ハイアベイラビリティとは?常時利用可能なシステムの真髄

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハイアベイラビリティとは

  • システムがほとんど止まらない状態
  • 止まったらすぐに復活する仕組み
  • 常に使える耐久性の高さ

ハイアベイラビリティとは、システムが常に動くことです。

概要説明

ハイアベイラビリティとはシステムが止まらない技術である。なぜならば、ビジネスや生活でのダウンタイムを防ぐため。

例えば、オンラインショッピングサイトがダウンすると、売上が途絶える可能性がある。そして、ユーザーの信頼を失う危険も。

つまり、止まらないことは信頼性と利益の両方を保つために必要である。だから、多くの企業がこの技術に投資する。

職業職種

システムエンジニア

ハイアベイラビリティは、サービスの安定性を保つ技術である。なぜなら、サービスダウンが長引くとビジネスに大きな損失が生じるから。例えば、クラウドサービス。

ウェブマスター

ハイアベイラビリティは、サイトの24時間365日の動作を保証する技術である。なぜなら、訪問者がアクセスできない時間は利益の損失だから。例えば、大手ECサイト。

データベース管理者

ハイアベイラビリティは、データベースが常に稼働し続けるための仕組みである。なぜなら、データへのアクセスが途絶えると、アプリケーションやサービスが動作しなくなるから。例えば、金融取引システム。

ハイアベイラビリティは、英語の”High Availability”の訳で、その名前の由来は「高い可用性」すなわち「常に使用可能な状態を持つこと」からです。

ハイアベイラビリティの代表例

Google

Googleは、検索エンジンのリーダーである。なぜなら、高速で正確な検索結果を提供するから。例えばGoogle検索は世界中で利用されている。

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングの巨人である。なぜなら、品揃えや配送速度、ユーザー体験に優れているから。例えばPrimeサービスは迅速な配送を実現している。

Netflix

Netflixは、動画ストリーミングサービスのトップである。なぜなら、豊富なコンテンツと安定したストリーミング技術を持っているから。例えば多くのオリジナル作品を配信している。

手順例

以下は、ハイアベイラビリティのシステムを導入する手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、導入の第一歩である。なぜなら、要件に応じてシステムの構造や選択肢が変わるから。例えばオンラインショップやブログなどの目的によって違う。

適切なハードウェアの選定

適切なハードウェアの選定は、システムの安定性に直結する。なぜなら、性能や信頼性が要求されるから。例えば多くのユーザーをサポートするためのサーバー選びが重要。

冗長化の検討

冗長化の検討は、システム障害時のリスクを低減するために必要だ。なぜなら、一部が故障しても全体が動作し続けることを保証するから。例えばデータベースやサーバーの複数化。

定期的なテスト

定期的なテストは、システムの健全性を確認する手段だ。なぜなら、未知の問題や新しいリスクを早期に発見するから。例えば負荷テストや障害復旧テスト。

継続的な監視とアップデート

継続的な監視とアップデートは、長期間にわたって高可用性を維持するために必要だ。なぜなら、技術や環境の変化に対応し続ける必要があるから。例えばセキュリティアップデートや性能の最適化。

類似語

冗長性

冗長性は、システムの部分が故障しても全体が動作し続ける設計である。なぜなら、複数のコンポーネントが同じ機能を果たすから。例えば二つのサーバーが同じデータを持つ場合。

スケーラビリティ

スケーラビリティは、システムが成長や変化に対応できる能力である。なぜなら、需要の増加や技術の進化に柔軟に応じる必要があるから。例えばユーザーが増えた時にサーバーを追加すること。

耐障害性

耐障害性は、故障や障害からシステムが回復する能力である。なぜなら、予期せぬ問題や外部の攻撃からシステムを守るためだ。例えばバックアップやディザスタリカバリーの導入。

反対語

低可用性

低可用性は、システムがしばしば停止する状態である。なぜなら、システムの耐久性や対応力が低いからだ。例えば、古いソフトウェアやハードウェアの使用。

不安定

不安定は、システムが不規則に動作することである。なぜなら、システムに一貫性や信頼性が欠けているからだ。例えば、頻繁なエラーメッセージの出現。

断続的

断続的は、サービスが時折中断することである。なぜなら、一時的な問題や障害に対して耐えられないからだ。例えば、ネットワークの接続障害。

ハイアベイラビリティの注意点

ハイアベイラビリティを使用する時の注意点は過度な依存である。なぜならば完璧なシステムは存在しないからだ。

例えば、自然災害や外部の攻撃には完全に耐えられない場合もある。そして、その時のバックアップや回復策が不十分だと大きなダメージを受けることがある。

だから、常にリスクを考慮し、計画的に行動することが大切。

ハイアベイラビリティとレジリエンスは、間違えやすいので注意しましょう。

ハイアベイラビリティは、システムが継続して動作し続けることを重視します。

一方、レジリエンスは、システムが障害に対して迅速に回復する能力を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました