プロダクトポートフォリオマネジメントとは?事業再編時の必須知識!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプロダクトポートフォリオマネジメント

  • 事業再編時の経営分析手法
  • 製品や資産を4つに分析
  • 市場成長率と顧客シェアの交差点

ロダクトポートフォリオマネジメントとは、事業再編の分析手法です。

概要説明

プロダクトポートフォリオマネジメントとは事業再編時の経営分析手法である。なぜならば、自社の製品や全資産を理解し、効果的な経営戦略を練るためだ。

例えば製品の「市場成長率」と「市場シェア率」を分析することで、ビジネスの方向性を見極めることができる。そしてこれらの分析結果を基に、事業の資源配分や戦略を考え直す。

つまり、企業の競争力を高めるための手段である。だから、多くの経営者や経営コンサルタントがこの手法を取り入れている。

プロダクトポートフォリオマネジメント図解

4つの分類

問題児

このカテゴリーの製品やサービスは、高い市場の成長率を持つが、市場シェアは低い。つまり、市場自体は急速に拡大しているが、その中での自社製品の存在感はまだ薄い。このため、多くのリソースや投資が必要となることが多い。
問題児に分類される製品は、市場の成長率が高く、ポテンシャルがある。したがって、適切な戦略や投資を行うと、市場シェアを高め、花形に変化する可能性がある。逆に、適切な戦略が取れない場合は、負け犬に落ち込むリスクもある。

負け犬

市場の成長率が低く、市場シェアも低い製品やサービスを指す。これは、成熟した市場での競争が激しく、かつ、自社の製品が市場での地位を築けていない状態を示す。これらの製品は、再投資の判断が難しい場合が多い。
負け犬は、市場の成長率も市場シェア率も低いため、大きな変化を遂げるには、製品の大きな再構築や市場の再定義が必要となる。適切な戦略や革新的なアイディアによって、新しい市場の成長機会を掴むことで問題児や花形に変わる可能性もあるが、多くの場合は撤退や事業の再構築が検討される。

花形

市場の成長率が低く、市場シェアも低い製品やサービスを指す。これは、成熟した市場での競争が激しく、かつ、自社の製品が市場での地位を築けていない状態を示す。これらの製品は、再投資の判断が難しい場合が多い。
花形は市場の成長率と市場シェアがともに高いため、継続的に投資を行い、成長を支える。しかし、市場が成熟してくると、製品は次第に金のなる木へと移行する。これは、市場の成長率が下がるが、市場シェアは維持されるためである。

金のなる木

市場の成長率は低いが、市場シェアが高い製品やサービスを指す。成熟した市場で、安定した収益を上げ続けている製品の状態を示す。これらの製品は、定期的なメンテナンスや更新を行いつつ、安定した利益をもたらすものとなる。
金のなる木は安定した収益をもたらすが、新たな革新や技術の変化により、市場自体が縮小する場合や競合により市場シェアを奪われると、負け犬になるリスクがある。そのため、新しい製品の開発や市場の拡大、顧客関係の強化などの戦略が必要となる。

職業職種

経営者

経営者は、プロダクトポートフォリオマネジメントを使用する。なぜなら、経営戦略を練るため。例えば事業再編時に製品の方向性を決めるとき。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、プロダクトポートフォリオマネジメントを導入することを提案する。なぜなら、顧客企業の競争力を高める手段として。例えば事業の再構築や新規事業開始の際。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、市場の動向や競合の動きを分析するためにプロダクトポートフォリオマネジメントを利用する。なぜなら、製品の位置付けやマーケティング戦略を考える材料として。例えば新製品の市場投入時など。

プロダクトポートフォリオマネジメントは、名前の由来は”製品群や資産の経営戦略における管理や分析”の意味から来ています。

プロダクトポートフォリオマネジメントの代表例

ボストンコンサルティンググループ (BCG)

ボストンコンサルティンググループは、経営コンサルティングの先駆者である。なぜなら、1970年代にプロダクトポートフォリオマネジメントを提唱し、今日までの経営戦略に革命をもたらしたから。例えば「問題児」「負け犬」「花形」「金のなる木」というカテゴリーを作った。

McKinsey & Company

McKinseyは、経営コンサルティングのリーダーである。なぜなら、多くの企業の経営戦略の策定をサポートし、新たなビジネスモデルや手法を提供してきたから。例えば彼らの「McKinsey 7S Framework」は、組織の効果的な運営のための手法として有名だ。

Adobe

Adobeは、デジタルクリエイティブソフトウェアのリーダーである。なぜなら、PhotoshopやIllustratorといった製品で業界をリードしてきたから。例えば彼らの「Adobe Creative Cloud」は、クリエイターたちの間で必須のツールとなっている。

手順例

以下は、プロダクトポートフォリオマネジメントの手順です。

製品・事業のリストアップ

最初に、企業が展開している製品や事業をすべてリストアップする。なぜなら、全体像を把握することが重要だから。例えば手掛けている10の製品を一覧にする。

市場の成長率の調査

それぞれの製品や事業の市場の成長率を調査する。なぜなら、市場の動向を正確に理解することが必要だから。例えば新興市場や成熟市場を特定する。

自社の市場シェアの確認

各製品や事業の市場における自社のシェアを調査する。なぜなら、自社の位置を正確に知ることで、戦略を練る際の指針となるから。例えば競合とのシェアの差を計測する。

四つのカテゴリに分類

調査したデータを基に、製品や事業を「問題児」「負け犬」「花形」「金のなる木」の4つに分類する。なぜなら、これにより経営資源の振り分けや戦略の方向性を決めやすくなるから。例えば高成長かつ低シェアの製品を「問題児」として認識する。

戦略の策定

分類した結果を元に、各製品や事業の戦略を策定する。なぜなら、事業の成長や退避、資源の配分を決めるための方針が必要だから。例えば「花形」の製品に資金を集中投資する方針を立てる。

類似語

事業ポートフォリオ

事業ポートフォリオは、企業が展開しているすべての事業や製品の組み合わせである。なぜなら、それらの事業や製品が企業の総資産として考えられるから。例えば複数のビジネスユニットを持つ大企業の事業構成。

経営戦略

経営戦略は、企業の長期的な方向性や目標を定める計画である。なぜなら、これをもとに経営資源の振り分けや事業の選択、成長戦略などが決定されるから。例えば新市場への参入やM&Aの方針。

事業分析

事業分析は、企業の事業や製品の競争力や市場の状況を詳しく調査・分析することである。なぜなら、企業の強みや弱み、機会や脅威を明らかにするための手法だから。例えばSWOT分析PEST分析

反対語

集中

集中は、一つのことだけに焦点を当てることである。なぜなら、他の要因や製品に気を取られず、特定の目的や製品の成果を最大化するためだ。例えば、新しい商品の開発に専念すること。

無計画

無計画は、事前に計画や戦略を練らないことである。なぜなら、未来の行動や目的が明確でないためだ。例えば、突然の商品の発売やサービスの提供。

単一

単一は、多様性や多数の選択肢がないことである。なぜなら、他の選択肢や変動要因を考慮せず、一つのものに絞り込むためだ。例えば、一つの商品だけを売る店。

プロダクトポートフォリオマネジメントの注意点

プロダクトポートフォリオマネジメントを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、間違ったデータに基づいて分析すると誤った結論を導き出す可能性があるからだ。

例えば、市場の成長率を過大評価すると、資源の無駄使いが発生することがある。そして、全体のバランスが乱れる。だから、常に正確なデータを元に分析することが大切。

プロダクトポートフォリオマネジメントと事業ポートフォリオマネジメントは、間違えやすいので注意しましょう。

プロダクトポートフォリオマネジメントは、製品群や全資産の分析です。

一方、事業ポートフォリオマネジメントは、ビジネスユニットや事業の組み合わせを管理・最適化することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました