バランススコアカードとは?成功する組織のための手法!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバランススコアカードとは

  • 経営戦略の計画ツール
  • 目標進捗の監視・測定
  • 経営判断の多角的支援

バランススコアカードとは、経営戦略の計画・監視を助けるツールです。

概要説明

バランススコアカードとは経営戦略の計画や監視を助けるツールである。 なぜならば企業の目的やビジョンを実現するための進捗状況を測定してくれるからだ。

例えば、業績評価以外にも人材育成や業務プロセスの改善ができる。そして、これらをつなぎ合わせる。つまり、組織のあらゆる面を見ることができる。だから良い経営判断ができる。

職業職種

経営者

経営者は、経営戦略の策定と監視のためにバランススコアカードを使用する。なぜなら、業績と戦略の一貫性を確認したいからだ。例えば、年間の目標達成度を確認する時。

部門長

部門長は、部門の業績と人材育成を同時に追求するために使用する。なぜなら、部門の成功が企業の成功につながるからだ。例えば、部門のKPIを設定・追跡する時。

人事担当者

人事担当者は、社員の業績評価や人材育成計画の策定時にバランススコアカードを参考にする。なぜなら、従業員の成果と企業の目標を合わせるためだ。例えば、昇進や研修の決定時に。

バランススコアカードは、名前の由来は「バランスの取れたスコア(点数や評価)をカードにまとめる」ことから来ています。

バランススコアカードの代表例

Toyota

Toyotaは、世界的に有名な自動車メーカーである。なぜなら、高品質な車を生産しているから。例えば、ハイブリッドカーのプリウス。

Starbucks

Starbucksは、国際的に知名度が高いコーヒーショップチェーンである。なぜなら、特有の味と店内の雰囲気でファンを魅了しているから。例えば、フラペチーノ。

Richard Kaplan

Richard Kaplanは、バランススコアカードを共同開発した人である。なぜなら、経営の新しい指標として提案し、世界中で導入されているから。例えば、彼の著書「The Balanced Scorecard」。

手順例

以下は、バランススコアカードの導入手順です。

目的の明確化

目的を明確にする。なぜなら、どこを目指すかが明確でないと計画が立てられないから。例えば、売上アップやコスト削減。

ビジョンとコアバリューの確立

ビジョンとコアバリューを決める。なぜなら、会社の方針や考え方が明確になるから。例えば、顧客第一や環境への配慮。

指標の選定

何を測定するかの指標を選ぶ。なぜなら、目標に向かっての進捗を知るためだから。例えば、売上高や顧客満足度。

実績の測定と監視

測定した結果を定期的に監視する。なぜなら、進捗状況を把握し、改善のヒントを得るためだから。例えば、毎月の売上レポート。

結果の評価と改善

結果を評価し、必要なら改善する。なぜなら、目標に近づくためには改善が欠かせないから。例えば、新しい戦略の立案。

類似語

パフォーマンスダッシュボード

パフォーマンスダッシュボードは、業績を視覚的に表すツールである。なぜなら、バランススコアカード同様に経営の進捗を一覧で確認できるから。例えば、グラフやチャートでの表示。

KPI(Key Performance Indicator)

KPIは、業績のキーとなる指標のことである。なぜなら、バランススコアカードでの重要な指標として使用されるから。例えば、月間売上や新規顧客数。

ストラテジーマップ

ストラテジーマップは、企業の戦略を視覚的に表現するツールである。なぜなら、バランススコアカードと連動して戦略の全体像を示すから。例えば、目標と戦略の関連性の表示。

反対語

狭視的評価

狭視的評価は、一方的な視点からしか物事を見ない方法である。なぜなら、多角的な評価をしないからだ。例えば売上だけを重視すること。

非戦略的評価

非戦略的評価は、組織の長期的な目標や方針を考慮しない評価である。なぜなら、短期的な結果だけを重視するからだ。例えば季節のプロモーションの成果だけを重視すること。

一元的指標

一元的指標は、評価の基準が一つしかない方法である。なぜなら、他の重要な側面を無視するからだ。例えば従業員のモチベーションや顧客満足度を考慮しないこと。

バランススコアカードの注意点

バランススコアカードを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば誤ったデータが入力されると適切な経営判断ができなくなるからだ。

例えば古いデータを基にした評価である。そして、全ての指標が組織の目標やビジョンに合致しているか確認すること。だから定期的な見直しが必要。

バランススコアカードとKPI(主要業績評価指標)は、間違えやすいので注意しましょう。

バランススコアカードは、複数の視点から組織の業績を評価するシステムです。

一方、KPIは、特定の業績を示す指標です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました