ハクティビストとは?政府との攻防、ウィキリークスやアノニマスの実態を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハクティビストとは

  • 社会的主張を伝えるハッキング集団
  • ウィキリークスやアノニマスが代表例
  • 近年は少数精鋭の活動に

ハクティビストとは、社会的なハッキング活動家です。

概要説明

ハクティビストとは社会的、政治的な主張を伝えるためのハッキングを行う集団である。 なぜならば、彼らは情報の公開を通じて社会を変える力を持つと信じているからだ。

例えばウィキリークスは国家間の機密文書を公開し、アノニマスはミサイル実験を行う国のサイトをハッキングする。そして、これらの行動には彼ら独自の正義や価値観が背景にある。

つまり、ハクティビストは情報を武器にした社会改革者である。だから、その動向を注視する必要がある。

職業職種

情報セキュリティ専門家

情報セキュリティ専門家は、ハクティビストの攻撃を防ぐための専門家である。なぜなら、彼らのサイバー攻撃は高度であり、企業や政府の情報を守るために彼らの動きを常に監視し、対策を立てる必要があるからだ。例えば、最新のセキュリティ対策の導入やハッキングのトレンドの解析を行う。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、ハクティビストが公開する情報の真偽を確認し、正確な情報を伝える役割がある。なぜなら、彼らの情報は時に社会に大きな影響を与えるため、その内容の正確性が求められるからだ。例えば、ウィキリークスが公開した文書の内容の検証や、背景情報の取材を行う。

活動家

活動家は、ハクティビストの情報をもとに、社会的な変革を求める活動を行う。なぜなら、彼らの情報は時に政府の不正や企業の不祥事を暴露することがあるからだ。例えば、環境問題や人権問題など、多岐にわたるテーマでのデモや運動を行う。

ハクティビストは、名前の由来は「Hacking(ハッキング)」と「Activist(活動家)」の組み合わせです。

ハクティビストの代表例

ウィキリークス

ウィキリークスは、機密文書の公開で知られる。なぜなら、多くの国家の機密情報を漏洩させたから。例えばアメリカの外交文書を公開したこと。

アノニマス

アノニマスは、ハクティビストの集団である。なぜなら、政治的な主張をサイバー攻撃で表現するから。例えば、様々な企業や政府のサイトをハッキングしたこと。

エドワード・スノーデン

エドワード・スノーデンは、アメリカのNSAの内部告発者である。なぜなら、大規模な監視プログラムの存在を明らかにしたから。例えばPRISMという監視プログラムの情報をリークしたこと。

手順例

以下は、ハクティビスト活動の基本手順です。

情報収集

情報収集は、攻撃の前段階である。なぜなら、目的の組織やサイトの脆弱性を探るため。例えば、公開されている情報からサーバーの情報を得ること。

攻撃計画

攻撃計画は、具体的な方法を決める段階である。なぜなら、効果的な攻撃を行うため。例えば、どの脆弱性を狙ってどう攻撃するかを決定すること。

実行

実行は、計画通りの攻撃を開始する段階である。なぜなら、主張を伝えるため。例えば、サイトに不正ログインし情報を盗み出すこと。

情報公開

情報公開は、得た情報や主張を広める段階である。なぜなら、世間に問題を知らせるため。例えば、ウェブサイトやSNSでリークしたデータを共有すること。

隠匿

隠匿は、自身の足跡を消す作業である。なぜなら、逮捕や報復を避けるため。例えば、使用したコンピュータやアカウントの情報を消去すること。

類似語

サイバーテロリスト

サイバーテロリストは、インターネットを使ったテロ行為を行う人々である。なぜなら、政治的・社会的な目的でサイバー攻撃を行うから。例えば、重要なインフラを狙った攻撃をすること。

ハッカー

ハッカーは、コンピュータのセキュリティを突破する専門家である。なぜなら、技術を持ってシステムに侵入するから。例えば、セキュリティの穴を見つけデータを盗むこと。

ウィスルブロワー

ウィスルブロワーは、組織の内部から不正や問題を暴露する人々である。なぜなら、公共の利益のためにリスクを冒して情報を公開するから。例えば、エドワード・スノーデンのように国家の秘密をリークすること。

反対語

サイバー防衛専門家

サイバー防衛専門家は、ハッキングやクラッキングから情報を守る人である。なぜなら、ハクティビストが情報を盗むのに対し、彼らは情報を守るからだ。例えば、企業のセキュリティ担当者。

一般ユーザー

一般ユーザーは、サイバー攻撃を行わない人である。なぜなら、特定の技術的な知識や主張を持たない普通のユーザーだから。例えば、日常的にインターネットを楽しむ人。

ホワイトハットハッカー

ホワイトハットハッカーは、技術を良い目的のために使う人である。なぜなら、彼らはセキュリティの脆弱性を発見し、修正を提案するから。例えば、バグ報奨金プログラムに参加する専門家。

ハクティビストの注意点

ハクティビストを理解する時の注意点は誤解である。なぜならば彼らはただの犯罪者ではなく、何かを伝えたいと思って行動するからだ。

例えば、社会の不正を暴くため。そして、彼らの行動は法的には違法となることも多い。だから注意深く情報を収集し、判断することが必要。

ハクティビストとサイバー犯罪者は、間違えやすいので注意しましょう。

ハクティビストは、社会的、政治的な主張を伝えるために行動する人です。

一方、サイバー犯罪者は、金銭的利益や個人的な動機から行動する人です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました