インポートとは?他のソフトウェアからデータを取り込む行為

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインポートとは

  • 他のソフトからデータを取り込む
  • データの整合性を保つ
  • 効率的なデータ管理

インポートとは、他のソフトからデータを効率的に取り込む行為です。

概要説明

インポートとは他のソフトウェアやシステムからデータを取り込む行為である。なぜならば、データの整合性を保ち、効率的なデータ管理が可能になるから。例えば、エクセルの表をデータベースに取り込むこと。そして、手作業でのエラーを減らす。つまり、データの安全性と効率性が高まる。だから、多くの業務で活用される。

職業職種

データアナリスト

データアナリストは、データ解析でインポートを使う。なぜなら、複数のデータソースから情報を統合するから。例えば、エクセルデータをSQLデータベースに取り込む。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発でインポートを使う。なぜなら、既存のデータを新しいシステムに統合するから。例えば、旧システムのユーザーデータを新システムに移行する。

オフィスワーカー

オフィスワーカーは、日常業務でインポートを使う。なぜなら、報告書やプレゼンテーション作成でデータを取り込むから。例えば、エクセルの表をパワーポイントに取り込む。

インポートの名前の由来は、英語の “Import” から来ています。この英語の単語は「取り込む」や「輸入する」といった意味があり、データを他の場所から取り込む行為を指すのに使われます。

インポートの代表例

サイボウズ

サイボウズは、インポートで有名である。なぜなら、Garoonやkintoneといった製品で簡単なデータインポートが可能だから。例えば、CSVファイルを使ってデータを一括で取り込むことができる。

日本オラクル

日本オラクルは、インポートで名高い存在である。なぜなら、Oracle Databaseが高度なデータインポート機能を提供しているから。例えば、大量のデータを高速で取り込む機能がある。

富士通

富士通は、インポートで世間に知られている。なぜなら、多くのビジネスソフトウェアでデータインポートが容易にできるから。例えば、データベースソリューションでのXMLやCSVインポートが可能。

インポートの手順例

以下は、エクセルデータをデータベースにインポートする手順です。

データの確認

データの確認は、最初のステップである。なぜなら、エラーを防ぐため。例えば、エクセルの列とデータベースのフィールドが一致しているか確認する。

フォーマット変換

フォーマット変換は、次のステップである。なぜなら、データベースが読み取れる形式にするため。例えば、エクセルデータをCSV形式に変換する。

データベース接続

データベース接続は、必須である。なぜなら、インポート先となるデータベースにアクセスするため。例えば、接続文字列や認証情報を用意する。

インポート実行

インポート実行は、最後のステップである。なぜなら、ここで初めてデータが移動するから。例えば、データベースのインポート機能を使ってCSVファイルを取り込む。

類似語

データ移行

データ移行は、インポートの類似語である。なぜなら、どちらもデータを一つの場所から別の場所に移す行為だから。例えば、古いシステムから新しいシステムへのデータ転送。

アップロード

アップロードは、インポートの類似語である。なぜなら、データを一つのシステムから別のシステムに送る行為だから。例えば、ローカルのファイルをクラウドストレージに送る。

取り込み

取り込みは、インポートの類似語である。なぜなら、データを他の場所から自分のシステムに加える行為だから。例えば、ウェブサイトからのデータダウンロードと保存。

反対語

エクスポート

エクスポートは、インポートの反対語である。なぜなら、インポートがデータを取り込む行為なら、エクスポートはデータを外に出す行為だから。例えば、データベースからエクセルにデータを移すこと。

削除

削除は、インポートの反対語である。なぜなら、インポートがデータを追加する行為なら、削除はデータを取り除く行為だから。例えば、データベースから特定のデータを消すこと。

アンロード

アンロードは、インポートの反対語である。なぜなら、インポートがデータをシステムに取り込む行為なら、アンロードはデータをシステムから取り出す行為だから。例えば、メモリからデータを解放すること。

インポートの注意点

インポートを使用する時の注意点はフォーマットの確認である。なぜならば、不正確なフォーマットはエラーを引き起こす可能性があるからだ。例えば、CSVファイルの列がデータベースのフィールドと一致していない場合。そして、データのバックアップも重要。だから、慎重に。

インポートとデータ移行は、間違えやすいので注意しましょう。

インポートは、特定のシステムやソフトウェアからデータを取り込む行為です。

一方、データ移行は、一つの環境から別の環境へデータ全体を移す行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました