ディープリンクとは?ユーザビリティ向上のための機能解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • トップページ以外へのリンク
  • スマートフォンでのアプリ間リンク
  • ユーザビリティ向上の機能

ディープリンクとは、トップページ以外へのリンクです。

概要説明

ディープリンクとはトップページ以外へ直接飛ぶリンクである。なぜならば、ユーザーが目的のページに素早くたどり着けるようにするため。

例えばTwitter内のYoutubeの動画ページへリンクである。そして、アプリ間の連携も強化する。つまり、使い勝手が向上する機能である。だから、今後も増えていくと言われる。

職業職種

ウェブデザイナー

ディープリンクは、ユーザビリティ向上のツールである。なぜなら、サイト内での移動をスムーズにするため。例えば、製品ページへの直リンク。

マーケティング担当者

ディープリンクは、効率的なプロモーション手段である。なぜなら、特定の製品ページへ直接誘導できるから。例えば、セールページへの直接リンク。

アプリ開発者

ディープリンクは、アプリの機能拡張手段である。なぜなら、他のアプリとの連携を実現するため。例えば、地図アプリとレストラン予約アプリの連携。

ディープリンクの名前の「深い(Deep)」は、トップページ以外の特定の場所、つまり深い部分に直接リンクするところからきてます。

代表例

Google

Googleは、検索エンジンで有名である。なぜなら、ディープリンク技術を使い、検索結果から特定のページへ直接リンクするからだ。例えば、Google検索結果からWikipediaの特定の記事へのジャンプ。

Facebook

Facebookは、ソーシャルメディアの巨人である。なぜなら、ディープリンクを使って友達がシェアしたリンクから直接アプリやウェブサイトへ移動できるからだ。例えば、友達がシェアしたYouTubeの動画への直接アクセス。

Twitter

Twitterは、情報共有に使われる。なぜなら、ディープリンクを通じて他のウェブサイトやアプリへの迅速なアクセスを提供するからだ。例えば、ユーザーがツイートしたニュース記事への直リンク。

手順例

以下は、ディープリンクの設定手順です。

目的のページ選定

ページ選定は、最初のステップである。なぜなら、どのページにリンクしたいか決める必要があるからだ。例えば、製品の詳細ページへのリンク。

URL生成

URL生成は、リンク作成の部分である。なぜなら、正確なURLが必要だからだ。例えば、ウェブサイトの特定の部分へのURLをコピー。

リンクのテスト

リンクのテストは、必ず必要である。なぜなら、リンクが正しく動作するか確認する必要があるからだ。例えば、リンクをクリックしてみる。

埋め込み

埋め込みは、ウェブページにリンクを配置する部分である。なぜなら、リンクをクリック可能にするからだ。例えば、ホームページにリンクを貼る。

ユーザーフィードバック

ユーザーフィードバックは、改善のため重要である。なぜなら、使いやすいかどうかを知る必要があるからだ。例えば、ユーザーからの意見を収集。

類似語

ダイレクトリンク

ダイレクトリンクは、直接リンクする言葉である。なぜなら、ディープリンクと同じ意味で使われることが多いからだ。例えば、トップページではなく、特定のページへのリンク。

内部リンク

内部リンクは、同一サイト内のページ間でリンクすることである。なぜなら、ディープリンクも同様に特定のページへのリンクが可能だからだ。例えば、製品ページから関連するFAQページへのリンク。

ハイパーリンク

ハイパーリンクは、ウェブ上の文書間でのリンクである。なぜなら、ディープリンクと同じく、ウェブページ間のつながりを作るからだ。例えば、情報源への直接リンク。

反対語

シャローリンク

シャローリンクは、トップページへの直接リンクである。なぜなら、ディープリンクとは逆の動作をするからだ。例えばウェブサイトのホームページへのリンク。

表層リンク

表層リンクは、特定のページへのリンクではない。なぜなら、ディープリンクが特定のページへ直接リンクするのに対して、これはそうではないからだ。例えば一般的なウェブサイトへのリンク。

一般リンク

一般リンクは、特定の場所へのリンクでない。なぜなら、ディープリンクが特定の場所へ直接行くリンクであるのに対して、これはそうではないからだ。例えば新聞サイトのトップページへのリンク。

会話例

マーケティングチームの会議

「ディープリンクを広告にどう組み込む?」
「特定の製品ページへ直接リンクするようにする。効率的に顧客を導くからだ。」

開発者同士の対話

「このアプリのディープリンクの設定はどうすればいい?」
「特定の機能への直接アクセスを可能にするよう設定する。使いやすさが上がるからだ。」

カスタマーサポートとの対話

「このディープリンクが動かないんですが?」
「リンクが古いかもしれないので、最新のページから試してください。」

注意点

ディープリンクを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば悪意のあるサイトへ誘導される可能性があるからだ。

例えばフィッシングサイトである。そして予期せぬ料金が発生する可能性もある。だから注意深く確認しよう。

ディープリンクと一般リンクは、間違えやすいので注意しましょう。

ディープリンクは特定のページへ直接リンクすることです。

一方、一般リンクはトップページなど、特定でないページへのリンクです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました