アドホック調査とは?特定の問題解決のための調査手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアドホック調査とは

  • 特定の課題解決用
  • 短期間で実施
  • ビジネスでよく使われる

アドホック調査とは、特定の課題解決のための短期調査です。

概要説明

アドホック調査とは特定の課題や問題解決のために行われる調査である。なぜならば、一般的な調査とは違い、特定の目的に集中するから。例えば、新製品の市場反応を調べる場合である。そして、短期間で結果を出す。つまり、効率的である。だから、ビジネスでよく使われる。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、新製品の市場反応を調べるである。なぜなら、成功の確率を高めるため。例えば、消費者の意見や反応を集める。

研究者

研究者は、科学的な問題解決である。なぜなら、データに基づいて結論を出すから。例えば、実験の結果を分析する。

経営者

経営者は、会社の方針を決定するである。なぜなら、正確な情報が必要だから。例えば、市場調査や従業員の意見を集める。

アドホック調査の名前の由来は、ラテン語の「Ad hoc」です。これは「このために」や「特定の目的のために」という意味があります。

アドホック調査の代表例

マクロミル

マクロミルは、アドホック調査で有名である。なぜなら、オンライン調査の専門家として多くの企業にサービスを提供しているから。例えば、消費者の購買意欲やブランド認知度を調査する。

インテージ

インテージは、アドホック調査で名高い存在である。なぜなら、マーケティングリサーチの分野で長い歴史と実績があるから。例えば、新製品の市場調査や広告効果の分析を行う。

日本リサーチセンター

日本リサーチセンターは、アドホック調査で世間に知られている。なぜなら、多様な調査手法と高度な分析技術を持っているから。例えば、政治や社会問題に関する調査を行う。

手順例

以下は、アドホック調査の基本手順です。

課題設定

課題設定は、最初のステップである。なぜなら、何を調査するのか明確にする必要があるから。例えば、新製品の市場反応を知りたい場合。

調査計画

調査計画は、方法を決めるステップである。なぜなら、どのようにデータを集めるかが重要だから。例えば、アンケートやインタビューを使う。

データ収集

データ収集は、実際に情報を得るステップである。なぜなら、計画通りに行動する必要があるから。例えば、対象者にアンケートを送る。

データ分析

データ分析は、収集した情報を評価するステップである。なぜなら、意味のある結果を得るためだから。例えば、回答の傾向やパターンを見る。

報告・共有

報告・共有は、結果をまとめるステップである。なぜなら、調査の目的に沿った結論を出す必要があるから。例えば、プレゼンテーションやレポートを作る。

類似語

特定調査

特定調査は、アドホック調査の類似語である。なぜなら、特定の目的や課題に焦点を当てるから。例えば、新製品の市場調査。

短期調査

短期調査は、アドホック調査の類似語である。なぜなら、時間が限られた中で行われることが多いから。例えば、イベント後の参加者の感想を集める。

プロジェクト調査

プロジェクト調査は、アドホック調査の類似語である。なぜなら、特定のプロジェクトや活動に関連して行われるから。例えば、新サービスの開発過程でのユーザーニーズ調査。

反対語

継続調査

継続調査は、アドホック調査の反対語である。なぜなら、特定の課題ではなく、一定期間にわたって継続的に行われる調査だから。例えば、毎月の販売データの分析。

定量調査

定量調査は、アドホック調査の反対語である。なぜなら、特定の課題に焦点を当てず、大量のデータを一度に収集するから。例えば、国勢調査。

予測調査

予測調査は、アドホック調査の反対語である。なぜなら、現在の問題解決よりも未来の状況を予測する目的で行われるから。例えば、10年後の市場規模の予測。

アドホック調査の注意点

アドホック調査を使用する時の注意点は目的の明確化である。なぜならば、目的が不明確だと効果的な結果が出ないからだ。例えば、新製品の市場反応を調べる場合、目的を「20代女性の購買意欲」に絞る。そして、その目的に合った質問を設計する。だから、目的に合った調査を行う。

アドホック調査と継続調査は、間違えやすいので注意しましょう。

アドホック調査は、特定の課題や問題解決のために行われます。

一方、継続調査は、一定期間にわたって継続的に行われる調査です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました