ネイティブ広告とは?見た目はコンテンツ、実は広告!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとネイティブ広告とは

  • ユーザにとって自然な広告
  • コンテンツに溶け込んだ形式
  • ユーザ体験を深めるツール

ネイティブ広告とは、コンテンツに溶け込んだ広告です。

概要説明

ネイティブ広告とは、コンテンツに溶け込んだ広告形式である。なぜならば、普通の広告とは違い、コンテンツと同じデザインをしているからだ。

例えば、ニュースサイトにある記事のように見えるけど、実は広告なんだよ。そして、ユーザーは自然にその情報を取り込むことができる。

つまり、ユーザ体験を深めることができるんだ。だから、ネイティブ広告は新しい広告の形として注目を浴びている。

職業職種

マーケター

マーケターは、ネイティブ広告を使う。なぜなら、ユーザーにとって自然な形の広告で、ユーザ体験を深められるからだ。例えば、ブログの記事として広告を見せる。

広告デザイナー

広告デザイナーは、ネイティブ広告のデザインをする。なぜなら、ユーザーに自然に見える広告デザインが必要だからだ。例えば、コンテンツと同じ見た目の広告を作る。

コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターは、ネイティブ広告の内容を作る。なぜなら、広告でありながらもコンテンツとして価値ある情報を提供する必要があるからだ。例えば、記事形式の広告を作る。

ネイティブ広告は、名前の由来は英語の「Native」(自然の)と「Advertising」(広告)からきていて、自然に溶け込んだ広告という意味です。

ネイティブ広告の代表例

Facebook

Facebookは、ネイティブ広告の先駆者だ。なぜなら、彼らのフィード上に見た目が記事そのものの広告を初めて導入したからだ。例えば「スポンサード」の表示がある記事。

Outbrain

Outbrainは、コンテンツ推奨の大手である。なぜなら、彼らは世界中の大手メディアでそのネイティブ広告を表示しているからだ。例えば「あなたにおすすめ」の記事。

Joe Marchese

Joe Marcheseは、ネイティブ広告の専門家だ。なぜなら、彼はそのコンセプトを広め、最初のネイティブ広告プラットフォームを作ったからだ。例えば「TrueX」の創立者。

手順例

目標設定

目標設定は、最初のステップだ。なぜなら、成功を測る基準が必要だから。例えば、サイトへの訪問者数の増加。

コンテンツ作成

コンテンツ作成は、主要なプロセスだ。なぜなら、ユーザーの関心を引く内容が必要だから。例えば、関連性のある記事。

広告設定

広告設定は、戦略的な一歩だ。なぜなら、誰にどのように広告を見せるかを決める必要があるから。例えば、ターゲットの年齢、興味、地域。

配信開始

配信開始は、計画の実行だ。なぜなら、ここで初めて広告が一般のユーザーに見えるようになるから。例えば、広告の公開。

結果分析

結果分析は、最後のステップだ。なぜなら、広告の効果を知り、次回の計画に反映させるためだ。例えば、広告のクリック数や反響。

類似語

ブランデッドコンテンツ

ブランデッドコンテンツは、ネイティブ広告に似ている。なぜなら、ブランドのメッセージを消費者に伝えるためのコンテンツだから。例えば、記事や動画に企業のブランドや製品が紹介される。

スポンサードコンテンツ

スポンサードコンテンツは、ネイティブ広告と同じく広告だ。なぜなら、そのコンテンツの作成または配布が企業によって支援されているから。例えば、企業がスポンサーになった記事。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ネイティブ広告の一部と言える。なぜなら、それはブランドが消費者に価値を提供するための内容を作成する戦略だから。例えば、教育的な記事やハウツーのガイド。

反対語

一般的な広告

一般的な広告は、ネイティブ広告の反対だ。なぜなら、それはコンテンツと区別され、ユーザーが広告と認識するから。例えば、バナー広告。

途切れ広告

途切れ広告は、ネイティブ広告とは逆だ。なぜなら、ユーザーの体験を中断する広告形式だから。例えば、ビデオ広告の中の広告ブレイク。

押し付け広告

押し付け広告は、ネイティブ広告の反対だ。なぜなら、それは強制的に消費者に商品やサービスを推奨するから。例えば、ポップアップ広告。

ネイティブ広告の注意点

ネイティブ広告を使用する時の注意点は、ユーザーに誤解を与えないことだ。なぜならば、広告であることを隠すと、ユーザーの信頼を失う可能性があるからだ。

例えば、「スポンサード」や「広告」と明記することが必要だ。そして、広告の内容は価値ある情報を提供するべきだ。だから、ユーザーが有用だと感じる内容を提供しよう。

ネイティブ広告とコンテンツマーケティングは、間違えやすいので注意しましょう。

ネイティブ広告は、広告としての目的を持ちつつ、ユーザーにとって有益な情報を提供するものです。

一方、コンテンツマーケティングは、広告とは異なり、純粋にユーザーに価値を提供する情報を提供する戦略です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました