UIとは?使いやすさを追求したデザインの全て

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとUIとは

  • 人とコンピュータの窓口
  • 使いやすさを設計
  • 視覚的な要素と操作性

UIとは、製品の窓口です。

概要説明

UIとは人とコンピュータがやり取りする窓口である。 なぜならば、ユーザーがプログラムやサービスを使う際に直接触れる部分だからだ。

例えば、スマホのホーム画面である。そして、使いやすさや視覚的な魅力が重要。つまり、ユーザーがストレスなく操作できるように設計されている。だから、使いやすい。

職業職種

デザイナー

デザイナーは、UIを設計する。なぜなら、ユーザーに使いやすい体験を提供するため。例えば、アイコンやボタンの配置。

エンジニア

エンジニアは、UIを実装する。なぜなら、デザイナーの設計をコードに変換して実現するから。例えば、動きや反応速度。

一般ユーザー

一般ユーザーは、UIを使う。なぜなら、アプリやウェブサイトを操作する際に直接触れるから。例えば、検索バーを使って情報を探す。

UIは、名前の由来は”User Interface”です。これは英語で「ユーザー(User)との接点(Interface)」を意味します。

UIの代表例

Apple Inc.

Appleは、UIで有名である。なぜなら、使いやすく直感的なデザインを重視しているから。例えば、iPhoneのホーム画面。

Google

Googleは、UIで名高い存在である。なぜなら、シンプルで使いやすいデザインが多いから。例えば、Google検索のインターフェース

Don Norman

Don Normanは、UIで世間に知られている。なぜなら、ユーザーエクスペリエンスデザインの先駆者であり、多くのUIに影響を与えているから。例えば、彼の著書「The Design of Everyday Things」。

手順例

以下は、スマホアプリのUIを使う基本手順です。

アプリを開く

アプリを開くは、最初のステップである。なぜなら、UIとの対話が始まるから。例えば、アイコンをタップする。

目的の機能を探す

目的の機能を探すは、次のステップである。なぜなら、何をしたいかによって操作が変わるから。例えば、メニューから「設定」を選ぶ。

操作する

操作するは、実際に何かを行うステップである。なぜなら、UIがそのために設計されているから。例えば、スライダーを動かして音量を調整する。

確認する

確認するは、操作が正しく行われたかを見るステップである。なぜなら、ミスを防ぐため。例えば、音量が変更されたか確認する。

終了する

終了するは、操作が完了した後のステップである。なぜなら、UIとの対話が一段落つくから。例えば、ホームボタンを押してアプリを閉じる。

類似語

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)

GUIは、UIの類似語である。なぜなら、UIの一種で、視覚的な要素が多いから。例えば、ウィンドウやアイコン。

UX(ユーザーエクスペリエンス)

UXは、UIの類似語である。なぜなら、UIが一部分を形成する大きな概念だから。例えば、使いやすさや感じる満足度。

ユーザーインタラクション

ユーザーインタラクションは、UIの類似語である。なぜなら、ユーザーがどのようにUIと対話するかを指すから。例えば、クリックやスワイプ。

反対語

CLI(コマンドラインインターフェース)

CLIは、UIの反対語である。なぜなら、視覚的な要素が少なく、テキストでコマンドを打ち込むから。例えば、Windowsのコマンドプロンプト。

非インタラクティブ

インタラクティブは、UIの反対語である。なぜなら、ユーザーが直接操作しないから。例えば、自動運転車。

隠蔽(インビジブル)

隠蔽は、UIの反対語である。なぜなら、ユーザーに見えない形で動作するから。例えば、バックグラウンドで動くアプリ。

UIの注意点

UIを使用する時の注意点は、使いやすさである。なぜならば、使いにくいUIはユーザーを遠ざけるからだ。例えば、ボタンが小さすぎるとクリックしにくい。そして、色やフォントも大事。だから、ユーザーテストを行う。

UIとUXは、間違えやすいので注意しましょう。

UIは、ユーザーが直接触れる部分です。

一方、UXは、ユーザーが感じる操作性を含める全体的な満足度です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました