デジタルサイネージとは?広告から情報伝達まで

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 街頭や店内での広告媒体
  • 高輝度でどこでも見やすい
  • 様々な用途に応用可能

デジタルサイネージとは、電子看板のことです。

概要説明

デジタルサイネージとは電子看板のことで、街頭や店舗などに設置されている。なぜなら、広告や情報を大勢の人々に効率良く伝えるためだ。

例えば、大型のスクリーンで最新の広告を流す商業施設がある。そして、設置場所や画面サイズは広告の規模や目的によって選ばれる。

つまり、オーダーメイドで最適な情報伝達が可能なツールなのだ。だから、これからの広告や情報伝達に欠かせない存在になっている。

職業職種

広告企画者

広告企画者は、デジタルサイネージを作成する。なぜなら、効果的な広告展開が可能だからだ。例えば、店舗の新商品紹介に使う。

店舗オーナー

店舗オーナーは、デジタルサイネージを設置する。なぜなら、顧客に直接情報を伝えられるからだ。例えば、セール情報を流す。

施設管理者

施設管理者は、デジタルサイネージを利用する。なぜなら、来訪者に向けての情報提供ができるからだ。例えば、病院の待合室で診療予定を表示する。

デジタルサイネージの名前は、 “digital”(デジタル)と “signage”(看板)の組み合わせです。

代表例

NEC

NECは、デジタルサイネージのトップ企業である。なぜなら、最新のディスプレイ技術とソフトウェアを組み合わせ、画面が明るく見やすい製品を提供しているからだ。例えば、多数のディスプレイを連携させた大画面のデジタルサイネージを展開している。

Google

Googleは、デジタルサイネージの情報配信を支える重要な存在である。なぜなら、Google Adsを利用することで、広告主は効果的に広告を配信することができる。例えば、人々が特定の場所を訪れたときに広告を表示させる地理的ターゲティングの機能がある。

村田製作所

村田製作所は、デジタルサイネージのハードウェア部分で活躍している。なぜなら、高輝度モデルや薄型ディスプレイなど、デジタルサイネージに必要な高性能なディスプレイを供給しているからだ。例えば、耐久性と視認性に優れたタッチパネル対応のディスプレイを生産している。

手順例

目的と場所の決定

最初に、広告を配信する目的と設置場所を決定する。なぜなら、これらが画面の大きさやディスプレイの種類を決める重要な基準だからだ。例えば、駅のコンコースや大型店舗の入口など、多くの人が通る場所に設置する場合が多い。

画面サイズとディスプレイの選択

次に、目的と場所に適した画面サイズとディスプレイを選ぶ。なぜなら、見やすさやメッセージの伝わり方はこれらに大きく依存するからだ。例えば、大型の液晶ディスプレイを使って、多くの人に一度に情報を伝えることができる。

コンテンツの作成

次に、デジタルサイネージで表示するコンテンツを作成する。なぜなら、見る人に興味を引き、伝えたいメッセージを理解してもらうためには、適切なデザインと情報が必要だからだ。例えば、広告や商品情報、診療案内など、設置場所や目的に合わせたコンテンツを作ることが大切だ。

類似語

電子看板

電子看板は、デジタルサイネージの類似語である。なぜなら、どちらもデジタルディスプレイを利用して情報を配信するものだからだ。例えば、店頭での広告や商品情報を表示するために使用される。

OOH広告

OOH広告は、デジタルサイネージが一部を担う広告の形態である。なぜなら、デジタルサイネージは家庭以外の場所で情報を伝えるOOH広告の一つだからだ。例えば、街頭や交通機関内など、さまざまな場所に設置されて情報を発信する。

インフォメーションボード

インフォメーションボードは、デジタルサイネージの一形態である。なぜなら、公共の場所や施設で重要な情報を伝達する手段として利用されるからだ。例えば、駅の案内板やホテルのロビーでのサービス案内などに使われる。

反対語

アナログ看板

アナログ看板は、デジタルサイネージの反対だ。なぜなら、手動で情報を更新しなければならないからだ。例えば、店舗の前に掲示されるメニューボード。

個別広告

個別広告は、デジタルサイネージの反対だ。なぜなら、特定の人へ直接向けられた広告だからだ。例えば、メールマーケティング。

室内広告

室内広告は、デジタルサイネージの反対だ。なぜなら、建物の中だけで見られるからだ。例えば、エレベーター内の広告。

会話例

店舗のマネージャーとアルバイト店員の会話

「新商品の宣伝をデジタルサイネージに出すんだけど、どうやって更新するんだ?」
「それは簡単だよ。付属のソフトウェアを使って情報を入力し、送信ボタンを押すだけだよ。」

ホテルのフロントスタッフと客の会話

「ロビーのデジタルサイネージに表示される情報はどこで見られますか?」
「それは、ロビーのディスプレイか、ホテルのウェブサイトで確認できますよ。」

教師と生徒の会話

「学校のデジタルサイネージはどんな情報を提供しているんだ?」
「それは学校のニュース、行事の情報、天気予報などを提供しているよ。」

注意点

デジタルサイネージを使用する時の注意点は、コンテンツの更新を怠らないことだ。なぜならば、情報が古いと信用性を失うからだ。

例えば、昨年のセール情報が表示されていたら、それは役に立たない。そして、見やすさも大切だ。だから、文字の大きさや色にも注意しよう。

デジタルサイネージとスマートディスプレイのは、間違えやすいので注意しましょう。

デジタルサイネージは、広告や情報を公共の場所に広く配信するものです。

一方、スマートディスプレイは、個々のユーザーがインターネットに接続して、個別に情報を得るものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました