ROEで企業の健全性をチェック!その方法とは?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとROE

  • 自己資本に対する利益の割合
  • 企業の健全性を評価する指標
  • 投資判断に使われる

ROEとは、自己資本に対する利益の割合です。

概要説明

ROEとは自己資本に対する利益の割合である。なぜならば、企業がどれだけ効率よくお金を使っているかを示すからだ。例えば、ROEが高い企業は一般的に健全である。そして、投資家はこの数値をよくチェックする。つまり、ROEは企業の価値を測る重要なツールである。だから、投資判断にも使われる。

ROE(自己資本利益率)計算式
ROE =(純利益 ÷ 自己資本)× 100
純利益は企業が1年間に得た利益のことで、自己資本は企業が自分で持っているお金の総額のこと。

ROE計算例

純利益:1,000万円
自己資本:5,000万円

この場合、ROEは以下のような計算になる。
ROE = (1000万円 ÷ 5000万円) × 100 = 20%

この例では、ROEが20%になる。これは、企業が自己資本に対して20%の利益を上げたということを意味する。高いROEは一般的に、企業が効率よく運営されていると評価される。

職業職種

経営者

ROEは、企業の健全性を確認するために使う。なぜなら、高いROEは効率的な経営を示すからだ。例えば、戦略の見直しや資本の調達に使う。

投資家

ROEは、投資先を選ぶ際の重要な指標である。なぜなら、高いROEは企業が利益をしっかり上げている証拠だからだ。例えば、株を買う前にROEをチェックする。

分析者

ROEは、企業分析でよく使われる。なぜなら、企業の財務状態を総合的に評価するためだ。例えば、複数企業のROEを比較して業界トレンドを分析する。

ROEは、名前の由来は「Return on Equity」です。これは英語で「自己資本に対する利益(または収益)」を意味します。

ROEの代表例

ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、ROEが高くて有名である。なぜなら、効率的な経営と拡大戦略で高い利益を上げているから。例えば、ユニクロの成功。

キーエンス

キーエンスは、ROEが高くて名高い存在である。なぜなら、高い技術力とマーケティングで高い利益率を持っているから。例えば、センサー技術の革新。

任天堂

任天堂は、ROEが高くて世間に知られている。なぜなら、独自のゲームソフトとハードで高い利益を出しているから。例えば、スイッチの大ヒット。

手順例

以下は、ROEを計算する手順です。

純利益を調べる

純利益は、企業が1年で得た純益である。なぜなら、これがROEの分子になるから。例えば、決算報告書。

自己資本を調べる

自己資本は、企業が自分で持っている資産の総額である。なぜなら、これがROEの分母になるから。例えば、貸借対照表。

ROEを計算する

ROEは、純利益を自己資本で割って100をかける。なぜなら、これで自己資本に対する利益の割合がわかるから。例えば、計算機。

類似語

ROA(総資産利益率)

ROAは、ROEの類似語である。なぜなら、どちらも企業の効率性を測る指標だから。例えば、ROAは総資産に対する利益の割合。

ROS(売上高利益率)

ROSは、ROEの類似語である。なぜなら、利益をどれだけ上げられているかを見る指標だから。例えば、売上に対する利益の割合。

利益率

利益率は、ROEの類似語である。なぜなら、利益をどれだけ効率よく上げられているかを示すから。例えば、高い利益率は高いROEにつながる。

反対語

損失率

損失率は、ROEの反対語である。なぜなら、ROEが利益の効率を示すのに対し、損失率は損失の効率を示すから。例えば、赤字企業。

負債比率

負債比率は、ROEの反対語である。なぜなら、ROEが自己資本の効率を示すのに対し、負債比率は借金の多さを示すから。例えば、高い借金。

非効率

非効率は、ROEの反対語である。なぜなら、ROEが効率性を示すのに対し、非効率はその逆を示すから。例えば、資源の無駄遣い。

ROEの注意点

ROEを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、間違ったデータで計算すると、誤った結果になるからだ。例えば、過去のデータを使う場合。そして、業界平均と比較すること。だから、常に最新かつ正確なデータを用いる。

ROEとROAは、間違えやすいので注意しましょう。

ROEは、自己資本に対する利益の割合です。

一方、ROAは、総資産に対する利益の割合です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました