スループットとは?通信ネットワークの速度を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 生産や処理の速度
  • 通信ネットワークの回線速度
  • ビット/秒やデータパケット/秒で計測

スループットとは、生産や処理の速度、またその指標です。

概要説明

スループットとは、生産や処理の速度を測る指標である。通信ネットワークの世界では、回線の速度を表すために使われる。

例えば、データを送信する速度が「ビット/秒」や「データパケット/秒」で表される。だから、通信の速度を理解するために重要な概念である。

職業職種

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、スループットを使って通信の速度を測る。なぜなら、それが通信品質の重要な指標だからだ。例えば、インターネットの回線速度を確認するときに使う。

製造業者

製造業者は、スループットを使って製造ラインの生産速度を測る。なぜなら、それが生産効率の指標になるからだ。例えば、時間あたりに何個生産できるかを計算するときに使う。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、スループットを使って大量のデータを処理する速度を測る。なぜなら、それがシステムの性能を評価する一つの基準だからだ。例えば、大規模なデータ分析を行うときに使う。

「通り抜ける」「通過する」の意味を持つ「through」と、「生産物」「出力」を意味する「put」を組み合わせたものです。つまり「一定時間内の生産量や処理量」を意味します。

代表例

Google

Googleは、スループットの高いインターネット検索エンジンで有名。ユーザーが検索した情報を素早く提供するため、高いスループットが必要なんだ。

Netflix

Netflixは、ストリーミングサービスとして大人気。たくさんの動画をスムーズに視聴するためには、スループットが高いネットワークが必須だよ。

Intel

Intelは、パソコンのCPUを製造している会社。彼らのプロセッサは高いスループットを持っていて、計算処理を一瞬で終わらせる力があるんだ。

手順例

Wi-Fiの速度を計測する手順です。

Wi-Fi接続を確認

最初に、Wi-Fiがちゃんとつながっているか確認しよう。スマホやパソコンのWi-Fiのマークを見て、接続があることを確認するんだ。

速度計測サイトを開く

ネットで「ネット速度 計測」と検索し、速度計測サイトを開くんだ。たくさんあるから、自分に合ったサイトを選ぼう。

速度を計測

サイトの指示に従って、速度を計測するんだ。計測が終わると、ダウンロード速度やアップロード速度が表示されるよ。

類似語

帯域幅

帯域幅もスループットと似てる。ネットワークの最大の転送能力を示す言葉だよ。でも、スループットは実際の転送速度を示すからちょっと違うんだ。

転送速度

転送速度は、データがどれだけ早く移動できるかを示す言葉。スループットと似ているけど、こちらは具体的な速さを表すことが多いんだ。

レイテンシ

レイテンシもネットワークの性能を示す言葉だけど、これは反応速度のこと。サーバーにデータを送ってから、返答が来るまでの時間を表すよ。

反対語

ボトルネック

ボトルネックは、スループットの反対語。なぜなら、スループットがデータの流れの速さを表すなら、ボトルネックはその流れを遅くする障害のことだから。

待ち時間

待ち時間もスループットとは反対。スループットが速さを表すのに対し、待ち時間はその速さが遅くなる原因で、データが次の場所へ行くまでの時間だから。

遅延

遅延は、ネットワーク上でデータが目的地に達するまでにかかる時間で、これもスループットの反対。スループットがどれだけ速くデータが流れるかを示すなら、遅延はその遅さを示すからだ。

会話例

友達とゲームについて話すシーン

「なんでゲームがカクつくの?」
「それはスループットが足りないからだよ。データの流れが速くないと、ゲームがスムーズに動かないんだ。」

パソコンを使っている家族との会話

「なんで動画が止まるの?」
「スループットが低いと、動画が止まったりするよ。ネットの速度を上げると改善するかもね。」

友達とWi-Fiの話をしているシーン

「Wi-Fiの速度はどうやって計るの?」
「スループットを計ることで速度を知ることができるよ。色んなサイトで計測できるから試してみて。」

注意点

スループットを測る時の注意点は、ネットワークの混雑状況を確認することだ。なぜなら、他の人がたくさんネットを使っていると、スループットが下がるからだ。

例えば、みんなが動画を見ているときなど。そして、測定する時間も重要。だから、混雑しない時間に測ると良い。

スループットと帯域幅は、間違えやすいから注意しよう。スループットは実際に、どれだけのデータが一定時間で送られるかを表します。一方、帯域幅は理論上の最大転送能力を示します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました