コンテンツマーケティングとは?ビジネスを強化する有益な情報発信

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ビジネスに役立つ情報発信
  • 顧客との信頼関係構築
  • ブランドイメージ向上

コンテンツマーケティングとは、有益な情報を発信してビジネスを強化する手法です。

概要説明

コンテンツマーケティングとは有益な情報を発信してビジネスを強化する手法である。 なぜなら、顧客は役立つ情報を提供する企業に信頼を感じるからだ。

例えば、専門的な知識を分かりやすく解説するブログ記事などがそれだ。 そして、これにより顧客との信頼関係が構築される。

つまり、信頼される企業になるための重要な方法だ。 だから、ビジネスにおいてコンテンツマーケティングは欠かせない。

職業職種

マーケティング担当者

コンテンツマーケティングは、企業のブランド価値向上に使う。なぜなら、有益な情報を提供することで顧客の信頼を勝ち取るからだ。例えば、ブログやソーシャルメディアでの情報発信。

ビジネスオーナー

コンテンツマーケティングは、新規顧客獲得に使う。なぜなら、価値ある情報を提供することで注目を集め、商品やサービスへの関心を引き出すからだ。例えば、メルマガやWebセミナー。

営業担当者

コンテンツマーケティングは、リピートビジネスを獲得するために使う。なぜなら、情報提供を通じて既存顧客との関係を深めることができるからだ。例えば、ニュースレターやカスタマーサポート。

コンテンツマーケティングは、その名前の由来は「有益な内容(Content)を提供し、マーケティングに活用する」意味からきています。

代表例

Netflix

Netflixは、エンターテイメントの世界を変えた。なぜなら、視聴者に合わせた豊富な映画やドラマを提供しているからだ。例えば、”ストレンジャー・シングス”は大ヒット作品だ。

Red Bull

Red Bullは、エナジードリンク業界を超えた存在だ。なぜなら、スポーツイベントや音楽フェスを開催し、ブランドを高めているからだ。例えば、”Red Bull Air Race”は大人気の空中レースだ。

Elon Musk

Elon Muskは、彼のビジョンで人々を引きつける人物だ。なぜなら、彼のTwitterでの発言やブログ記事が、テスラやスペースXのブランドを強化しているからだ。例えば、”Cybertruck”の発表は大きな話題となった。

手順例

目標を設定する

目標を設定することは、大事なステップだ。なぜなら、それが成功の基準となり、計画を作るための指針になるからだ。例えば、Webサイトの訪問者数を増やすことが目標になる。

ターゲットを理解する

ターゲットを理解することは、コンテンツマーケティングのキーだ。なぜなら、ターゲットの関心やニーズに合わせたコンテンツを作るためだ。例えば、ターゲットの年齢、性別、趣味などを把握する。

コンテンツを作る

良質なコンテンツを作ることは、大切なプロセスだ。なぜなら、それがターゲットの関心を引きつけ、ブランドの価値を高めるからだ。例えば、ブログ記事や動画、ポッドキャストなどを制作する。

コンテンツを共有する

コンテンツを共有することは、必須なステップだ。なぜなら、それがターゲットとのつながりを作り、コンテンツのリーチを拡大するからだ。例えば、ソーシャルメディアやメールマーケティングを利用する。

結果を測る

結果を測ることは、大切な行程だ。なぜなら、それが成功の判断と改善のためのフィードバックを得る方法だからだ。例えば、Google Analyticsを使ってWebサイトの訪問者数や滞在時間を確認する。

類似語

ブランドジャーナリズム

ブランドジャーナリズムは、企業がニュースメディアのように情報を発信することだ。なぜなら、それが読者の信頼を勝ち取り、ブランドの価値を高めるからだ。例えば、コカ・コーラの”Journey”Webサイトはブランドジャーナリズムの一例だ。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングは、顧客が自発的にブランドに接触する方法だ。なぜなら、価値あるコンテンツを提供し、顧客からの関心を引き出すからだ。例えば、SEOやブログ記事はインバウンドマーケティングの手法だ。

ストーリーテリング

ストーリーテリングは、ブランドの物語を伝える方法だ。なぜなら、それが感情的なつながりを作り、ブランドへの忠誠心を高めるからだ。例えば、Appleの”Think Different”キャンペーンはストーリーテリングの優れた例だ。

反対語

直接広告

直接広告は、コンテンツマーケティングの反対である。なぜなら、直接的に商品やサービスを売り込むものだからだ。例えばTVコマーシャルとか新聞の広告。

スパム

スパムは、コンテンツマーケティングの反対である。なぜなら、無関係な情報を勝手に送りつける行為だからだ。例えばメールのスパム。

一方的な情報発信

一方的な情報発信は、コンテンツマーケティングの反対である。なぜなら、顧客の関心やニーズに応えるのではなく、企業側から一方的に情報を発信するものだからだ。例えば会社のホームページにある一方的な自己紹介。

会話例

課題研究のチームミーティング

Q.「コンテンツマーケティングって何?」
A.「それは、役立つ情報を提供して客を引きつけ、自社の製品やサービスに興味を持たせる手法だよ。」

ビジネス会議での発表

Q.「新しいコンテンツマーケティング戦略は何?」
A.「我々の顧客が必要とする情報を提供するブログ記事を書くことだよ。」

友達とのカジュアルな会話

Q.「最近、どんな仕事をしてるの?」
A.「コンテンツマーケティングを使って、会社の商品をより多くの人に知ってもらう仕事をしてるよ。」

注意点

コンテンツマーケティングを使用する時の注意点はターゲットとなる顧客のニーズを理解することだ。なぜなら、彼らが何を求めているのか、何に興味を持っているのか把握しなければ、効果的なコンテンツを作れないからだ。

例えば、IT関連の製品を販売する企業が、最新のファッショントレンドに関するコンテンツを作っても意味がない。そして、情報をただ発信するだけではなく、それが顧客の問題を解決するものであることが重要だ。

だから、コンテンツを作る際は、それが顧客にとって価値あるものであることを忘れずに。

コンテンツマーケティングとSEOは、似ているけど少し違います。コンテンツマーケティングは、顧客に価値を提供する内容を作り出すことですが、SEOはその内容が検索エンジンに、より見つけやすくする技術のことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました