ファインダビリティとは?サイトの訪問者に適切な情報を提供

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとファインダビリティとは

  • Web情報を手軽に見つける術
  • 検索エンジンの最適化技法
  • サイト内の導線を整えること

ファインダビリティとは、情報の発見性です。

概要説明

ファインダビリティとは情報を手軽に見つける術である。なぜならばWeb上には多種多様な情報が溢れている。

例えばショッピングサイトである。そしてユーザーは欲しい情報に迅速にアクセスしたい。時間をかけて探すのは手間で、効率的ではなく、ユーザーが離脱する。

このため、サイトの設計や内容の整理によって、ユーザーが求めている情報をすぐに見つけられるような方法が求められる。

つまり情報の発見性を高める手法が必要である。だからファインダビリティが大切。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、サイトの訪問者が求める情報にすぐアクセスできるようにするため。なぜなら、サイトの使いやすさが評価されるから。例えばトップページのレイアウト。

SEO専門家

SEO専門家は、サイトが検索エンジンで上位表示されるようにするため。なぜなら、検索エンジンの最適化は訪問者を増やす鍵だから。例えばキーワードの選定。

コンテンツライター

コンテンツライターは、読者が興味を持つコンテンツを提供するため。なぜなら、良質な内容がファインダビリティを高めるから。例えば読者の関心に合わせた記事。

ファインダビリティは、名前の由来は英語の「Findability」からきています。これは「発見できる能力や特性」を意味します。

ファインダビリティの代表例

Google

Googleは、検索エンジンの巨人である。なぜなら、Web上の情報を瞬時に検索し、関連性の高い結果を提供するから。例えばGoogle検索。

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングのリーダーである。なぜなら、商品の検索から購入までの流れがスムーズで、多くのユーザーレビューが参照できるから。例えばAmazonの商品検索バー。

Wikipedia

Wikipediaは、無料のオンライン百科事典である。なぜなら、多くの情報を手軽に検索でき、ユーザーが自由に編集・寄稿できるから。例えばWikipediaの検索バー。

手順例

以下は、ファインダビリティを高める手順です。

目的の定義

目的の定義は、サイトの目標を明確にすることである。なぜなら、方向性が定まり、何に重点を置くべきかが分かるから。例えば、商品の販売を主目的とするか、情報提供を主目的とするか。

キーワードの選定

キーワードの選定は、検索エンジンでの表示順位を向上させるためである。なぜなら、ユーザーが検索するキーワードに合わせて内容を作成すると、サイトが上位に表示されやすくなるから。例えば、特定の商品名やジャンルのキーワード。

コンテンツの整理

コンテンツの整理は、ユーザーが情報を探しやすくすることである。なぜなら、整理された情報は迷わずにアクセスできるから。例えば、カテゴリーやタグの利用。

導線の検討

導線の検討は、ユーザーが次の情報へと自然に移行する流れを作ることである。なぜなら、サイト内での移動をスムーズにすると、ユーザーが長くサイトを利用する可能性が上がるから。例えば、関連する記事や商品のリンクの配置。

定期的な評価と改善

定期的な評価と改善は、時代やユーザーのニーズに合わせてサイトを最適化することである。なぜなら、常に最良の体験を提供するためには、継続的な見直しと更新が必要だから。例えば、アクセス解析のデータを基にした改善。

類似語

検索最適化(SEO)

検索最適化は、Webページが検索エンジンでのランキングを向上させるための手法である。なぜなら、特定のキーワードでの表示順位を上げることで、多くのユーザーにページを見てもらう確率が上がるから。例えば、メタタグの最適化や高品質なコンテンツの作成。

ユーザビリティ

ユーザビリティは、サイトの使いやすさを指す言葉である。なぜなら、使いやすいサイトはユーザーにとって魅力的であり、再訪率や滞在時間を増やす助けとなるから。例えば、簡単なナビゲーションや分かりやすいデザイン。

アクセシビリティ

アクセシビリティは、情報やサービスがすべての人に平等に利用可能である状態を指す言葉である。なぜなら、障害を持つ人々も含め、多くの人々に情報を提供することが求められるから。例えば、スクリーンリーダーに対応したサイト設計。

反対語

不可視性

不可視性は、情報がWeb上で隠れている状態である。なぜなら、ユーザーが探しても見つけにくいからだ。例えば、SEO対策が不十分なサイト。

隠蔽性

隠蔽性は、情報が意図的に隠されている状態である。なぜなら、特定の情報を特定のユーザーだけに知らせたい場合などがあるからだ。例えば、非公開のページ。

取得困難性

取得困難性は、情報を取得するのが難しい状態である。なぜなら、情報が散らばっているか、適切なキーワードでの検索が難しいからだ。例えば、古い記事やデータベースの中の情報。

ファインダビリティのファインダビリティ注意点

ファインダビリティを使用する時の注意点は過度なSEO対策である。なぜならば、検索エンジンにペナルティを受ける可能性があるからだ。

例えば、キーワードの過度な詰め込みや不自然なリンク作成である。そして、ユーザーの体験を損なうこと。だから、バランスを取ることが大切。

ファインダビリティとアクセシビリティは、間違えやすいので注意しましょう。

ファインダビリティは、情報が見つけやすいことです。

一方、アクセシビリティは、情報やサイトが利用しやすいことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました