受託開発とは?IT業界の役割を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 依頼者から開発依頼を受けること
  • 元請けから孫請けまで様々な形態がある
  • IT業界でクライアントの要求に応えるやりがい

受託開発とは依頼に応えて開発することです。

概要説明

受託開発とは依頼を受けてソフトウェアやシステムを開発することである。なぜなら、企業や個人から特定の要求に応じて作業を行うからだ。

例えば、ある会社から新しいWebサイトの開発を依頼された場合、それを行うのが受託開発である。そして、開発業者は元請け、下請け、孫請けといった形で仕事を請け負う。つまり、開発の規模によって異なる会社が関わることがある。

だから、プロジェクトの進行と品質を確保するためには、各業者間の連携が重要である。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、プログラムの設計とコーディングを担当する。なぜなら、それが彼らの主な仕事だからだ。例えば、顧客の要求に基づいた新しいアプリケーションの開発など。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、全体の進行管理と品質確認を担当する。なぜなら、プロジェクトがスムーズに進行し、成果が期待通りになることを確認する役割があるからだ。例えば、タスクの割り振りや進捗のチェックなど。

ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストは、顧客の要求を理解し、それを開発チームに伝える役割がある。なぜなら、彼らはビジネスと技術の間の橋渡しの役割を果たすからだ。例えば、顧客からの要求の詳細を開発チームに伝え、最適な解決策を見つける。

受託開発は、名前の由来は”受けて託す”開発です。つまり、他人から依頼を受けてその開発を託され、それを行うことを指します。

代表例

IBM

IBMは、受託開発のパイオニアだ。なぜなら、長年にわたりクライアントにカスタマイズしたソフトウェアソリューションを提供してきたからだ。例えば、業界固有の課題を解決するための専門的なITソリューションを開発したことがある。

アクセンチュア

アクセンチュアは、全世界的に受託開発を行っている企業だ。なぜなら、その技術力とグローバルなネットワークを活かしてクライアントのビジネスをデジタル化し、最適化しているからだ。例えば、ビッグデータとAIを活用した個別最適化のソリューションを提供している。

デロイト

デロイトは、アドバイザリーサービスと受託開発の融合を実現している企業だ。なぜなら、クライアントのビジネスモデルや経営課題を理解した上で最適なITソリューションを提供しているからだ。例えば、業績改善のためのデータ分析システムの開発を行っている。

手順例

依頼の受け付け

受託会社は、依頼者からの要望を受け入れる。なぜなら、依頼内容を理解することが最初の一歩だからだ。例えば、クライアントからの要望をメールや面談で受け付ける。

企画・提案

受託会社は、依頼内容を基に企画・提案を作成する。なぜなら、それが依頼者との共通認識を作るためだからだ。例えば、技術的な見積もりやスケジュールを明示する。

開発

受託会社は、企画・提案が承認されたら開発に着手する。なぜなら、それが受託開発の主な業務だからだ。例えば、ソフトウェアやWebサイトのコーディングを行う。

テスト

受託会社は、開発した製品をテストする。なぜなら、それが製品の品質を保証するためだからだ。例えば、ユーザーテストや性能テストを行う。

納品

受託会社は、テストが完了したら製品を依頼者に納品する。なぜなら、それが開発の最終ゴールだからだ。例えば、製品の実装や導入サポートを行う。

類似語

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発は、受託開発の一種だ。なぜなら、クライアントの要望に基づいてソフトウェアを作ることが主な業務だからだ。例えば、ビジネスシステムのカスタマイズや新規アプリの開発を行う。

Web開発

Web開発も受託開発の一部だ。なぜなら、WebサイトやWebアプリケーションを作ることが主な業務だからだ。例えば、企業のホームページ作成やECサイトの開発を行う。

システムインテグレーション

システムインテグレーションは、受託開発を含む広範な業務だ。なぜなら、異なるシステムを統合して一つのシステムを作ることが主な業務だからだ。例えば、既存システムと新規開発システムの統合を行う。

反対語

自社開発

自社開発は、自分たちの会社だけで製品やサービスを作ることだ。なぜなら、依頼されるのではなく、自分たちのアイデアと技術で開発するからだ。例えば、AppleのiPhoneは自社開発の一例だ。

製品販売

製品販売は、すでに完成した製品を売ることだ。なぜなら、開発するのではなく、既に完成したものを顧客に提供するからだ。例えば、家電量販店での販売がそれに当たる。

会話例

  1. クライアントと開発者の打ち合わせ
    Q.「受託開発って何をするんだ?」
    A.「君たちの要求に基づいて製品やサービスを開発するよ。だから、どんなものが必要なのか詳しく教えてほしいな。」
  2. 会社内での話し合い
    Q.「今回、その会社から受託開発の依頼が来たんだけど、どうすればいい?」
    A.「まず、彼らが何を求めているのか、詳しく話を聞いてみるといいよ。それから、我々が提供できるかどうかを考えよう。」

注意点

受託開発を行う場合の注意点はしっかりと要求事項を把握することだ。なぜならば要求事項が不明確だと、クライアントの期待に応えることができないからだ。

例えば、必要な機能を十分に話し合わないと、開発が終わってから「これじゃない」と言われてしまう。そして、適切な価格設定も大切だ。

だから、予算と期待値のバランスを見極めることが大事だ。

受託開発とオフショア開発は、間違えやすいので注意しましょう。受託開発は他社からの依頼に基づいて製品やサービスを作ることで、オフショア開発は主に低コストの海外の労働力を利用して製品やサービスを作ることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました