KPIとは?目標達成の重要な指標

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 成果を測る数値
  • 目標達成の指標
  • パフォーマンスを最大化

KPI = Key Performance Indicator
KPIとは成果の指標化です。

概要説明

KPIとは成果を測るための数値である。 なぜなら、目標達成の進行度を見るためだ。

最終目標に達成するために、必要なプロセスがKPIになる。例えば、成約件数に達成するために、アポを100件取るなど。

つまり、KPIは成果を明確に可視化するためのツールだ。 だから、目標を達成するためにはKPIが重要だ。

職業・職種

マネージャー

KPIは、目標達成の進行度を可視化するために使う。なぜなら、チームのパフォーマンスを管理するためだ。例えば、売上達成率やプロジェクトの進行度など。

営業員

KPIは、自分の成果を把握するために使う。なぜなら、目標達成のために自分のパフォーマンスを管理する必要があるからだ。例えば、売上目標の達成率など。

マーケター

KPIは、マーケティング活動の成果を測るために使う。なぜなら、活動の効果を評価し改善するためだ。例えば、広告のクリック率やWebサイトの訪問者数など。

「売上達成させるぞ!」ではなく、「電話1000件するぞ!」、「アポ100件取るぞ!」、「成約10件取るぞ!」ってことです。

企業・製品

Google

Googleは、データ分析におけるKPIの活用で有名である。なぜなら、Google Analyticsというツールを提供しており、このツールを使うことでWebサイトのトラフィックやユーザー行動など様々なKPIを測定できるからだ。例えば、ページビューや訪問者数など。

Amazon

Amazonは、ビジネスのパフォーマンスを管理するためのKPIに焦点を当てている。なぜなら、顧客の購買行動やWebサイトのパフォーマンスなど、様々なデータを追跡し分析しているからだ。例えば、商品の売り上げ数やバウンス率など。

エリオット・H・ジャクソン

エリオット・H・ジャクソンは、KPIについての著名な研究者である。なぜなら、彼は企業が効果的なKPIを設定し、それを使用して業績を向上させる方法についての多くの研究を行ってきたからだ。例えば、彼の著書「KPIs: The Basics & Beyond」など。

手順例

目標設定

目標設定は、KPIを使用する最初のステップである。なぜなら、KPIは目標達成の進行度を測定するものなので、目標が明確でなければ意味がないからだ。例えば、年間売上目標や新規顧客獲得数などの目標を設定する。

KPI選択

KPIの選択は、目標達成に重要な役割を果たす指標を選ぶことである。なぜなら、適切なKPIを選択しなければ、業績の本当の状況を反映することができないからだ。例えば、売上高や顧客満足度などをKPIとして選ぶ。

データ収集

データ収集は、選択したKPIに関連するデータを定期的に集めることである。なぜなら、現在の状況を把握し、進行度を測定するためには定期的なデータ収集が必要だからだ。例えば、売上データや顧客満足度調査の結果などを収集する。

データ分析

データ分析は、収集したデータを解析し、パフォーマンスの傾向や問題点を特定することである。なぜなら、データにはビジネスの成功や失敗のヒントが隠されているからだ。例えば、売上データの月次比較や顧客満足度の変動分析などを行う。

行動計画の策定

行動計画の策定は、分析結果に基づき次に何をするべきかを決定することである。なぜなら、KPIは業績改善のための道具であり、そのためには分析結果を元にした改善策が必要だからだ。例えば、売上が低下している場合は新たなマーケティング戦略を策定するなど。

類似語

目標設定

目標設定は、KPIと同じような役割を果たす。なぜなら、両者ともに企業のパフォーマンスを測定し、向上させるための基準となるからだ。例えば、年間売上目標などがそれに該当する。

OKR(Objectives and Key Results)

OKRは、KPIに似ている。なぜなら、これも組織の目標を明確にし、その達成度を測るための方法論だからだ。例えば、GoogleはこのOKRを使用して組織全体の目標を一致させている。

パフォーマンス指標

パフォーマンス指標は、KPIと同じく、特定のパフォーマンスを測るための指標だ。なぜなら、企業の成果を定量的に評価するために用いられるからだ。例えば、製品の欠陥率や顧客満足度などがこれに該当する。

反対語

非定量的指標

非定量的指標は、KPIの反対概念である。なぜなら、これらは数値で評価できない、主観的な評価指標を指すからだ。例えば、社員のモラルや顧客満足度の感情的な側面などがこれに該当する。

出力指標

出力指標は、KPIとは異なる指標である。なぜなら、出力指標は行動の結果を表す一方、KPIは結果を予測しようとするからだ。例えば、製造された製品の数などが出力指標になる。

非パフォーマンス指標

非パフォーマンス指標は、KPIと反対の概念である。なぜなら、これらは企業のパフォーマンスに直接関連しない指標を指すからだ。例えば、従業員の年齢や性別などがこれに該当する。

会話例

ビジネスミーティング

Q.「私たちのKPIは何でしょうか?」
A.「私たちのKPIは年間売上、顧客満足度、そして製品の欠陥率です。」

ビジネスミーティング

Q.「このクォーターのKPIを達成するためには何をすべきでしょうか?」
A.「私たちは顧客サービスを改善し、製品の品質を高めることに焦点を当てるべきです。」

ビジネスミーティング

Q.「KPIが目標に達していない場合、何が問題だと思いますか?」
A.「それは様々な原因が考えられます。マーケティング戦略、製品品質、顧客サービスなどが影響しているかもしれません。」

注意点

KPIを使用する時の注意点は、適切な指標を選ぶことである。 なぜならば全ての指標が企業の目標に対して有用なわけではないからだ。

例えば、高い売上を目指す企業であれば、売上高よりも利益率をKPIとして設定する方が適切かもしれない。 そして、KPIは定期的に見直し、必要に応じて更新することが重要である。

だから、KPI設定は組織の戦略と密接に連動した活動であると言える。

KPIと目標は似てるから間違えないように!目標は達成したい結果を示し、KPIはその達成度を測るための具体的な指標であるという点を忘れないようにしましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました