OKRとは?目標達成のためのフレームワーク解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとOKR

  • 目標(Objectives)を明確にする
  • 主要な成果(Key Results)を設定する
  • チームや個人に割り当てる

OKRとは、目標と成果を明確にして達成するフレームワークです。

概要説明

OKRとは目標と主要な成果を明確にするフレームワークである。 なぜならば、目標達成には明確な計画と評価が必要だから。例えば、売上を倍にするという目標に対して、どのような行動が必要かを具体的にする。そして、その成果を定期的にチェックする。つまり、計画と評価を一体化する手法である。だから、目標達成が効率的になる。

各レベルのOKR

会社レベルのOKR

会社レベルのOKRは、全体のビジョンや戦略を明確にする。これが基本となり、部門や個人のOKRに繋がる。
例:EC会社
目標(Objective): 年間売上を前年比で20%増加させる
主要な成果(Key Results):①新規顧客を10,000人獲得する②ユーザーの再購入率を5%向上させる③カート放置率を10%減らす。

部門レベルのOKR

部門レベルのOKRは、会社の目標にどう貢献するかを明確にする。会社のOKRを達成するために、各部門が何をすべきかを決める。
例:マーケティング部門
目標(Objective): 新規顧客獲得を強化する
主要な成果(Key Results):①SNS広告でのクリック数を20%増加させる②メールマーケティングの開封率を25%にする③キャンペーンのコンバージョン率を15%にする。

個人レベルのOKR

個人レベルのOKRは、自分が部門や会社の目標にどう貢献するかを明確にする。これは自分自身の成長と、チームや会社の目標達成に直結する。
例:マーケティング担当者
目標(Objective): SNS広告の効果を最大化する
主要な成果(Key Results):①広告のクリック数を前月比で10%増加させる②広告のCTR(クリックスルーレート)を2%にする③広告予算のROI(投資対効果)を150%にする。

このように、会社、部門、個人のOKRは連動しています。会社の目標達成のために、部門と個人がどう動くかが明確になる。これがOKRの強みです。

職業職種

経営者

OKRは、経営戦略の明確化である。なぜなら、会社全体の方向性を示すから。例えば、年間の売上目標。

マネージャー

OKRは、チームの目標設定である。なぜなら、メンバーの仕事を整理し、目標に集中させるから。例えば、プロジェクトの納期。

個々の従業員

OKRは、個人の成長と評価である。なぜなら、自分自身のスキルや成果を明確にするから。例えば、スキルアップのための研修。

OKRの名前の由来は、”Objectives and Key Results”の頭文字を取ったものです。

OKRの代表例

DeNA

DeNAは、OKRで有名である。なぜなら、全社員がOKRを使って目標管理を行っているからだ。例えば、新規事業の成長や既存サービスの改善にOKRが活用されている。

メルカリ

メルカリは、OKRで名高い存在である。なぜなら、OKRを導入して急速に成長したからだ。例えば、年間の大目標を細かいKRsに分けて、チームごとに取り組んでいる。

John Doerr

John Doerrは、OKRで世間に知られている。なぜなら、彼がGoogleにOKRを紹介し、多くの企業が採用するきっかけを作ったからだ。例えば、彼の著書「Measure What Matters」はOKRについて詳しく解説している。

手順例

以下は、OKRの基本的な設定手順です。

ビジョンの確認

ビジョンは、会社やチームが目指すべき未来である。なぜなら、OKRはビジョンに繋がる目標を設定するからだ。例えば、5年後には業界トップになる、といったビジョン。

目標(Objective)の設定

目標は、達成したい大きな成果である。なぜなら、これがOKRのOになるからだ。例えば、年間売上を20%増加させる。

主要な成果(Key Results)の設定

主要な成果は、目標達成のためのステップである。なぜなら、これがOKRのKRになるからだ。例えば、新規顧客を1000人獲得する。

進捗のチェック

進捗は、定期的に確認するものである。なぜなら、目標に近づいているかを知るためだ。例えば、毎週のチームミーティングで進捗を共有する。

反省と次のステップ

反省は、OKRの期間が終わった後に行う。なぜなら、次のOKR設定に生かすためだ。例えば、達成できなかったKRsとその理由を考える。

類似語

KPI(Key Performance Indicator)

KPIは、OKRの類似語である。なぜなら、両方とも目標達成のための指標を設定するからだ。例えば、KPIは数字でのみ測るが、OKRは数値だけでなく質的な目標も含む。

MBO(Management by Objectives)

MBOは、OKRの類似語である。なぜなら、目標設定とその達成に焦点を当てる手法だからだ。例えば、MBOは個々の業績評価に繋がるが、OKRはチームや会社全体の目標に繋がる。

PDCAサイクル

PDCAサイクルは、OKRの類似語である。なぜなら、計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)のサイクルで目標達成を目指すからだ。例えば、PDCAは短期的な改善に使うが、OKRは中〜長期的な目標に使う。

反対語

無計画

無計画は、OKRの反対語である。なぜなら、OKRは目標と成果を明確に設定するが、無計画はその逆だからだ。例えば、何をどう達成するのか考えずに行動する。

短期集中

短期集中は、OKRの反対語である。なぜなら、OKRは中長期の目標に焦点を当てるが、短期集中は即効性だけを求めるからだ。例えば、今日やこの週の成果だけを追い求める。

個人主義

個人主義は、OKRの反対語である。なぜなら、OKRはチームや組織全体の目標を重視するが、個人主義は自分だけの目標しか考えないからだ。例えば、自分が良ければそれでいいという考え方。

OKRの注意点

OKRを使用する時の注意点は、過度なプレッシャーをかけないことである。なぜならば、プレッシャーが高すぎるとチームのモチベーションが下がるからだ。例えば、100%達成しないといけないという考えは避ける。そして、失敗から学ぶ文化を作る。だから、達成率が低くても次に生かす。

OKRとKPIは、間違えやすいので注意しましょう。

OKRは、目標とその達成手段を設定します。

一方、KPIは、パフォーマンスを測る指標です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました