OOHとは?IT初心者でも理解できる簡単解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとOOH

  • 広告の一形態である
  • 外で見る大きな広告
  • 通行人にメッセージを伝える

OOHは、広範囲の人々に効果的にメッセージを届ける手段です。

OOHとは

OOH(Out-of-home advertising)とは、外出中の人々をターゲットにした広告手法である。その理由は、OOHが街中で活動している人々に向けた広告だからだ。具体的には、バス停の広告、駅のポスターや、高速道路沿いの大きな看板を思い浮かべてみてほしい。これらの広告は、人々の視線を引きつけ、強烈なビジュアルインパクトを生み出す力がある。そのため、多くの企業が、自社のブランドをより多くの人々に知ってもらうために、OOHを選んでいるのだ。

OOHを使用する職種

  1. 広告プランナー
    広告プランナーは新製品の発売など大規模なプロモーション活動の際にOOHを計画に取り入れることがある。これは、OOHが広範囲にわたる視覚的な影響力を持つためだ。

  2. マーケティングマネージャー
    マーケティングマネージャーは、地域密着型のビジネスを行う際にOOHを使用することがある。地元の人々に直接訴求する力を持つからだ。

  3. イベントオーガナイザー
    イベントオーガナイザーは、大規模なフェスティバルやコンサートの告知にOOHを使用することが多い。これは、OOHが広範囲の人々に対して一度に情報を伝える能力を持っているからだ。

OOHで有名な企業や製品、サービス

Clear Channel Outdoor

Clear Channel Outdoorは、世界中でOOH広告スペースを提供する大手企業だ。

JCDecaux

JCDecauxは、公共交通機関や空港などに設置されたOOH広告で知られている。

Lamar Advertising

Lamar Advertisingは、主に北米でビルボードや交通標識などのOOH広告を提供する企業だ。

OOHの類似語

ビルボード広告

ビルボード広告も、OOHの一種であり、特に大型の看板を指す。

トランジット広告

トランジット広告は、公共交通機関を活用したOOHの一つだ。

ストリートファニチャー広告

ストリートファニチャー広告は、街頭のベンチやバス停などに表示されるOOHだ。

OOHの反対語

インホーム広告

インホーム広告は、自宅など個々のプライベート空間で消費者に届けられる広告だ。

オンライン広告

オンライン広告は、インターネット上で展開される広告で、特定のユーザーを対象とすることが可能だ。

ダイレクトメール

ダイレクトメールは、特定の消費者に直接郵送される形式の広告だ。

OOHを使った会話の例文

  1. プロダクトの新発売時
    Q.「新製品を広める最適なOOH広告は何だと思いますか?」
    A.「それはターゲットとする地域や人口、さらに製品の特性による。ただ、通常は高視認性のビルボードや公共交通機関の広告が効果的だ。」

  2. 広告キャンペーンの企画段階
    Q.「OOH広告の配置を決める際の考慮点は?」
    A.「広告を見る人々のデモグラフィック情報、通行量、広告の目的などを考慮します。」

  3. 広告の効果分析後
    Q.「OOH広告のパフォーマンスはどのように測定しますか?」
    A.「エリア内の売上増、Webサイトへのトラフィック、特定のハッシュタグの使用回数などで測定可能です。」

会話で使用する場合の注意点

OOHを会話で使用する時の注意点は、その範囲が非常に広いということ。なぜなら、OOHにはビルボード広告から公共交通機関の広告、街頭のデジタルサイネージまで多くの形式が含まれているからだ。例えば、「OOH広告を出そう」と話した場合、具体的な広告形式や配置場所が明示されていないと混乱を招く可能性がある。そして、それぞれの広告形式にはそれぞれの特性と最適な利用シーンがあるため、その点を理解しておく必要がある。だから、OOHという言葉を使う際には、具体的な広告形式や目的を明確にすることが重要だ。

OOHは、広範囲の人々に効果的にメッセージを届ける手段です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました