開発環境のステージングとは?不具合を未然に防ぐ方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 本番環境に近いテスト環境
  • 開発中の問題点を見つける役割
  • 大規模システム開発に欠かせない

ステージングとは、本番直前のテスト環境です。

概要説明

ステージングとは、ほぼ本番環境と同じ状態のテスト環境である。 なぜなら、開発中のシステムが本番環境でどのように動くかを予測し、潜在的な問題を見つけ出すためだ。

例えば、大規模なシステム開発で新機能を追加するとき、ステージング環境で試すことで、本番で起こるかもしれない問題を早期に対処できる。そして、これにより本番環境でのリスクを最小限に抑える。

つまり、ステージングは開発プロセスをスムーズにし、安全にするための重要なステップである。だから、大規模なシステム開発では、ステージング環境の利用は必須となる。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、ステージングを利用する。なぜなら、開発したシステムが本番環境でどう動くかを確認し、問題を事前に見つけるためだ。例えば、新機能の実装時など。

テストエンジニア

テストエンジニアも、ステージングを使用する。なぜなら、開発されたシステムの品質確認を行い、バグや不具合を見つけるためだ。例えば、システムの機能テスト時に。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーも、ステージングの存在を理解しておくべきである。なぜなら、開発の全体フローを把握し、プロジェクトのリスクを管理するためだ。例えば、開発スケジュールの管理やリリース前の最終確認時など。

ステージングの名前の由来は、劇場の「ステージ」から。劇場のステージでは、本番前にリハーサルが行われ、本番のパフォーマンスを確認します。

代表例

Google

Googleは、ステージング環境の代表例である。なぜなら、新しい機能を本番環境に反映する前に、ステージング環境でテストを行っているからだ。例えばGoogleの新機能が出る前、必ずステージング環境で試験される。

Facebook

Facebookは、ステージングの重要性を理解している企業だ。なぜなら、ユーザーに提供する前に新しい機能やアップデートをステージング環境でテストし、バグや問題を発見するためだ。例えば新しいプライバシー設定など、問題があると大きな社会問題になるため、ステージングは必須だ。

Amazon

Amazonも、ステージング環境の活用例として有名だ。なぜなら、大量のトランザクションを扱うため、新しいサービスや機能をリリースする前に、ステージング環境でテストを行うことで、ユーザーへの影響を最小限に抑えるからだ。例えばPrime Dayなどの大型セール前には、ステージング環境で負荷テストを行う。

手順例

  1. 開発環境の設定
    開発環境を設定する。なぜなら、システムの開発や改良は開発環境で行うからだ。例えば、新しいウェブサイトのページを作る作業はここで行う。
  2. ステージング環境への移行
    開発環境で作ったものをステージング環境へ移す。なぜなら、ステージング環境は本番環境とほぼ同じ状態で、ここでテストを行うからだ。例えば、新しく作ったページが本番環境でどのように見えるかを確認する。
  3. テストの実行
    ステージング環境でテストを行う。なぜなら、ここで発見したバグや問題を修正することで、本番環境でのトラブルを防ぐからだ。例えば、新しいページが正しく表示されるか、リンクが正しく機能するかを確認する。
  4. 問題の修正
    テストで見つけた問題を修正する。なぜなら、これがステージングの目的であるからだ。例えば、表示が崩れる、リンクが切れるなどの問題を解決する。
  5. 本番環境への反映
    問題が解決したら、最後に本番環境に反映する。なぜなら、これがシステム開発の最終目標だからだ。例えば、新しいページをユーザーに公開する。

類似語

プレプロダクション

プレプロダクションは、ステージングの類似語だ。なぜなら、これも本番環境に近い環境でテストを行うための環境だからだ。例えば、映画製作でのプレプロダクションのように、本番前の最終チェックを行う。

サンドボックス

サンドボックスも、ステージングと似た意味を持つ。なぜなら、ここでも新しい機能やシステムを安全にテストできる場所を提供するからだ。例えば、子どもが遊び場で砂遊びをするように、失敗しても大丈夫な場所で試験を行う。

テスト環境

テスト環境は、ステージングと言える。なぜなら、システムやウェブサイトの機能をチェックする場所だからだ。例えば、新しい機能が正しく動くか、ユーザーが問題なく使えるかを確認する。

反対語

ステージングの反対語と言えば、本番環境になる。なぜなら、ステージングはまだ本番前の試行の場所で、本番環境はユーザーに公開される場所だから。

会話例

システム開発プロジェクトの途中で

「新しい機能を追加したけど、どこでテストすればいい?」
「ステージング環境でやってみて。本番環境とほとんど同じだから、リアルなテストができるよ。」

Webサイトリニューアルの前に

「新しいデザイン、本当に大丈夫?ユーザーにどう見えるか心配だよ。」
「大丈夫、ステージング環境でちゃんと確認してるから。ユーザーが見るのと同じ環境でテスト済みだよ。」

新しいシステムの立ち上げ前に

「リリース前の最終確認、どこでやるの?」
「ステージング環境でやるよ。ここで最後のチェックをして、問題がなければ本番環境に移すんだ。」

注意点

ステージングを使用する時の注意点は、”本番環境との違い”を理解することだ。なぜなら、ステージング環境は本番環境に非常に似ているけれど、完全に同じではないからだ。

例えば、本番環境とは異なり、ステージング環境では大量のユーザーデータにアクセスできない。だから、全てのシナリオをテストするのは難しいかもしれない。

ステージングとテスト環境の違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ステージングは本番環境とほぼ同じ設定で、本番直前のチェックに使う。

一方、テスト環境は開発中に繰り返し使う場所で、安全に試行錯誤できるように設定されています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました