リードナーチャリングとは?SNSとの連携で顧客を育てる

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリードナーチャリング

  • 潜在顧客を育てる
  • 多様な情報発信
  • 顧客行動に基づく

リードナーチャリングとは、顧客を育てるプロセスです。

概要説明

リードナーチャリングとは顧客を育てるプロセスである。なぜならば、潜在顧客から購入者に変えるためには、関連情報やサービスを提供する必要があるからだ。

例えば、ネイティブ広告でプログラミングのお悩み記事を提供する。そして、その記事からセミナーや参考書の購入ボタンに誘導する。

つまり、顧客が必要とする情報を提供し、購入につなげる。だから、効果的なマーケティング手法である。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、リードナーチャリングを頻繁に使用する。なぜなら、顧客獲得と顧客育成が主な仕事だから。例えば、SNSでの広告配信。

営業担当者

営業担当者は、リードナーチャリングを時々使用する。なぜなら、見込み顧客を確実に取引先に変えるためには、関連情報を提供する必要があるから。例えば、商品のデモンストレーション。

コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターは、リードナーチャリングのためのコンテンツを作る。なぜなら、彼らの作る記事や動画が顧客育成に役立つから。例えば、教育的なブログ記事。

リードナーチャリングは、名前の由来は英語の”Lead”(見込み顧客)と”Nurturing”(育てる)から来ています。

リードナーチャリングの代表例

HubSpot

HubSpotは、リードナーチャリングで有名である。なぜなら、彼らのマーケティングオートメーションツールが業界標準とされているから。例えば、メールマーケティングの自動化。

Marketo

Marketoは、リードナーチャリングで名高い存在である。なぜなら、多機能なプラットフォームで顧客育成が効率的に行えるから。例えば、スコアリングシステムで顧客の購買意欲を測る。

Neil Patel

Neil Patelは、リードナーチャリングで世間に知られている。なぜなら、彼のブログや動画でリードナーチャリングについての知識を広めているから。例えば、YouTubeでの教育的な動画。

手順例

以下は、リードナーチャリングの基本手順です。

目標設定

目標設定は、最初のステップである。なぜなら、何を達成したいのか明確にすることが成功の鍵だから。例えば、新規顧客獲得数を増やす。

ターゲット層の特定

ターゲット層の特定は、次に重要である。なぜなら、誰にアプローチするかが成果に直結するから。例えば、年齢や興味に基づいて絞り込む。

コンテンツ作成

コンテンツ作成は、顧客を引きつけるために必要である。なぜなら、価値ある情報を提供することで信頼を築くから。例えば、解決策を提供するブログ記事。

配信手段の選定

配信手段の選定は、効果を最大化するために重要である。なぜなら、どのチャンネルが最も効果的かを知る必要があるから。例えば、SNSやメール。

分析と改善

分析と改善は、継続的な成功のために必要である。なぜなら、何がうまくいって何がダメかを理解することで、次回に生かせるから。例えば、Google Analyticsでのデータ分析。

類似語

顧客育成

顧客育成は、リードナーチャリングの類似語である。なぜなら、両方とも潜在顧客を購入者に変えるプロセスだから。例えば、メールでのフォローアップ。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションは、リードナーチャリングの類似語である。なぜなら、自動化された手段で顧客を育てる点が共通しているから。例えば、自動送信されるウェルカムメール。

CRM

CRM(Customer Relationship Management)は、リードナーチャリングの類似語である。なぜなら、顧客との関係を深める目的があるから。例えば、購入履歴に基づいたパーソナライズ。

反対語

ハードセリング

ハードセリングは、リードナーチャリングの反対語である。なぜなら、すぐに商品を売ろうとする手法だから。例えば、初対面で高価な商品をすすめる。

無視

無視は、リードナーチャリングの反対語である。なぜなら、顧客に何も情報を提供しないから。例えば、質問に答えない、反応しない。

スパム

スパムは、リードナーチャリングの反対語である。なぜなら、顧客のニーズを無視して情報を送るから。例えば、関係ない商品の広告を大量に送る。

リードナーチャリングの注意点

リードナーチャリングを使用する時の注意点はタイミングである。なぜならば、顧客が情報を必要とする瞬間に提供しないと効果が薄いからだ。例えば、冬に水着の広告を出すようなこと。そして、内容も重要。だから、顧客の興味に合った情報を提供する。

リードナーチャリングとアップセリングは、間違えやすいので注意しましょう。

リードナーチャリングは、潜在顧客を見込み顧客に育てることです。

一方、アップセリングは、すでに購入意志のある顧客に更に高価な商品を勧めることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました