FTサーバーとは?負荷や不具合でも安定して動く驚きのサーバー

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとFTサーバーとは

  • 24時間365日稼働し続けるサーバー
  • 負荷や不具合でも安定稼働
  • 見た目1台でアプリケーションやOS対応不要

FTサーバーとは、24時間365日安定して動くサーバーです。

概要説明

FTサーバーとは24時間365日稼働し続けるサーバーである。なぜならば二重化技術を使って不具合に強く作られているから。

例えば部品が故障しても、すぐに他の部品がその役割を引き継ぐ。そして、アプリケーションやOSの特別な対応は不要。

つまり導入運用が簡単である。だから人気が高い。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、FTサーバーを選択する。なぜなら、サーバーの安定性と継続性が求められるから。例えば大規模なWebサイトの運営。

ITマネージャー

ITマネージャーは、FTサーバーの導入を検討する。なぜなら、ダウンタイムのリスクを最小化したいから。例えばオンラインショップの運営。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、FTサーバーの設定やメンテナンスを行う。なぜなら、ネットワークの安定動作が必要だから。例えば金融系のサービスの提供。

FTサーバーの名前の由来は「Fault Tolerant」、つまり「耐障害性」です。

FTサーバーの代表例

IBM

IBMは、情報技術業界の巨人である。なぜなら、サーバーやコンピューターの技術革新をリードしてきたから。例えば、FTサーバーの導入や運用を支援するサービスを提供。

Oracle

Oracleは、データベースソフトウェアの大手である。なぜなら、業界をリードしているデータベースソリューションを提供しているから。例えば、FTサーバーとの統合をサポートするプロダクトを展開。

Hewlett-Packard (HP)

HPは、ITインフラストラクチャのリーダーである。なぜなら、ビジネス向けの高品質なサーバーやストレージを提供しているから。例えば、FTサーバーの販売やサポートを行っている。

手順例

以下は、FTサーバーの導入手順です。

ニーズ分析

ニーズ分析は、最初のステップである。なぜなら、適切なFTサーバーを選択するための要件を明確にするから。例えば、必要な容量や性能を特定。

製品選定

製品選定は、適切なサーバーを見つける作業である。なぜなら、ビジネスニーズに合わせて最適なサーバーを選ぶから。例えば、メーカーやモデルを比較。

セットアップ

セットアップは、実際にサーバーを動作させる工程である。なぜなら、FTサーバーの能力を最大限に活用するための設定を行うから。例えば、OSのインストールやネットワーク設定。

テスト運用

テスト運用は、問題がないかを確認するステップである。なぜなら、本番環境でのトラブルを避けるために必要な確認作業だから。例えば、負荷テストやバックアップの確認。

本番運用開始

本番運用開始は、すべての準備が整った後の工程である。なぜなら、FTサーバーを実際のビジネスで使用開始する段階だから。例えば、ユーザーへのアクセス許可やサービスの提供開始。

類似語

ミラーサーバー

ミラーサーバーは、データを二つの場所に保存する方式である。なぜなら、一つのサーバーが故障した場合でももう一つのサーバーでデータを利用できるから。例えば、データの冗長化を目的としている。

レプリケーションサーバー

レプリケーションサーバーは、データを複数のサーバーに複製する方式である。なぜなら、データの一貫性を保つためや負荷分散のために使用されるから。例えば、大量のアクセスを分散させる利点がある。

冗長化サーバー

冗長化サーバーは、システムの信頼性を高めるための方式である。なぜなら、主要な部品を二重、三重にして故障時もサービスを継続できるから。例えば、電源やハードディスクの冗長化が挙げられる。

反対語

シングルポイントサーバー

シングルポイントサーバーは、部品が一つしかないサーバーである。なぜなら、障害が発生した時に即時の対応が難しい。例えば、ストレージの故障でデータにアクセスできなくなる。

非冗長サーバー

非冗長サーバーは、予備の部品やシステムを持たないサーバーである。なぜなら、主要部品の故障時にサービスが止まる可能性が高い。例えば、電源供給が止まった時にサービスが停止する。

基本サーバー

基本サーバーは、特別な機能や二重化がなされていないシンプルなサーバーである。なぜなら、基本的な機能のみを持つからだ。例えば、簡易的なデータベースのホスティング。

FTサーバーの注意点

FTサーバーを使用する時の注意点は定期的なメンテナンスである。なぜならば部品の劣化やソフトウェアの更新が必要だからだ。

例えばファームウェアのアップデートである。そして二重化された部品の動作確認。だから定期的にチェックしよう。

FTサーバーとHA(High Availability)サーバーは、間違えやすいので注意しましょう。

FTサーバーは、物理的な障害からシステムを保護することを目的としています。

一方、HAサーバーは、システムのダウンタイムを最小限に抑えることを目的としています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました