ノンバーバルとは?無意識でも使っている非言語コミュニケーション解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとノンバーバル

  • 言葉以外でのコミュニケーション
  • 顔の表情、ジェスチャー、距離感など多様な要素
  • 無意識と意識の両方で使用

ノンバーバルとは、言葉以外で意味や感情を伝える行為です。

概要説明

ノンバーバルとは、言葉以外でコミュニケーションを行うことである。 なぜならば、言葉だけでは伝えきれない感情やニュアンスがあるから。例えば、笑顔で「ありがとう」と言うと、その感謝がより強く伝わる。

そして、視覚情報が最も影響力があるとされる「メラビアンの法則」にも関連する。この法則によれば、感情や態度を伝える際には、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%という割合で影響を与えるとされている。

つまり、言葉と非言語の情報が一致すると、より強くメッセージが伝わる。だから、非言語コミュニケーションの理解も重要である。

職業職種

教育者

教育者は、教室で非常にノンバーバルを使う。なぜなら、子供たちに対する態度や感情を伝えるため。例えば、目を合わせることで注意を引く。

営業員

営業員は、顧客との接触でノンバーバルが重要である。なぜなら、信頼関係を築くためには、言葉以外の要素も大事だから。例えば、適切な距離感を保つ。

医療従事者

医療従事者は、患者に対してノンバーバルを用いる。なぜなら、患者が不安を感じやすい状況で、安心感を与えるため。例えば、優しい表情で話す。

ノンバーバルの名前の由来は、英語の “non-verbal” で、”非言語的な”という意味です。

ノンバーバルの代表例

マリオットホテル

マリオットホテルは、ノンバーバルで有名である。なぜなら、従業員が顔の表情やジェスチャーでおもてなしをするから。例えば、笑顔でドアを開ける。

ユニクロ

ユニクロは、ノンバーバルで名高い存在である。なぜなら、店内のデザインや配置が、お客さんに安心感を与えるから。例えば、商品の整然とした陳列。

手順例

以下は、効果的なノンバーバルの手順です。

自分自身を知る

自分がどんな非言語的サインを出しているか知る。なぜなら、自分が発しているサインが相手にどう影響するか理解するため。例えば、鏡で表情を確認する。

相手を観察する

相手の非言語的サインを読む。なぜなら、相手の気持ちや考えを理解するため。例えば、相手の目を見る。

状況を考慮する

周囲の状況も考慮に入れる。なぜなら、状況によって非言語的サインの意味が変わる可能性があるから。例えば、場所や時間。

類似語

ボディランゲージ

ボディランゲージは、ノンバーバルの類似語である。なぜなら、両方とも言葉以外の方法でコミュニケーションを取るから。例えば、手を振る。

サイレントコミュニケーション

サイレントコミュニケーションは、ノンバーバルの類似語である。なぜなら、言葉を使わずに意味を伝えるから。例えば、頷く。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションは、ノンバーバルの類似語である。なぜなら、言葉以外の方法で意味や感情を伝えるから。例えば、笑顔。

反対語

言語的コミュニケーション

言語的コミュニケーションは、ノンバーバルの反対語である。なぜなら、言葉を使って意味や感情を伝えるから。例えば、話す。

ヴァーバル

ヴァーバルは、ノンバーバルの反対語である。なぜなら、言葉を主体としたコミュニケーションを指すから。例えば、会話。

口頭

口頭は、ノンバーバルの反対語である。なぜなら、口で発する言葉で情報を伝えるから。例えば、プレゼンテーション。

ノンバーバルの注意点

ノンバーバルを使用する時の注意点は誤解を招きやすいことである。なぜならば、文化や個人差が影響するからだ。例えば、目を見る行為は日本では礼儀だが、他の文化では違う場合もある。そして、状況によっても意味が変わる。だから、相手との関係性や状況を考慮することが大事。

ノンバーバルとボディランゲージは、間違えやすいので注意しましょう。

ノンバーバルは、全体的な非言語的コミュニケーションです。

一方、ボディランゲージは、身体を使った非言語的コミュニケーションです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました