データマイニングとは?大量データから読み取る顧客の願望

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 大量の情報から秘密を見つける
  • 顧客の隠れた欲求を探り出す
  • SNSやインターネットメディアから情報を取る

データマイニングとは、大量の情報から秘密を見つけ出す技術です。

概要説明

データマイニングとは大量の情報から価値あるデータを見つけ出す技術だ。 なぜなら、インターネットの普及で膨大な量のデータが発生しているからだ。

例えば、SNSやウェブサイトからユーザーの行動を分析する。そして、その結果から顧客の嗜好や需要を予測する。

つまり、マーケティングにとって重要な手法だ。だから、多くの企業がデータマイニングを導入している。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、データマイニングをよく使う。なぜなら、顧客の欲求を理解し、適切な広告を出すためだ。例えば、SNSの投稿データから顧客の嗜好を分析する。

製品開発者

製品開発者も、データマイニングを利用する。なぜなら、市場のニーズを把握し、製品開発に反映させるためだ。例えば、レビューデータからユーザーの反応を探り出す。

ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストは、データマイニングを活用する。なぜなら、企業の戦略を立てるために必要なデータを集めるためだ。例えば、セールスデータから売れ筋の製品を特定する。

データマイニングの名前の由来は、鉱山で金鉱石やダイヤモンドを掘り出す「マイニング」から来ています。

代表例

Google

Googleは、データマイニングの巨人だ。なぜなら、ユーザーの検索データを解析し、パーソナライズされた広告やサービスを提供するためにデータマイニングを広く使っているからだ。例えばGoogle AdSenseは、ユーザーの検索履歴や閲覧行動に基づいてパーソナライズされた広告を表示する。

Amazon

Amazonは、データマイニングを活用してお客様の購入傾向を把握している。なぜなら、購入履歴や閲覧履歴を基にパーソナライズされた商品推薦を行うためだ。例えば「あなたへのおすすめ」機能では、ユーザーの過去の行動を分析して、個々のユーザーに最適な商品を推薦する。

Facebook

Facebookは、データマイニングを活用してユーザーの好みや関心を把握する。なぜなら、ユーザーが共有した情報や「いいね」した投稿を解析し、その情報を基にパーソナライズされた広告を表示するからだ。例えばFacebook Adは、ユーザーの関心や行動に基づいてパーソナライズされた広告を提供する。

手順例

問題定義

最初は、何を解決したいのか、どのような情報を見つけたいのかを明確にする。なぜなら、このステージでの定義が後のステップの方向性を決定するからだ。例えば、会社が顧客の購入傾向を知りたい場合、それを問題として設定する。

データ収集

問題が定義されたら、次に必要なデータを集める。なぜなら、データマイニングは大量のデータに基づいて行われるからだ。例えば、顧客の購入履歴や閲覧履歴などを集める。

データの前処理

データ収集後は、前処理を行う。なぜなら、データには不完全な情報やノイズが含まれていることが多いからだ。例えば、データのクリーニングや欠損値の補完を行う。

データ分析

前処理が終わったら、分析を行う。なぜなら、ここでデータから隠れたパターンや情報を見つけ出すからだ。例えば、統計的手法や機械学習を用いてデータを解析する。

結果の評価と解釈

最後に、分析結果を評価し、ビジネス上の意味を解釈する。なぜなら、これにより得られた知識を実際の問題解決に役立てるからだ。例えば、得られたパターンを元にマーケティング戦略を立てる。

類似語

データ探索

データ探索は、データマイニングと類似の概念だ。なぜなら、データ探索もまた、データセットから有用な情報を見つけ出すプロセスだからだ。例えば、統計的手法を使ってデータの特徴やパターンを探し出す。

機械学習

機械学習は、データマイニングと密接に関連している。なぜなら、データマイニングの一部として、またはデータマイニングを助けるために機械学習が使われるからだ。例えば、クラスタリングや分類といった機械学習の手法は、データマイニングでよく使われる。

ビッグデータ解析

ビッグデータ解析は、データマイニングと同じく、大量のデータから有用な情報を見つけ出す技術だ。なぜなら、両方ともデータを分析し、パターンを見つけ、意思決定に役立つ情報を提供するからだ。例えば、社会全体の傾向や需要を読み解くためにビッグデータ解析が使われる。

反対語

データの削除

データの削除は、データマイニングの反対だ。なぜなら、データマイニングが情報を見つけ出すのに対し、データの削除は情報を失うからだ。例えば、不要なデータを削除してしまう行為。

無視

無視は、データマイニングとは反対の概念だ。なぜなら、データマイニングは情報を探し出すのに対し、無視は情報を見過ごすからだ。例えば、データがあるにも関わらず、それを利用せずに行動を起こすこと。

ランダムな行動

ランダムな行動もまた、データマイニングの反対だ。なぜなら、データマイニングが情報に基づいて計画的に行動するのに対し、ランダムな行動は情報を用いずに行動するからだ。例えば、データ分析せずに無作為に決定を下すこと。

会話例

  • マーケティングのミーティング
    「新製品のターゲットはどうするべきかな?」
    「データマイニングを活用しよう。既存の顧客データから、同じ属性をもつ潜在的な顧客を見つけ出せるよ。」
  • 広告戦略の会議
    「SNS広告はどんな人に向けるべきだと思う?」
    「データマイニングで得られた情報を使おう。顧客の趣味や志向を理解して、最適なメッセージを届けられる。」
  • 製品開発の会議
    「次の製品開発、何を基準に決めればいい?」
    「データマイニングを利用しよう。ユーザー情報から見える趣向や傾向に基づいた製品を作れば、ヒットする可能性が高いよ。」

注意点

データマイニングを使用する時の注意点はプライバシーの尊重である。なぜならば、個人情報を扱うことが多いからだ。

例えば、顧客の購入履歴や行動パターンなどである。そして、法律や規制を遵守することも大切だ。

だから、情報を適切に管理し、個人を特定できないようにすることが必要だ。

データマイニングとデータ分析は、間違えやすいので注意しましょう。

データマイニングは大量のデータから価値ある情報を見つけ出す行為です。

一方、データ分析は手元にあるデータを解析し、具体的な問題に対する答えを見つける行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました