ROAで企業の健全性をチェック!総資産利益率の基本

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとROA

  • 総資産に対する利益の割合
  • 企業の効率を測る
  • 計算は「純利益 ÷ 総資産」

ROAとは、総資産に対する利益の割合です。

概要説明

ROAとは総資産に対する利益の割合である。なぜならば、企業がどれだけ効率よく資産を使って利益を上げているかを示すから。例えば、ROAが高い企業は資産を効率よく使っている。

そして、計算は「純利益 ÷ 総資産」で行う。つまり、純利益と総資産の関係性を知ることができる。だから、企業の健全性を判断する際に重要。

ROA(総資産利益率)計算式
ROA =(純利益 ÷ 総資産)× 100

ROA計算例

仮に、ある企業の純利益が1,000万円、総資産が5,000万円とする。

この場合、ROAは以下のような計算になる。
ROA = 1000万円 ÷ 5000万円 × 100 = 20%

この例では、ROAが20%になる。これは、企業が総資産の20%を純利益として得ているということを示している。高いROAは、企業が資産を効率よく使っていると評価される。

職業職種

経営者

ROAは、企業の効率を知るために使う。なぜなら、高いROAは良い経営を示すから。例えば、投資判断。

投資家

ROAは、投資先を選ぶ際に参考にする。なぜなら、企業の資産利用効率がわかるから。例えば、株の選定。

会計士

ROAは、財務諸表の分析で使う。なぜなら、企業の財務状態を評価する一つの指標だから。例えば、財務レポートの作成。

ROAは、名前の由来は「Return on Assets」です。これは英語で「資産に対するリターン(利益)」という意味。

ROAの代表例

ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、ROAが高いで有名である。なぜなら、効率的な資産運用と拡大戦略によって高いROAを維持しているからだ。例えば、その代表的なブランド「ユニクロ」が成功している。

キーエンス

キーエンスは、ROAが高いで名高い存在である。なぜなら、高い利益率と効率的な資産管理によって、業界でもトップクラスのROAを誇っているからだ。例えば、センサーと測定器の分野での優れた製品ラインナップ。

任天堂

任天堂は、ROAが高いで世間に知られている。なぜなら、独自のゲームソフトとハードウェアで高い利益を上げ、資産を効率よく使っているからだ。例えば、「スイッチ」や「マリオ」シリーズが大ヒットしている。

手順例

以下は、ROA計算の基本手順です。

純利益を確認する

純利益は、企業の年間報告書で見つけられる。なぜなら、これがROA計算の分子になるからだ。例えば、年間報告書の「損益計算書」に記載されている。

総資産を確認する

総資産も、企業の年間報告書で確認できる。なぜなら、これがROA計算の分母になるからだ。例えば、年間報告書の「貸借対照表」に記載されている。

計算する

純利益と総資産を使ってROAを計算する。なぜなら、これが企業の資産効率を示す指標になるからだ。例えば、純利益を総資産で割って、100をかける。

類似語

ROE(Return on Equity)

ROEは、ROAの類似語である。なぜなら、どちらも企業の効率性を測る指標だからだ。例えば、ROEは自己資本に対する利益の割合を示す。

ROS(Return on Sales)

ROSは、ROAの類似語である。なぜなら、利益をどれだけ効率よく上げているかを示す指標だからだ。例えば、売上高に対する利益の割合を示す。

ROI(Return on Investment)

ROIは、ROAの類似語である。なぜなら、投資に対するリターンを測る指標だからだ。例えば、投資した金額に対する利益の割合を示す。

反対語

資産非効率

資産非効率は、ROAの反対語である。なぜなら、ROAが資産をどれだけ効率よく使っているかを示す一方、資産非効率はその逆を示すからだ。例えば、ROAが高いと効率がいいが、資産非効率が高いと効率が悪い。

損失率

損失率は、ROAの反対語である。なぜなら、ROAが利益をどれだけ出しているかを示すのに対し、損失率は損失をどれだけ出しているかを示すからだ。例えば、ROAが高い企業は利益が多いが、損失率が高い企業は損失が多い。

負債比率

負債比率は、ROAの反対語である。なぜなら、ROAが資産の効率性を示すのに対し、負債比率は負債の多さを示すからだ。例えば、ROAが高い企業は資産効率がいいが、負債比率が高い企業はリスクが高い。

ROAの注意点

ROAを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、間違ったデータを使うと、誤った結論に至る可能性があるからだ。例えば、古い年度のデータを使うと現状を正確に把握できない。そして、業界平均と比較することも重要。だから、最新のデータと業界平均を確認しよう。

ROAとROEは、間違えやすいので注意しましょう。

ROAは、総資産に対する利益の割合です。

一方、ROEは、自己資本に対する利益の割合です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました