ハニーポットとは?ハッカーを引き寄せる仕組み!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハニーポットとは

  • ハッカーの動向を探る仕組み
  • 3つのタイプを持つ防御策
  • 攻撃者の目的を研究する方法

ハニーポットとは、ハッカーの動向を探るプログラムです。

概要説明

ハニーポットとはハッカーの動向を調べるための仕組みである。なぜならば、あえて脆弱性を公開し、ハッカーを引き寄せる。

例えば、攻撃方法やマルウェアの種類を知るため。そして、実際のシステムへの攻撃を避ける。

つまり、実際の脅威を前にしてリアルタイムで対応策を研究できる。だから、セキュリティの強化に役立つ。

職業職種

セキュリティアナリスト

セキュリティアナリストは、ハニーポットを使用する。なぜなら、攻撃者の行動や使用するツールを調査するため。例えば、未知のマルウェアを発見したり、新しい攻撃手法を理解するため。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ハニーポットを設定する。なぜなら、ネットワークの脆弱性を確認し、適切な対策を取るため。例えば、不正なトラフィックの動向を探るため。

ITマネージャー

ITマネージャーは、ハニーポットのデータを解析する。なぜなら、組織全体のセキュリティポリシーを策定するため。例えば、将来のセキュリティリスクを予測して対策を計画するため。

ハニーポットは、名前の由来は「ハチの巣」の意味の「ハニー(蜜)」と「罠」の意味の「ポット」を組み合わせたものです。ハッカーをおびき寄せる「甘い罠」という意味があります。

ハニーポットの代表例

TrapX Security

TrapX Securityは、ハニーポット技術のリーダーである。なぜなら、彼らのDeceptionGridプラットフォームで多くの企業が攻撃を検知しているから。例えば、実際の脆弱性を模倣した擬似的な資産を提供する。

Lance Spitzner

Lance Spitznerは、ハニーポット研究の第一人者である。なぜなら、彼はハニーネットプロジェクトの創始者であり、多くのハニーポット技術に関する著書や論文を持っているから。例えば、”Honeypots: Tracking Hackers”という書籍を執筆した。

Honeyd

Honeydは、仮想的なハニーポットを作成するソフトウェアである。なぜなら、ユーザーが簡単に複数のハニーポットを構築できるツールを提供しているから。例えば、様々なOSやサービスを模倣する設定が可能である。

手順例

ハニーポットの設定の手順です。

目的の選定

まずは、ハニーポットを設置する目的を明確にする。なぜなら、目的によって設定方法や種類が異なるから。例えば、攻撃の研究や監視を目的とするかを決める。

種類の選択

次に、高対話型、低対話型、仮想型の中からハニーポットの種類を選ぶ。なぜなら、それぞれの種類には特性や利点があるから。例えば、高対話型は実際のOSを模倣する。

環境の構築

選んだハニーポットの種類に応じて環境を構築する。なぜなら、ハニーポットは適切な環境で動作する必要があるから。例えば、仮想環境を用意したり、専用のサーバを設定する。

モニタリングの開始

ハニーポットを起動し、悪意あるアクセスをモニタリング開始する。なぜなら、ハニーポットの目的は攻撃の検知や研究のためだから。例えば、ログの確認やアラートの設定をする。

データの分析

ハニーポットに集まったデータを定期的に分析する。なぜなら、攻撃のトレンドや新しい手法を知ることができるから。例えば、ログに記録されたIPアドレスや行動を調査する。

類似語

ハニートラップ

ハニートラップは、スパイや情報収集の手法である。なぜなら、魅力的な人物を使って情報を引き出す戦術を指す言葉だから。例えば、政治家やビジネスマンをターゲットにすることがある。

デコイ

デコイは、敵の注意を引き付けるためのものである。なぜなら、敵を欺くためのおとりや囮として使われるから。例えば、軍事作戦で敵の注意をそらすために用いられる。

ベイト

ベイトは、目的の物や人を引き寄せるものである。なぜなら、釣りで使う餌や罠で動物を捕まえるための餌を指すから。例えば、釣り師が魚を釣る時に使用する。

反対語

実サーバ

実サーバは、実際のサービスやデータを提供するサーバである。なぜなら、ハニーポットとは違い、偽のターゲットではないからだ。例えば、ウェブサイトのホスティングサービス。

セキュアサーバ

セキュアサーバは、高度なセキュリティ対策が施されているサーバである。なぜなら、ハッカーの攻撃を避けることが目的だからだ。例えば、銀行のオンラインシステム。

非公開サーバ

非公開サーバは、外部からのアクセスを制限しているサーバである。なぜなら、限られた人しかアクセスできないようになっているからだ。例えば、内部専用のデータベース。

ハニーポットの注意点

ハニーポットを使用する時の注意点は情報の漏洩である。なぜならば、ハッカーが実際のシステムと間違えて攻撃する可能性があるからだ。

例えば、真のシステムにリンクしている場合である。そして、過度な信頼は禁物。だから、定期的な監視と更新が必要だ。

ハニーポットとデコイは、間違えやすいので注意しましょう。

ハニーポットは、ハッカーの攻撃方法を学ぶための偽のターゲットです。

一方、デコイは、敵を惑わせるためのものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました