ピュアプレーヤーとは?低コストでの運営が魅力の企業モデル

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとピュアプレーヤーとは

  • オンライン専業の企業
  • 低コストで事業を運営
  • 多くがベンチャーから成長

ピュアプレーヤーとは、オンライン専業の企業です。

概要説明

ピュアプレーヤーとはオンライン専業の企業である。なぜなら、インターネット上で完結する事業を行うからだ。

例えば、オンラインショップを専門にする企業である。そして、店舗や販売員のコストを抑えることができる。

つまり、効率的な運営が可能である。だから、多くのベンチャー企業がこのモデルを選んでいる。

職業職種

ネットショップ経営者

ネットショップ経営者は、ピュアプレーヤーとして活動することが多い。なぜなら、店舗の維持コストを気にせず、商品を販売できるからだ。例えば、ファッションや電子機器を専門に取り扱うショップ。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業がピュアプレーヤーとして活動するためのアドバイスを提供する。なぜなら、デジタル化の進行で、多くの企業がオンラインへのシフトを考えるからだ。例えば、新しいECサイトの立ち上げサポート。

ベンチャーキャピタリスト

ベンチャーキャピタリストは、新しいピュアプレーヤー企業に投資をすることがある。なぜなら、そのビジネスモデルのポテンシャルを高く評価するからだ。例えば、新規スタートアップの支援や資金提供。

ピュアプレーヤーは、名前の由来は「ピュア(純粋)」と「プレーヤー(プレイヤー、事業者)」の組み合わせから来ています。

ピュアプレーヤーの代表例

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングの巨人である。なぜなら、世界中の商品が手軽に購入できるから。例えば、本から家電まで幅広い商品が揃っている。

Rakuten

Rakutenは、日本の大手オンラインショップである。なぜなら、様々な商品やサービスを一つのサイトで提供しているから。例えば、楽天市場や楽天カードなどがある。

ASOS

ASOSは、イギリスのファッション専門オンラインショップである。なぜなら、多くのブランドや独自のファッションアイテムを提供しているから。例えば、若者向けのトレンディな服が豊富に揃っている。

手順例

以下は、ピュアプレーヤーとしてのオンラインショップを開設する手順です。

目的の設定

目的を明確にする。なぜなら、成功の基準や戦略を決めるため。例えば、どの商品を売るか、どのターゲットに合わせるかを決める。

商品の選定

売りたい商品を選ぶ。なぜなら、商品はショップの顔となるから。例えば、特定のニッチな商品を選ぶことで差別化を図る。

ショッピングサイトの構築

ショップサイトを作る。なぜなら、商品を展示し、販売する場となるから。例えば、独自ドメインや既存のプラットフォームを利用する。

決済方法の選定

どの決済方法を取り扱うかを決める。なぜなら、顧客が安心して購入できるから。例えば、クレジットカードやコンビニ払いを提供する。

マーケティングと広告

商品を宣伝し、集客する。なぜなら、多くの人に商品を知ってもらうため。例えば、SNSや広告を活用してターゲット層にアプローチする。

類似語

ネット専業企業

ネット専業企業は、インターネットのみで事業を展開する会社である。なぜなら、店舗などのリアルな販路を持たず、ネットのみで事業を行うから。例えば、オンラインのみの銀行や証券会社がこれに当たる。

オンライン専門店

オンライン専門店は、商品やサービスをインターネット上だけで提供するお店である。なぜなら、実店舗を持たず、ウェブサイトのみで商売をするから。例えば、特定の商品やサービスに特化した小売業者がこれに該当する。

ネットオンリー

ネットオンリーは、インターネットだけで提供されるサービスや商品を指す。なぜなら、実店舗や他の販路を持たず、オンラインのみで展開するから。例えば、オンライン限定のキャンペーンやセールがこれに当たる。

反対語

反対語:マルチチャンネル

マルチチャンネルは、複数の販売経路を持つ企業のことである。なぜなら、実店舗やオンライン、カタログなど多岐にわたる手段で商品やサービスを提供するからだ。例えば、百貨店のネット通販と実店舗の両方。

反対語:ブリックアンドモルター

ブリックアンドモルターは、実店舗を中心に事業を展開する企業のことである。なぜなら、主に物理的な店舗での販売に注力しているからだ。例えば、地域に根付いた小売店。

反対語:オフライン専業

オフライン専業は、インターネット以外の方法でのみ事業を行う企業のことである。なぜなら、オンライン手段を使用しない事業モデルを持っているからだ。例えば、昔ながらの書店や食料品店。

ピュアプレーヤーの注意点

ピュアプレーヤーを実行する時の注意点は、競合との差別化である。なぜならば、インターネット上での競争が激しいからだ。

例えば、似たようなサービスや商品が多数存在する場合、顧客獲得が難しくなる。そして、継続的な顧客サービスや更新が必要。

だから、常に市場のニーズをキャッチアップし、適切な戦略を立てることが必要。

ピュアプレーヤーとマルチチャンネルは、間違えやすいので注意しましょう。

ピュアプレーヤーは、オンラインだけで事業を展開する企業です。

一方、マルチチャンネルは、オンラインとオフラインの両方で事業を行う企業です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました