ステークホルダーとは?相互影響の関係性を学ぼう

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ビジネス上の影響力持つ人物
  • 組織や個人に影響を与える者
  • ビジネスの利潤に関わるキーパーソン

ステークホルダーとは、ビジネス上のキーパーソンです。

概要説明

ステークホルダーとは、ビジネス上で影響力を持つ人物や組織である。 なぜなら、彼らは雇用者、顧客、市民、組織や社会に対する利潤関係を持っているからだ。

例えば、顧客は企業の商品やサービスを購入することで経済活動に貢献している。そして、市民や社会は企業の社会貢献活動や地域への影響を受ける。

つまり、ステークホルダーは、ビジネスの全体像を把握する上で重要な存在である。だから、自社のステークホルダーを理解し、適切に対応することが重要だ。

職業職種

マネージャー

ステークホルダーを理解することは、事業計画を立てる上で重要だ。なぜなら、ステークホルダーのニーズや期待を把握することで、事業の方向性を定めることができるからだ。例えば、顧客の要望を知ることで、商品開発に反映させることができる。

マーケティング担当者

ステークホルダーの視点を持つことで、より効果的なマーケティング戦略を構築できる。なぜなら、顧客やパートナー企業のニーズを把握し、それに応じたコミュニケーションを行うことができるからだ。例えば、顧客が価値を感じるメッセージを提供することで、商品やサービスの売上を向上させることができる。

プロジェクトマネージャー

ステークホルダーを管理することは、プロジェクト成功の鍵だ。なぜなら、ステークホルダー全員の意見やニーズを考慮することで、プロジェクトの方向性を明確にし、適切にリソースを管理することが可能になるからだ。例えば、チームメンバーや利害関係者の期待を理解し、それに対応するアクションを計画することで、プロジェクトのスムーズな進行を確保できる。

ステークホルダーは、英語で”stakeholder”と書き、直訳すると「賭け金を持つ人」です。

代表例

Googleのステークホルダー例です。

従業員

従業員は、Googleの重要なステークホルダーである。なぜなら、彼らがサービスや商品を作り出し、Googleのビジネスを支えているからだ。例えば、ソフトウェアエンジニアはGoogleの検索エンジンを開発している。

顧客

顧客は、Googleの重要なステークホルダーである。なぜなら、彼らがGoogleのサービスや商品を使うことで、Googleは収益を得ているからだ。例えば、私たちがGoogle検索を使うことで、Googleは広告収入を得ている。

株主

株主は、Googleの重要なステークホルダーである。なぜなら、彼らがGoogleの株を保有し、ビジネスの成長を期待しているからだ。例えば、株主は定期的に開かれる株主総会で、Googleの事業について情報を得ている。

類似語

利害関係者

利害関係者は、ステークホルダーと似ている。なぜなら、両者とも企業やプロジェクトに何らかの影響を与え、また影響を受ける者を指すからだ。例えば、商品を売る店舗は、商品の製造企業の利害関係者と言える。

関係者

関係者も、ステークホルダーと同じような意味を持つ。なぜなら、企業やプロジェクトに直接的または間接的に関わっているすべての人を指すからだ。例えば、スポーツイベントにおける関係者には、選手や観客、スポンサーなどが含まれる。

パートナー

パートナーは、特定の目的を達成するために協力関係にある者として、ステークホルダーと言える。なぜなら、彼らもまた企業やプロジェクトの成功に影響を与える存在だからだ。例えば、ビジネスパートナーは共同でビジネスを行い、その成果を分け合う。

反対語

無関係者

無関係者は、ステークホルダーの反対語である。なぜなら、ステークホルダーが企業やプロジェクトに関係がある人たちを指すのに対して、無関係者は一切の関連がない人たちを指すからだ。例えば、ある企業の経営に一切関与していない人は無関係者と言える。

旁観者

旁観者も、ステークホルダーの反対語である。なぜなら、旁観者は企業やプロジェクトの成果に直接関わりを持たない人を指すからだ。例えば、起業家の友人はそのビジネスに対して旁観者と言える。

無投資者

無投資者は、ステークホルダーの反対語である。なぜなら、ステークホルダーが何らかの形で投資を行い関与している者を指すのに対し、無投資者は何も投資を行わない者を指すからだ。例えば、株を一切保有していない人はその会社の無投資者と言える。

会話例

学校の社会科の授業中

「先生、ステークホルダーって何ですか?」
「ステークホルダーとは、ある組織やプロジェクトに影響を与えたり、影響を受けたりする人や団体のことを指すんだよ。」

親子の会話中

「パパ、仕事でステークホルダーという言葉をよく聞くけど、それは何?」
「それはね、僕の会社の事業に関わる人たち全体のことを指すんだ。例えば、僕らの従業員や顧客、そして僕たちの会社の株を持っている人たちなんだよ。」

新商品開発会議中

「この新商品のステークホルダーは誰ですか?」
「ステークホルダーは、我々開発チーム、マーケティングチーム、そしてこの商品を買う可能性のある消費者たちになるね。」

注意点

ステークホルダーを理解する時の注意点は、全ての関係者を考慮することである。なぜならばステークホルダーは直接的な関係者だけでなく間接的な関係者も含むからだ。

例えば、製品の開発には製品を製造する工場の労働者や製品を買う消費者だけでなく、製品の原材料を提供する業者もステークホルダーである。

そして、それぞれのステークホルダーが持つ権益をバランス良く考慮することが大切だ。だから、ステークホルダーを理解し、適切に管理することが重要だ。

ステークホルダーと利害関係者は、間違えやすいので注意しましょう。

ステークホルダーは企業やプロジェクトに影響を与えたり影響を受けたりする全ての人や組織を指す言葉です。

一方、利害関係者は特に利益や損失に直接的な関心を持つ人や組織を指す言葉です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました