェアやソフトウェアが必要だからだ。

例えば、古いOSでしか動かないケースもある。そして、「COBOLのプログラマーが少ない」ことも注意点。だから、何か問題が起きたときに対応できる人材を見つけるのが難しいかもしれない。

COBOLとFORTRANは、間違えやすいので注意しましょう。COBOLは会計や事務処理に使われ、FORTRANは科学計算や数値計算に使われます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました