ワーキングメモリとは?人間の脳が情報をどう処理するか

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとワーキングメモリ

  • 情報を一時的に保持
  • 情報を処理する能力
  • ソースは有限

ワーキングメモリとは、情報を一時保持し処理する脳の能力です。

概要説明

ワーキングメモリとは、人間の脳が情報を一時的に保持し処理する能力である。なぜならば、日常生活で多くの情報を瞬時に処理する必要があるから。

例えば、会話中に相手の言っていることを理解する。でもリソースは有限であるので、多くの情報を同時に処理できない。だから、効率的な情報処理を脳が行っている。

ワーキングメモリーが低い人の特徴

新しい情報の処理が困難

新しい情報を処理するときに苦労することがある

複数のタスクの同時処理が難しい

複数のことを同時に考えたり、行ったりするのが難しい。

注意の維持が困難

集中力が途切れやすく、注意散漫になりがち。

指示の記憶と実行が難しい

複数の工程を含む指示を覚えて実行するのが難しいことがある。

ワーキングメモリーが高い人の特徴 複雑な情報の処理が得意

多くの情報を同時に処理し、把握する能力が高い。

マルチタスキングが得意

複数のタスクを効率的にこなすことができる。

集中力が高い

長期間にわたって注意を維持し、気を散らすことなくタスクに取り組むことができる。

複雑な問題解決能力

さまざまな情報を組み合わせたり、比較・分析したりすることが得意。

ワーキングメモリーの改善と対処法

練習と訓練

ワーキングメモリーは訓練によって改善することが可能。特定の認知演習やゲームを行うことで、ワーキングメモリーを鍛えることができる。

情報のグループ分け

情報を小さなグループに分けることで、記憶しやすくなる。

視覚的な補助

情報を視覚化することで、記憶の負担を減らしやすくなる。例えば、グラフや図を使うなど。

注意を向ける環境の改善

集中を妨げる要因を取り除くことで、情報をより効果的に処理することができる。

適切な休息

十分な睡眠と休息は、認知機能全般の改善に寄与する。

ワーキングメモリーの鍛え方

認知トレーニングゲーム

特定のアプリやゲームはワーキングメモリーを鍛えるのに役立つ。

瞑想と集中力のトレーニング

瞑想は注意力を高め、結果としてワーキングメモリーを強化することができる。

日常的な習慣の改善

バランスの取れた食事、運動、十分な睡眠などは、全般的な脳の健康と機能を高める。

ワーキングメモリーは、一般的な認知機能の一部であり、適切な訓練と習慣によって改善することができる。ただし、個人の基礎となる認知能力や健康状態によって、その効果には個人差があることに注意が必要。

職業職種

教師

教師は、授業中に多くの情報を処理する必要がある。なぜなら、生徒の反応や質問に即座に対応するから。例えば、質問に答える。

プログラマー

プログラマーは、コードを書く際に複数の変数や関数を記憶する必要がある。なぜなら、複雑なプログラムを作成するから。例えば、デバッグ作業。

運転手

運転手は、運転中に多くの情報を一時的に保持する必要がある。なぜなら、安全運転には瞬時の判断が求められるから。例えば、信号や標識を確認する。

ワーキングメモリは、名前の由来は「作業記憶」です。”Working”は「作業中の」、”Memory”は「記憶」を意味する英語から来ています。

ワーキングメモリの代表例

ジョージ・ミラー

ジョージ・ミラーは、ワーキングメモリで有名である。なぜなら、1956年に人が一時的に保持できる情報量は7±2個程度と発表したから。例えば、この理論は今でも多くの心理学の教科書に載っている。

アラン・バッドリー

アラン・バッドリーは、ワーキングメモリで名高い存在である。なぜなら、ワーキングメモリモデルの共同開発者であり、このモデルが多くの研究で使われているから。例えば、彼のモデルは教育や心理学で広く参照されている。

エリザベス・ロフタス

エリザベス・ロフタスは、ワーキングメモリで世間に知られている。なぜなら、記憶の信頼性とワーキングメモリに関する重要な研究を行っているから。例えば、彼女の研究は法廷での証言の信頼性にも影響を与えている。

手順例

以下は、ワーキングメモリを効率よく使う手順です。

情報を整理する

情報を整理することが大事。なぜなら、脳が情報を簡単に処理できるようになるから。例えば、リストや図を使ってみる。

集中する

集中することが重要。なぜなら、注意力が散漫だとワーキングメモリも効率よく働かないから。例えば、邪魔なものを遠ざける。

繰り返し練習する

繰り返し練習することで、ワーキングメモリが強くなる。なぜなら、繰り返しで脳が慣れてくるから。例えば、暗記カードを使ってみる。

類似語

短期記憶

短期記憶は、ワーキングメモリの類似語である。なぜなら、両者ともに一時的に情報を保持する機能があるから。例えば、電話番号を覚えてダイヤルする場合。

注意力

注意力は、ワーキングメモリの類似語である。なぜなら、注意力が高いとワーキングメモリも効率よく働くから。例えば、集中して問題を解く時。

認知機能

認知機能は、ワーキングメモリの類似語である。なぜなら、認知機能は思考や記憶、学習に関わる広い範囲の能力で、ワーキングメモリもその一部だから。例えば、計算問題を解く時。

反対語

忘却

忘却は、ワーキングメモリの反対語である。なぜなら、ワーキングメモリは情報を保持するが、忘却は情報を失うから。例えば、電話番号を忘れること。

無意識

無意識は、ワーキングメモリの反対語である。なぜなら、ワーキングメモリは意識的な処理に使われるが、無意識は自動的に行われるから。例えば、呼吸や瞬き。

永続記憶

永続記憶は、ワーキングメモリの反対語である。なぜなら、ワーキングメモリは一時的に情報を保持するが、永続記憶は長期にわたって情報を保持するから。例えば、幼いころの思い出。

ワーキングメモリの注意点

ワーキングメモリを使用する時の注意点は集中力の維持である。なぜならば、集中力が途切れると情報の処理が難しくなるからだ。例えば、テレビや音楽がうるさい環境で作業すると集中が切れやすい。そして、疲れも影響する。だから、静かな場所で作業することがおすすめ。

ワーキングメモリと短期記憶は、間違えやすいので注意しましょう。

ワーキングメモリは、情報を一時的に保持しながら処理する能力です。

一方、短期記憶は、情報を一時的に保持するだけです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました