GEITとは?企業ITのガバナンス戦略とその利点

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

GEITとはIT戦略の統制、リスク管理とビジネス価値の最大化です。

概要説明

GEITとは企業の情報技術の統治である。 なぜならば、IT戦略を全社的に統制し、ITに関連するリスクを管理し、コンプライアンスを確保することが求められているからだ。

例えば、新しいテクノロジーの導入やセキュリティ対策を行う際に、GEITは重要な役割を果たす。 そして、これらの取り組みを通じて、ビジネス価値を最大化し、企業の競争力を高めることが可能になる。

つまり、GEITは企業のIT戦略を最適化し、ビジネス成果を向上させる手段である。 だから、どの企業もGEITを理解し、導入することが求められている。

職業職種

ITマネージャー

GEITは、IT戦略を全社的に統制するための手段である。なぜなら、ITマネージャーは企業のIT資源を管理し、最適な利用を図る役割を担っているからだ。例えば、新しいテクノロジーの導入やセキュリティ対策の実施などがそれにあたる。

CIO(最高情報責任者)

GEITは、ビジネス価値の最大化とリスク管理の強化を実現するためのフレームワークである。なぜなら、CIOは企業のIT戦略を立案し、その実行を監督する役割を担っているからだ。例えば、IT投資の最適化やデジタルトランスフォーメーションの推進などがそれにあたる。

CEO(最高経営責任者)

GEITは、企業の競争力を高めるための戦略的な手段である。なぜなら、CEOは企業全体のビジネス戦略を指導し、その実行を監督する役割を担っているからだ。例えば、企業のデジタル化やITを用いた新ビジネスの創出などがそれにあたる。

GEITの名前は、「Governance of Enterprise Information Technology」の頭文字を取ったものです。直訳は、企業情報技術の統治です。

代表例

IBM

IBMは、GEITで有名な企業だ。なぜなら、彼らのITガバナンスフレームワークが世界中の企業で使われているからだ。例えば、IBMの「OpenPages GRC Platform」は企業の情報管理に革新をもたらした。

ISACA

ISACAは、GEITを提唱する有名な団体だ。なぜなら、彼らが提供する「COBIT」フレームワークが、ITガバナンスの標準として広く認知されているからだ。例えば、COBIT 2019は企業のITガバナンスのベストプラクティスとされている。

Steven De Haes

Steven De Haesは、GEITの研究で知られる人物だ。なぜなら、彼の研究が多くの企業のITガバナンスの構築に役立っているからだ。例えば、彼の著書「Enterprise Governance of Information Technology」は、この分野の必読書とされている。

手順例

現状分析

現状分析は、一番最初に行うべきだ。なぜなら、どの部分が改善の必要があるかを理解するためだ。例えば、どのITプロジェクトが予算超過しているかなどを調査する。

戦略策定

戦略の策定は、次の重要なステップだ。なぜなら、何を目指し、どのように進めるかを決めるからだ。例えば、企業のビジネス戦略とIT戦略の整合性を確認する。

計画立案

実行計画の立案は、具体的なアクションを決める段階だ。なぜなら、目標に対するアクションが必要だからだ。例えば、どのITプロジェクトを優先すべきか、何を改善すべきかを明確にする。

実行と監視

実行とモニタリングは、計画を動かし、進行状況を監視する段階だ。なぜなら、計画が適切に進行しているかを確認する必要があるからだ。例えば、プロジェクトの進行状況や成果を定期的にチェックする。

評価と改善

評価と改善は、結果を見て次のアクションを考える段階だ。なぜなら、一度の取り組みで完全に成功することは稀だからだ。例えば、目標に対する達成度を分析し、次の改善点を見つける。

類似語

ITガバナンス

ITガバナンスは、GEITとよく似ている。なぜなら、両方とも企業のIT戦略やリソースの管理に関する考え方だからだ。例えば、リスク管理やパフォーマンス測定など、多くの共通点がある。

IT管理

IT管理は、GEITに近い概念だ。なぜなら、ITリソースの運用や管理を行うための考え方だからだ。例えば、ITプロジェクトの管理や、ITインフラの運用など、重なる部分が多い。

IT戦略

IT戦略は、GEITと関連が深い。なぜなら、どのようにITを活用してビジネス目標を達成するかを考えるものだからだ。例えば、どのITプロジェクトを優先すべきかなど、GEITと共通する部分が多い。

反対語

広域情報技術ガバナンス(WITG)

WITGは、企業全体ではなく特定の広域エリアにフォーカスを当てる。なぜなら、広域に特化したIT管理のニーズに対応するからだ。例えば、特定の地域やエリアのIT管理。

情報技術なしのガバナンス(NGIT)

NGITは、情報技術を一切使わずに組織のガバナンスを行う。なぜなら、全てのプロセスと決定が人間の判断に基づくからだ。例えば、人間だけで行われる会議や手紙によるコミュニケーション。

分散情報技術ガバナンス(DITG)

DITGは、組織全体ではなく個々の部署やチームに重きを置く。なぜなら、各チームが自分たちのIT管理を行うからだ。例えば、マーケティングチームが自身のデータ管理を行うこと。

会話例

社内ミーティングでのディスカッション

Q.「どうしてGEITを導入することが必要なんですか?」
A.「GEITを導入すると、IT投資の効率化やリスク管理が改善します。全社のIT戦略が統一されるからです。」

新入社員への教育

Q.「GEITって具体的に何をするんですか?」
A.「GEITは、企業のITリソースを最適に使うための仕組みを作ります。ITの運用方針や投資戦略を決定し、リスクを管理するんだよ。」

顧客との商談

Q.「私たちのプロジェクトにはGEITは必要ですか?」
A.「もちろんです。GEITを導入することで、プロジェクトのITリソースが最適化され、リスクも管理されます。」

注意点

GEITを使用する時の注意点は企業の規模とITの複雑さを考慮することだ。 なぜならば、全ての企業が同じレベルのITガバナンスを必要とするわけではないからだ。

例えば、小規模なスタートアップは、大規模な多国籍企業と同じレベルのITガバナンスを必要としないかもしれない。

そして、ITの複雑さは企業のビジネスモデルや業界によります。 だから、GEITの適用レベルや具体的なプラクティスは、個々の企業の状況に応じて調整する必要がある。

GEITとITIL(Information Technology Infrastructure Library)の違いは、GEITは企業全体のIT管理に重点を置いていて、ITILは特にITサービス管理に特化しています。
ITILの直訳は、情報技術基盤の図書館です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました