モバイル最適化に強いフラットデザインとは?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 平面的でシンプルなデザイン
  • 視認性を重視し、モバイルに最適
  • 立体感や陰影を排除し、抽象的に

フラットデザインとは、シンプルで抽象的な視認性重視デザインです。

概要説明

フラットデザインとは平面的でシンプルなデザイン手法である。なぜならば、視認性を重視し、無駄な装飾を排除することで情報を直感的に理解できるからだ。

例えばモバイルデバイス上でのUIデザインにおいては、フラットデザインが主流となっている。そして、このデザインは立体感や陰影を排除し、抽象的に表現する特徴がある。

つまり、視覚的にシンプルで、かつ情報伝達が効率的なデザインと言える。だから、ユーザビリティが重視される現代において非常に重要なデザイン手法だ。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、フラットデザインを頻繁に使用する。なぜなら、シンプルで視認性の高いデザインはユーザビリティを高めるからだ。例えば、WebサイトやアプリのUIデザイン。

マーケティング担当者

マーケティング担当者も、フラットデザインの考え方を理解し活用する。なぜなら、視覚的に鮮やかでユーザビリティの高いデザインは、プロモーション効果を高めるからだ。例えば、広告バナーやランディングページのデザイン。

アプリ開発者

アプリ開発者は、フラットデザインを実装することが多い。なぜなら、直感的な操作性と視認性を重視したデザインは、ユーザ体験を向上させるからだ。例えば、スマホアプリのインターフェースデザイン。

フラットデザインは、名前の由来は「フラット(平面的)」に「デザイン」をすることからきています。

代表例

Apple(アップル)

Appleは、フラットデザインをiOS7から導入した企業だ。これは、スキュアモーフィックデザインからシンプルで使いやすいデザインへの転換を促したからだ。例えば、アイコンのデザインが平面的になった。

Microsoft(マイクロソフト)

Microsoftは、フラットデザインをWindows8から採用した企業だ。立体的なアイコンから平面的でシンプルなデザインへの変更を進めたからだ。例えば、”タイル”と呼ばれる大きな四角いアイコンが特徴的だ。

Google(グーグル)

Googleは、フラットデザインとマテリアルデザインを融合した独自のデザインを提唱している企業だ。シンプルで直感的に操作できるUIを追求した結果だ。例えば、Google検索のロゴやGmailのインターフェースがそれに該当する。

手順例

概念の考案

初めに、作りたいデザインの大まかな概念を考える。これは、目指すビジョンを明確にするためだ。例えば、ターゲットユーザーが誰で、何を求めているのかを理解する。

色彩と形状の選定

次に、色彩と形状を選定する。これは、視覚的に魅力的でわかりやすいデザインを作るためだ。例えば、目立つ色とシンプルな形状を選ぶ。

ユーザーインターフェースの設計

その後、ユーザーが使いやすいようにインターフェースを設計する。これは、ユーザー体験を向上させるためだ。例えば、大きなボタンや明確な指示を設ける。

テストと評価

最後に、作ったデザインをテストし、ユーザーの反応を評価する。これは、必要な改善点を見つけるためだ。例えば、ユーザーテストを行い、フィードバックを収集する。

類似語

ミニマリズム

ミニマリズムは、余計な装飾を排除し、必要最小限の要素でデザインする手法だ。これは、シンプルさと機能性を重視する点でフラットデザインと似ているからだ。例えば、白を基調とした清潔なデザインが特徴的だ。

マテリアルデザイン

マテリアルデザインは、Googleが提唱するデザインガイドラインで、フラットデザインの発展形だ。これは、フラットデザインのシンプルさを保ちつつ、立体感や影の表現を加えることで情報の階層性を示すからだ。例えば、Googleのアプリ群がこれに該当する。

スキュアモーフィズム

スキュアモーフィズムは、デザインを実物に似せて作る手法だ。これは、ユーザーが理解しやすいデザインを目指すという点でフラットデザインと共通しているからだ。例えば、アイコンが実際のアイテムを模したものが多い。

反対語

スキュアモーフィックデザイン

スキュアモーフィックデザインは、フラットデザインの反対語である。なぜなら、このデザインは立体感や陰影を使って物事を実物のように見せる。例えば、アイコンに陰影をつけてボタンが押せるように見える。

リアルデザイン

リアルデザインは、フラットデザインの反対語である。なぜなら、このデザインはリアルな材質感や光の反射などを表現し、より現実的な見た目を作る。例えば、木材の質感を再現したボタン。

立体デザイン

立体デザインは、フラットデザインの反対語である。なぜなら、このデザインは2次元ではなく、3次元の空間を利用して物事を表現する。例えば、3D映画のような立体的な視覚効果。

会話例

学校の美術の授業で

「先生、フラットデザインって何?」
「フラットデザインは、シンプルなデザインのことだよ。立体感や影をあまり使わないんだ。」

ホームページ作成の打ち合わせで

「フラットデザインを使った方がいいですか?」
「フラットデザインはシンプルで見やすいから、使うといいと思うよ。特にスマホで見る人には便利だよ。」

デザイン学校の講義で

「フラットデザインとスキュアモーフィックデザインの違いは何ですか?」
「フラットデザインはシンプルで、立体感や影を使わないデザインだよ。一方、スキュアモーフィックデザインは立体的で、物事を実物のように見せるよ。」

注意点

フラットデザインを使用する時の注意点は、シンプルすぎて情報が伝わらないことである。なぜならば、フラットデザインは立体感や影をあまり使わないからだ。

例えば、ボタンが押せるのか押せないのかが分からない場合がある。そして、色や大きさなどを工夫して情報を伝える必要がある。だから、設計段階でユーザビリティをしっかりと考えることが大切。

フラットデザインとミニマリストデザインは、間違えやすいので注意しましょう。

フラットデザインは立体感や影をあまり使わないシンプルなデザインです。

一方、ミニマリストデザインは必要最小限の要素だけを使ったデザインです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました