回遊施策のメリットとは?成功するWebサイトの秘訣

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ユーザーがサイト内を移動しやすくする施策
  • サイト訪問時間を延ばし、離脱率を減らす目的
  • ユーザーエクスペリエンスの向上につながる

回遊施策はサイトの訪問時間を伸ばし、ユーザーエクスペリエンスを向上させる施策です。

概要説明

回遊施策とはユーザーがサイト内を移動しやすくするための工夫である。 なぜならユーザーがサイト内を長く滞在し、多くのページを見ることで、サイトの価値が向上するからだ。

例えば、関連コンテンツのリンクを提供する、目的のページへのナビゲーションを容易にするなどの方法がある。 そして、これによりユーザーエクスペリエンスが向上し、サイトの離脱率が減少する。

つまり、回遊施策はWebサイトのパフォーマンスを向上させる重要な手段である。 だから、Webサイトを運営する上で回遊施策は欠かせない。

職業・職種

マーケティング担当者

回遊施策は、プロモーション活動で重要である。なぜなら、顧客の関心を引きつけ、商品の販売を促進するからだ。例えば、特別なディスカウントやイベントを設定することで。

Webデザイナー

回遊施策は、Webサイト設計の一部として重要である。なぜなら、ユーザーがWebサイト上での時間を長くするためだ。例えば、興味深いコンテンツや関連リンクを配置することで。

店舗オーナー

回遊施策は、顧客の店内での滞在時間を長くするために重要である。なぜなら、それが売上増加に繋がるからだ。例えば、店内に体験スペースを設けることで。

回遊施策の一番の特徴は、顧客の注目を引きつけ、関心を維持し、より深いエンゲージメントを促すことです。

企業・製品

アマゾン

アマゾンは、回遊施策で有名である。なぜなら、顧客が購入を決定するまでの時間を短縮し、さらに多くの商品を見つけるのを助けるために、関連商品や推奨商品を紹介しているからだ。例えば、「この商品を見た人はこんな商品も見ています」というセクション。

Apple Store

Apple Storeは、回遊施策の良い例である。なぜなら、店内の商品配置や体験スペースによって、顧客が店内を徹底的に回遊するよう設計しているからだ。例えば、新製品の体験コーナーやアクセサリーコーナーの配置。

Netflix

Netflixは、回遊施策をうまく活用しているサービスである。なぜなら、ユーザーが関心を持つ可能性があるコンテンツを推奨し、視聴時間を延ばす工夫をしているからだ。例えば、ユーザーの視聴履歴に基づいたおすすめコンテンツの提示。

手順例

目標設定

回遊施策の目標を設定する。なぜなら、目標がなければ効果を測定できないからだ。例えば、Webサイトの滞在時間の延長やページビューの増加など。

内容の企画

ユーザーが興味を持ち、回遊を促すコンテンツを企画する。なぜなら、魅力的なコンテンツがなければユーザーはサイトを早く離れてしまうからだ。例えば、関連記事の提供やユーザーの興味に基づくコンテンツの推奨など。

デザインの最適化

ユーザーが自然とコンテンツに目を通し、サイト内を移動しやすいデザインにする。なぜなら、ユーザビリティの高いデザインはユーザーのサイト滞在時間を延ばすからだ。例えば、直感的なナビゲーションメニューや関連記事へのリンクなど。

施策の実施

設定した目標に基づいて回遊施策を実施する。なぜなら、具体的な行動に移さなければ結果は出ないからだ。例えば、企画したコンテンツの公開やデザインの改善など。

効果測定と改善

実施した施策の効果を測定し、必要に応じて改善する。なぜなら、改善のためには現状の理解と評価が必要だからだ。例えば、アクセス解析ツールを使用してユーザーの行動を追跡し、施策の効果を評価する。

類似語

エンゲージメント促進

エンゲージメント促進も回遊施策の一つである。なぜなら、ユーザーのWebサイトでの行動を活発化させ、滞在時間を延ばす目的があるからだ。例えば、コメントやレビューの投稿、SNSでのシェアなどを促すこと。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは回遊施策に直結する戦略である。なぜなら、ユーザーが興味を持つコンテンツを提供し、Webサイトへの訪問やページ間移動を促すからだ。例えば、ブログ記事や動画、ガイドなどのコンテンツを作成し、ユーザーの関心を引く。

UX最適化

UX最適化は回遊施策の一環と言える。なぜなら、良好なユーザー体験はサイト内での回遊を促し、ユーザーの滞在時間を延ばすからだ。例えば、サイトのデザインやナビゲーションの改善、ページの読み易さの向上などが挙げられる。

反対語

直帰促進

直帰促進は回遊施策の反対語である。なぜなら、ユーザーがサイトをすぐに離れる行為を促すからだ。例えば、情報が不十分であったり、ユーザビリティが低いWebサイトなどが該当する。

バウンス

バウンスは回遊施策の反対行為を表す語である。なぜなら、一度しかページを見ずにサイトを離れるユーザーのことを指すからだ。例えば、検索結果から訪れたページが目的に合致しない場合などに起こる。

閉鎖的設計

閉鎖的設計は回遊施策の反対概念と言える。なぜなら、ユーザーがサイト内を自由に探索するのを難しくするデザインだからだ。例えば、関連性の低いコンテンツしか提供しない、またはサイト内のナビゲーションが複雑すぎる場合など。

会話例

Webマーケティング会議

Q.「どうすればWebサイトのユーザー滞在時間を延ばせますか?」
A.「それには回遊施策が有効です。関連性の高いコンテンツを提示したり、サイトデザインを見直したりすることで、ユーザーがサイト内を自然に回遊することを促せます。」

コンテンツ企画会議

Q.「新しいブログ記事を作るとき、どのようにユーザーの関心を引けますか?」
A.「その場合、回遊施策の観点から考えてみましょう。ユーザーが次に読みたいと思う関連記事のリンクを記事内に設定したり、記事の最後に関連性の高いコンテンツを提供したりします。」

デザイン改善ミーティング

Q.「サイトのデザインを改善するにあたり、どのような点に注意すべきですか?」
A.「ユーザビリティと回遊性の向上に注力すると良いでしょう。直感的なナビゲーションや視覚的に魅力的な関連コンテンツの配置などにより、ユーザーが自然とサイト内を移動しやすくすることが重要です。」

注意点

回遊施策を使用する時の注意点は、ユーザーファーストの考え方を忘れないことである。 なぜならば、回遊を促すためだけに無理にリンクを増やしたり、無関係なコンテンツを提示すると、逆にユーザー体験が損なわれ、ユーザーがサイトを離れる原因となり得るからだ。

例えば、関連性の低い記事へのリンクを強調したり、過度な広告表示によりコンテンツの見通しが悪くなるようなことは避けるべきである。

そして、回遊施策の成功は、ユーザーが自然とサイト内を探索したいと感じるような、魅力的で価値あるコンテンツの提供によるところが大きい。

回遊施策、Webサイト成功の一歩です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました