リプレイアタックとは?簡単に理解するための完全ガイド

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリプレイアタック

  • 不正アクセスの一種
  • 認証データを盗む
  • ワンタイムパスワードで防ぐ

リプレイアタックとは、認証データを盗んで本人になりすます不正アクセスです。

概要説明

リプレイアタックとは不正アクセスの一種である。なぜならば認証データを盗んで本人になりすますから。例えば、ネットバンクでの不正送金である。そして、ワンタイムパスワードやワンタイムトークンで防ぐことができる。つまり、毎回違うパスワードを使うことで安全である。だから、セキュリティ対策が必要。

職業職種

ITセキュリティ専門家

リプレイアタックは、セキュリティ対策の一部である。なぜなら、企業や個人のデータを守るため。例えば、セキュリティソフトの開発。

銀行員

リプレイアタックは、顧客の資産を守るために知っておくべきである。なぜなら、不正送金を防ぐため。例えば、ワンタイムパスワードの導入。

一般ユーザー

リプレイアタックは、自分自身の情報を守るために知っておくべきである。なぜなら、個人情報が盗まれる可能性があるから。例えば、SNSやメールのセキュリティ設定。

リプレイアタックは、名前の由来は英語の「Replay(再生)」と「Attack(攻撃)」から来ています。この名前が示すように、盗んだ認証データを「再生」して「攻撃」するわけです。

リプレイアタックの代表例

Equifax

Equifaxは、リプレイアタックで有名である。なぜなら、2017年に大規模なデータ漏洩があり、リプレイアタックのリスクが指摘されたから。例えば、個人情報が大量に盗まれた。

Adobe Systems

Adobe Systemsは、リプレイアタックで名高い存在である。なぜなら、過去にセキュリティ侵害があり、リプレイアタックが可能な状態だったから。例えば、Adobeのアカウント情報が漏洩した。

Yahoo!

Yahoo!は、リプレイアタックで世間に知られている。なぜなら、過去に何度も大規模なデータ侵害があり、リプレイアタックのリスクがあったから。例えば、ユーザーのメールアドレスやパスワードが漏洩した。

手順例

以下は、リプレイアタックの基本的な手順です。

盗聴する

最初のステップは、対象者の認証データを盗聴することである。なぜなら、このデータが攻撃の基盤だから。例えば、Wi-Fiの盗聴。

データを解析する

次に、盗んだデータを解析する。なぜなら、どのように使うかを知る必要があるから。例えば、パスワードやトークンの解析。

攻撃を計画する

攻撃のタイミングや方法を計画する。なぜなら、成功するためには計画が必要だから。例えば、対象者がオフラインのときに攻撃する。

偽装する

対象者になりすます。なぜなら、本物に近いほど攻撃が成功しやすいから。例えば、IPアドレスを偽装する。

攻撃を実行する

最後に、計画通りに攻撃を実行する。なぜなら、これが目的だから。例えば、不正にログインする。

類似語

マン・イン・ザ・ミドル攻撃

マン・イン・ザ・ミドル攻撃は、リプレイアタックの類似語である。なぜなら、両者ともに通信を傍受して不正行為を行うから。例えば、データを改ざんする。

パスワードスニッフィング

パスワードスニッフィングは、リプレイアタックの類似語である。なぜなら、認証情報を盗む点が共通しているから。例えば、ログイン情報を盗む。

フィッシング

フィッシングは、リプレイアタックの類似語である。なぜなら、ユーザーから情報を盗み出す手法が似ているから。例えば、偽のウェブサイトで情報を盗む。

反対語

認証強化

認証強化は、リプレイアタックの反対語である。なぜなら、リプレイアタックがセキュリティを弱めるのに対し、認証強化はそれを強化するから。例えば、二要素認証

安全通信

安全通信は、リプレイアタックの反対語である。なぜなら、リプレイアタックが通信を不正に傍受するのに対し、安全通信はそれを防ぐから。例えば、SSL/TLSの使用。

プライバシー保護

プライバシー保護は、リプレイアタックの反対語である。なぜなら、リプレイアタックが個人情報を盗むのに対し、プライバシー保護はそれを守るから。例えば、個人情報の暗号化。

リプレイアタックの注意点

リプレイアタックを行う場合の注意点は、常に最新のセキュリティ情報をチェックすることである。なぜならば、対策が日々進化しているからだ。例えば、新しい防御手段が出た場合、それに対応する必要がある。そして、常に自分のシステムをアップデートする。だから、油断しない。

リプレイアタックとマン・イン・ザ・ミドル攻撃は、間違えやすいので注意しましょう。

リプレイアタックは、過去の認証データを使って不正アクセスする行為です。

一方、マン・イン・ザ・ミドル攻撃は、通信そのものを傍受してデータを改ざんする行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました