エスノグラフィーとは? – 初めての人でも理解できる基礎知識

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとエスノグラフィー

  • 文化の詳細研究
  • フィールドワーク重視
  • 人々の生活を理解

エスノグラフィー = Ethnography
エスノグラフィーは、人々の生活を深く理解するための研究方法です。

エスノグラフィーとは

エスノグラフィーとは文化の詳細な研究である。 なぜならば特定の社会や集団を直接観察、体験することで理解を深める方法だからだ。

例えば、アマゾンの先住民の生活を長期間にわたって観察することである。 そして、その結果を詳細な記録として報告する。

つまり、対象の文化を内側から理解することを目指す手法である。 だから、異文化理解や社会学の研究で重要な役割を果たす。

使用する職種

社会学者

社会学者は、エスノグラフィーを使う。なぜなら、社会的現象を詳細に理解するため。例えば、特定のコミュニティの生活スタイル研究。

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、エスノグラフィーを使う。なぜなら、消費者の行動やニーズを深く理解するため。例えば、ユーザーの生活スタイル調査。

人類学者

人類学者は、エスノグラフィーを使う。なぜなら、人類の文化的多様性を探求するため。例えば、先住民族の文化調査。

「エスノグラフィー」(ethnography)という言葉は、ギリシャ語の「ethnos(民族、人々、文化集団)」と「graphein(書く、記録する)」から派生しています。

有名な企業や製品、サービス

マクドナルド

マクドナルドは、エスノグラフィーを活用している。なぜなら、各地域の文化に合わせたメニュー開発に役立てているからだ。例えば、インドのベジタブルバーガーなど。

ユニレバ

ユニレバは、エスノグラフィーを活用している。なぜなら、消費者の生活習慣やニーズを理解するために用いているからだ。例えば、新商品開発のための市場調査。

ブロニスワフ・マリノフスキー

ブロニスワフ・マリノフスキーは、エスノグラフィーの先駆者である。なぜなら、彼の実地調査と詳細な記録は、エスノグラフィーの基礎を築いたからだ。例えば彼のトロブリアンド諸島の研究は、エスノグラフィーの典型例とされている。

大まかな手順

研究計画の策定

研究計画の策定は、エスノグラフィー研究の最初のステップである。なぜなら、この段階で研究の目的、研究対象となるコミュニティ、研究手法などが明確化されるからだ。例えば、トロブリアンド諸島の研究でブロニスワフ・マリノフスキーは、事前に深い洞察を得るための準備を整えた。

フィールドワーク

フィールドワークは、エスノグラフィーの中心的な部分である。なぜなら、現地の文化や社会の理解を深めるためには、直接現地に赴き、人々と接触することが不可欠だからだ。例えば、マリノフスキーはトロブリアンド諸島で長期にわたり生活し、現地の人々の日常生活を観察した。

データの収集

データの収集は、エスノグラフィーの重要なステップである。なぜなら、観察、インタビュー、アンケートなど、様々な手法を用いて収集されたデータが、研究結果の信憑性を確保するための証拠となるからだ。例えば、マリノフスキーは現地の言語を学び、インタビューや観察から得られたデータを記録した。

データの解析

データの解析は、エスノグラフィーの過程で欠かすことのできない段階である。なぜなら、収集したデータを解析し、その意味を把握することで初めて研究成果が得られるからだ。例えば、マリノフスキーは収集したデータを基に、トロブリアンド諸島の社会や文化についての新たな理解を得た。

報告書の作成

報告書の作成は、エスノグラフィー研究を完結させるための最後のステップである。なぜなら、ここで研究の過程と結果を整理し、他の人に伝える形を整えるからだ。例えば、マリノフスキーは自身の研究成果を「現代のトロブリアンド人」などの著作としてまとめ、学界に発表した。

類似語

人類学

人類学は、エスノグラフィーの親分である。なぜなら、エスノグラフィーは人類学の一部門として発展してきたからだ。例えば、人類学者はエスノグラフィーを用いて、様々な文化や社会の深層を探求する。

文化人類学

文化人類学は、エスノグラフィーと密接に関連している。なぜなら、エスノグラフィーは文化人類学の研究手法としてよく用いられ、特定の文化の内部観察を可能にするからだ。例えば、文化人類学者はエスノグラフィーを使用して、特定のコミュニティの日常生活や慣習を研究する。

社会学

社会学は、エスノグラフィーと共通の目的を持っている。なぜなら、社会学もエスノグラフィーも、社会の動きや構造を理解し、解釈することを目指しているからだ。例えば、社会学者はエスノグラフィーを使用して、社会現象を詳細に調査・分析する。

反対語

エトノセントリズム

エトノセントリズムは、自己の文化や民族を中心とする考え方である。なぜなら、それは自己の文化を他のすべての文化以上に優れたものと見なし、他の文化を評価する基準とするからだ。例えば、自国の言語や食文化が最も優れていると主張することが含まれます。

自己中心主義

自己中心主義は、自分の考えや感情を他人に押し付けることである。なぜなら、それは他人の視点や感情を理解するのではなく、自分の視点からのみ物事を考えるからだ。例えば、自分の意見が常に正しいと思い込み、他人の意見を否定する行動がこれに該当します。

個人主義

個人主義は、個々の人間の自由や独立性を重視する思想である。なぜなら、それは集団やコミュニティの視点や価値観よりも、個々の人間の視点や価値観を重視するからだ。例えば、自己決定の自由を重視し、他人や社会の影響を受けずに自分自身の道を選ぶことを尊重します。

会話の例文

社会科学者と学生の会話

Q.「エスノグラフィーとは何ですか?」
A.「エスノグラフィーは、特定の人々やグループ、コミュニティの文化を詳細に研究・記述するための方法です。」

研究者間の対話

Q.「あなたのエスノグラフィーの研究方法は何ですか?」
A.「私は主に参与観察を用いて、そのコミュニティの日常生活に没入します。人々の行動、言葉、習慣を観察し、その意味を解釈します。」

インタビューでのやりとり

Q.「エスノグラフィーの結果が誤解を招く可能性はありますか?」
A.「はい、可能性はあります。それは研究者の解釈に大きく依存するからです。そのため、エスノグラフィーを行う際は、研究者自身のバイアスや前提を認識し、それを超える努力が必要です。」

使用時の注意点

エスノグラフィーを使用する時の注意点は主観性の影響である。 なぜならばエスノグラフィーは研究者の解釈に大きく依存し、その解釈は研究者の主観性に影響を受けるからだ。

例えば、研究者が自己の文化的背景や価値観を持ち込むと、そのコミュニティの理解が歪められる可能性がある。 そして、研究の信憑性を確保するためには、研究者自身のバイアスや前提を常に検討し、それを超える努力が必要である。

だからエスノグラフィーを行う際には、自己反省とオープンマインドが求められます。

ガラパゴスと言われないためにも必要な要素です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました