スコープとは?ソフトウェア開発の範囲管理を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • プロジェクトの範囲を示す
  • プロジェクトと成果物、二つの種類がある
  • 期限内納品と予算管理に役立つ

スコープとは、プロジェクトの範囲です。

概要説明

スコープとはプロジェクトの範囲を示すものである。 なぜなら、具体的に何を達成するための道筋となるからだ。

例えば、新しいソフトウェアを開発するプロジェクトで、どの機能を持たせ、どれだけの期間と予算で完成させるかを決めるのがスコープだ。

そして、変更があった時もこのスコープに基づいて調整する。つまり、スコープはプロジェクトのガイドラインである。だから、プロジェクトの成功には欠かせない。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、スコープを使う。なぜなら、スコープがプロジェクトの計画、進行、管理のための基準となるからだ。例えば、予算や納期、成果物の詳細を定める時にスコープを参照する。

開発者

開発者は、スコープを使う。なぜなら、何をどう開発すべきかを示す指針となるからだ。例えば、スコープが示す成果物の要件に基づいてソフトウェアの設計やコーディングを行う。

ステークホルダー

ステークホルダーは、スコープを使う。なぜなら、プロジェクトの進捗と成果物の状況を理解するためだ。例えば、スコープに基づいて進捗報告を受け、プロジェクトの方向性を確認する。

スコープは、名前の由来は英語の”scope”からきていて、その意味は”見通し”や”範囲”です。

代表例

Google

Googleは、ウェブ検索のスコープを広げた会社。なぜなら、単なるウェブページの検索だけでなく、画像、動画、学術論文など、様々な情報を検索できるから。例えば、Google Scholarは学術論文の検索に使われる。

Amazon

Amazonは、スコープを商品販売から広げた企業。なぜなら、書籍販売からスタートして今や電子書籍、音楽、映画、家電、食品といった様々な商品を取り扱うようになったから。例えば、Amazon Prime Videoでは映画やドラマを楽しめる。

Elon Musk

Elon Muskは、複数のビジネスのスコープを広げる人。なぜなら、電気自動車のTesla, 宇宙旅行のSpaceX, トンネル掘削のThe Boring Companyなど、様々な分野でビジネスを展開しているから。例えば、SpaceXでは宇宙旅行の民間化を進めている。

手順例

目標設定

プロジェクトの目標を明確にする。なぜなら、明確な目標があると具体的な成果物が見えてくるから。例えば、新商品の開発プロジェクトでは、「新しいスマートフォンを作る」が目標となる。

要件定義

必要な機能や仕様をリストアップする。なぜなら、これが成果物スコープを定める基本となるから。例えば、スマートフォンの機能として「高解像度のカメラ」や「大容量バッテリー」などをリストアップする。

作業スコープの設定

どのような作業をして目標を達成するかを決める。なぜなら、これがプロジェクトスコープになるから。例えば、「デザイン作成」「部品調達」「組み立て」「テスト」といった作業を設定する。

期限と予算の設定

目標達成までの期限と予算を決める。なぜなら、スコープは期限と予算に収まるように管理しなければならないから。例えば、開発期間は一年、予算は10億円と設定する。

スコープの見直し

プロジェクトが進行する中でスコープを見直す。なぜなら、予想外の問題が出てきたり新たな要件が出てくる可能性があるから。例えば、新技術の導入や予算超過への対応など。

類似語

範囲

「範囲」は、スコープの日本語訳である。なぜなら、スコープは英語で「範囲」を意味するから。例えば、プロジェクトの範囲を定める時にスコープという言葉を使う。

領域

「領域」は、スコープに近い意味を持つ。なぜなら、特定の分野や分野内の具体的な内容を指すから。例えば、研究の領域やビジネスの領域といったように使われる。

範囲

「範囲」もスコープと同じように「限定された範囲」を指す。なぜなら、一定の範囲内で何かを行うという意味を持つから。例えば、テストの範囲や研究の範囲といったように使われる。

反対語

全体

全体は、スコープの反対語である。なぜなら、スコープは特定の範囲を指すが、全体は範囲に制限がないからだ。例えば、プロジェクトのスコープは特定のタスクを含むが、全体はプロジェクトの全タスクを含む。

無制限

無制限も、スコープの反対語だ。なぜなら、スコープが特定の範囲を決めるのに対し、無制限は何も制約がないからだ。例えば、データのスコープは特定のデータに限られるが、無制限はどのデータでもアクセス可能だ。

全域

全域もまた、スコープの反対語である。なぜなら、スコープが特定の区域を指すのに対して、全域は範囲全体を示すからだ。例えば、ネットワークのスコープは特定のネットワーク領域に制限されるが、全域はネットワーク全体を示す。

会話例

プロジェクトのスコープの設定について

「このプロジェクトのスコープは何ですか?」
「このプロジェクトのスコープは、新しいウェブサイトの設計と開発、そしてテスト段階までとします。」

スコープ変更の要求について

「新たに追加の機能を提案したいのですが、スコープに影響しますか?」
「はい、それはスコープに影響します。追加の機能は新たな作業と時間が必要になるため、スコープ変更の手続きが必要です。」

成果物スコープについて

「成果物スコープとは何ですか?」
「成果物スコープとは、このプロジェクトで作り出す具体的な成果物、つまり何を作るかを明確にしたものです。今回の場合、新しいウェブサイト自体が成果物となります。」

注意点

スコープを設定する時の注意点は明確性と詳細さである。なぜならば曖昧なスコープは、期待と実際の成果物の間にギャップを生む可能性があるからだ。

例えば、”高品質なウェブサイトを作る”というスコープは抽象的すぎて、具体的に何をすべきかがわからない。そして、詳細にスコープを記述することで、全員が理解しやすくなる。

だから、スコープ設定時は明確かつ詳細に。

スコープと範囲は、間違えやすいので注意しましょう。

スコープはプロジェクト管理の一部で、特定の作業を指します。

一方、範囲は一般的な用語で、広く一連の要素を含む可能性があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました