ディザスタリカバリとは?システム復旧の重要なステップ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 災害からシステムを復旧する手法
  • ビジネスの中断を防ぐツール
  • 短時間で復旧させるための手順

ディザスタリカバリとは、災害復旧の手段です。

概要説明

ディザスタリカバリとは災害からシステムを復旧させる手法である。なぜならば、災害はビジネスを中断させる可能性があるからだ。

例えば、地震によってサーバがダウンした場合でも、ディザスタリカバリの手順により早期に復旧することができる。そして、データやトランザクションの差分を少なくし、復旧に必要な工数を減らす。

つまり、ビジネスの継続性を保つ上で極めて重要な要素である。だから、ディザスタリカバリは大規模ビジネスにとっては必須の手段となる。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ディザスタリカバリを使用する。なぜなら、システムの運用と安定性を担当しているからだ。例えば、自然災害やハッキングによりシステムが停止した場合、彼らはディザスタリカバリの手順に従い、システムを迅速に復旧させる。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、ディザスタリカバリを推奨する。なぜなら、彼らはクライアントのビジネス継続性とリスク管理をサポートするからだ。例えば、彼らはディザスタリカバリの重要性を説明し、適切なディザスタリカバリ計画の策定を助ける。

CIO(最高情報責任者)

CIOは、ディザスタリカバリを承認する。なぜなら、彼らは全社的なIT戦略を担当し、リスク管理を含むビジネスの全体像を把握しているからだ。例えば、彼らは予算や人材を調整し、必要なディザスタリカバリの実施を可能にする。

ディザスタリカバリの名前の由来は、英語の”Disaster”(災害)と”Recovery”(復旧)から来ています。これらの言葉が示すように、ディザスタリカバリは災害が起きた時にシステムを復旧させるための重要な手段です。

代表例

IBM

IBMは、ディザスタリカバリのリーディングカンパニーである。なぜなら、彼らは先進的なソリューションと深い専門知識を提供しているからだ。例えば、IBM Resiliency Servicesは企業がビジネスを途切れることなく運営を続けることを可能にする。

Amazon Web Services (AWS)

Amazon Web Servicesは、クラウドベースのディザスタリカバリサービスで有名である。なぜなら、安全性と拡張性を兼ね備えたサービスを提供しているからだ。例えば、AWS Disaster Recoveryはデータを保護し、災害時に迅速な復旧を可能にする。

Microsoft Azure

Microsoft Azureは、ディザスタリカバリサービスの分野で評価されている。なぜなら、彼らのサービスは、ユーザが災害から迅速に回復できるように設計されているからだ。例えば、Azure Site Recoveryは、ビジネスの継続性を保つための強力なツールを提供する。

手順例

  1. リスク評価とビジネス影響分析(BIA
    リスク評価とビジネス影響分析は、ディザスタリカバリ計画の最初のステップである。なぜなら、これにより、最も重要なシステムとプロセスを特定し、それらがダウンするとビジネスにどれだけの影響を与えるかを理解することができるからだ。例えば、財務システムや顧客データベースなど。
  2. 復旧戦略の開発
    復旧戦略の開発は、災害後にシステムをどのように復旧するかを決定するステップである。なぜなら、これにより、システムが停止した場合の対応策を策定できるからだ。例えば、バックアップを取る頻度や、バックアップデータをどこに保存するかなど。
  3. 計画の作成
    計画の作成は、ディザスタリカバリプロセスの全体を詳述する文書を作成するステップである。なぜなら、この文書があれば、災害発生時に必要な手順を全員が理解し、迅速に行動できるからだ。例えば、どのチームが何をするべきか、どの順番で行動すべきかなどを明記する。

類似語

ディザスタリカバリの類似語としては、”BCP(Business Continuity Planning)”や”コンティンジェンシープラン”、”リカバリプラン”などがある。

BCP(Business Continuity Planning)

BCPは、災害時にビジネスを続けるための計画だ。なぜなら、ビジネスの継続は企業の生命線だからだ。例えば、火災が発生した場合でも、BCPに基づいて行動することで、ビジネスを停止せずに続けることができる。

コンティンジェンシープラン

コンティンジェンシープランは、予期せぬ事態に対応するための計画だ。なぜなら、突然の事態に迅速に対応できる体制を整えることが必要だからだ。例えば、システム障害が発生した場合でも、コンティンジェンシープランに基づいて行動することで、問題の解決と業務の回復を早めることができる。

リカバリプラン

リカバリプランは、何かがうまくいかなかったときにどうするかの計画だ。なぜなら、問題が起きたときに迅速に対応するためには、あらかじめ計画を立てておくことが重要だからだ。例えば、データセンターがダウンした場合でも、リカバリプランに基づいて行動することで、サービスを速やかに回復させることができる。

反対語

ディザスタリカバリの反対語は具体的な単語は存在しないが、概念的な反対語として”リスク無視”や”非対策”、”準備不足”を考えることができる。

リスク無視

リスク無視は、問題が起きる可能性を無視する行為だ。なぜなら、ディザスタリカバリは災害が起きたときの対策を考えることだからだ。例えば、会社が火災保険をかけずに火災が起きたとき、その損失を補う手段がない。

非対策

非対策は、問題が起きたときの対策を何も立てていない状態だ。なぜなら、ディザスタリカバリは問題が起きたときの対策を立てることだからだ。例えば、サーバが落ちたときに何も対策がないと、業務が停止してしまう。

準備不足

準備不足は、問題が起きたときに対応するための準備が不十分な状態だ。なぜなら、ディザスタリカバリは問題が起きたときに迅速に対応するための準備をしておくことだからだ。例えば、災害が起きたときに避難経路が確保されていなければ、避難が難しくなる。

会話例

ITコンサルタントとクライアントとの打ち合わせ

「ディザスタリカバリって具体的に何をするんだ?」
「それは自然災害や人為的なトラブルから、システムを早急に復旧するための一連の行動のことさ。」

学生がITの授業で質問

「ディザスタリカバリって中学生にもわかるように説明してもらえる?」
「大雨で学校が水浸しになったとき、すぐに授業ができるようにするための準備や行動のことを考えてみて。それがディザスタリカバリだよ。」

社内ミーティングでの質問

「ディザスタリカバリの手順はどうなってるの?」
「まずは被害を把握し、次に必要な復旧作業を計画し、最後にその計画に沿ってシステムを復旧させるよ。」

注意点

ディザスタリカバリを行う時の注意点は事前の準備である。なぜならば、災害は予期せぬタイミングで訪れ、その後の復旧作業のスピードがビジネスの停止時間に直結するからだ。

例えば、バックアップの定期的な取得や復旧作業の手順書の作成は欠かせない。そして、この準備作業は定期的に見直し、更新することが重要だ。

だから、ディザスタリカバリは一度設定したら終わりではなく、常に最新の状態を保つための作業が必要である。

ディザスタリカバリとBCPは、間違えやすいので注意しましょう。

ディザスタリカバリは災害後のITシステムの復旧手段です。

一方、BCP(Business Continuity Planning)は、災害発生時にビジネスを継続するための全体的な計画です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました