タイムスタンプとは?電子データの足跡を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • システムの利用記録
  • データの足跡を追跡
  • システム利用の確認・監視

タイムスタンプとは、システムの利用履歴を記録です。

概要説明

タイムスタンプとは、データやシステムの利用記録。 なぜならば、タイムスタンプで、誰がいつどのような作業をしたのかを確認できる。

例えば、あるシステムをどのユーザが何時に利用したかを知ることができる。そして、システムを改修した順番も確認できる。

つまり、タイムスタンプはデータの足跡を残し、監視するのに役立つツールだ。だから、システム管理者やユーザ管理者は必要とする。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、タイムスタンプを使う。なぜなら、システムの改修履歴や利用状況を把握するのに役立つからだ。例えば、ある改修が何時に行われたかやどのユーザがシステムを利用したかを知ることができる。

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者も、タイムスタンプを使う。なぜなら、不正アクセスや異常な動きを追跡するのに役立つからだ。例えば、悪意あるユーザが何時に何を試みたかを把握することができる。

カスタマーサポート

カスタマーサポートも、タイムスタンプを使う。なぜなら、顧客の問い合わせ対応時にシステム利用状況を把握するのに役立つからだ。例えば、顧客が何時にどのサービスを利用したかを知ることができる。

タイムスタンプは、名前の由来は英語の “Time”(時間)と “Stamp”(印)を組み合わせたものです。つまり、「時間の印」という意味があります。それはデータやアクションに対する日時の記録を指します。

類似語

ログファイル

ログファイルは、タイムスタンプと似たものだ。なぜなら、システムやユーザの行動を時間とともに記録するからだ。例えば、あるアプリケーションがエラーを出したとき、そのエラーメッセージと発生した時間がログファイルに記録される。

履歴データ

履歴データも、タイムスタンプに類似している。なぜなら、過去のデータとその発生時間を保存するからだ。例えば、Webブラウザの閲覧履歴では、ユーザがどのページを何時に見たかが記録される。

監査トレイル

監査トレイルは、タイムスタンプのようなものだ。なぜなら、システムの変更やアクセスについて詳細な記録を提供するからだ。例えば、システムに変更が加えられた場合、その変更内容と実施者、実施時間が監査トレイルに記録される。

反対語

リアルタイム

リアルタイムは、タイムスタンプの反対語だ。なぜなら、タイムスタンプは事後に確認するものだが、リアルタイムはその瞬間をリアルタイムで追うからだ。例えば、ライブチャットやテレビ放送はリアルタイムで行われる。

無記録

無記録は、タイムスタンプと反対だ。なぜなら、タイムスタンプは行動を記録するのに対し、無記録は何も記録しないからだ。例えば、プライベートブラウジングは通常、履歴データを残さない。

未計画

未計画は、タイムスタンプの反対だ。なぜなら、タイムスタンプは計画的な記録を提供するが、未計画は計画性が欠けているからだ。例えば、偶発的な出来事や予期せぬトラブルは未計画な事象だ。

会話例

学校のコンピュータークラブ

「タイムスタンプって何?」
「それはコンピュータが何かをした時間を記録するものだよ。例えば、ファイルが最後に編集された時間とかだね。」

ゲームのオンラインチャット

「このメッセージの隣の時間って何?」
「それがタイムスタンプだよ。メッセージが送信された時間を示してるんだ。」

家族の中でパソコンに詳しい兄弟へ

「このエラーメッセージの隣の数字は何?」
「それはタイムスタンプだよ。そのエラーが発生した正確な時間を示してるんだ。」

注意点

タイムスタンプを使用する時の注意点は正確さだ。なぜならば、タイムスタンプの役割は特定のイベントが発生した正確な時間を記録することだからだ。

例えば、ファイルが最後に編集された時間がタイムスタンプで示される。しかし、コンピュータの時計が間違っていたり、タイムゾーンが異なると、記録された時間も正しくない。

だから、コンピュータの時計やタイムゾーンの設定を常に正確に保つことが重要だ。

タイムスタンプとログファイルは、間違えやすいので注意しましょう。

タイムスタンプは特定のイベントが発生した正確な時間を示すものです。

一方、ログファイルはシステムやアプリケーションが、どのような操作を行ったかを記録するものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました