プログレスインジゲーターとは?ユーザ離脱を防ぐデザイン

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプログレスインジゲーターとは

  • ユーザの待ち時間を示すマーク
  • サイトの進行状況を視覚的に伝える
  • 離脱率を抑えるデザイン手法

プログレスインジゲーターとは、ユーザの待ち時間を視覚的に伝えるものです。

概要説明

プログレスインジゲーターとはユーザがとった行動の進行状況を示すものである。なぜならば、サイトやアプリの読み込みや処理が進行中かどうかをユーザに知らせることで、ユーザの不安やイライラを和らげるためだ。

例えば砂時計マークや光がぐるぐる回る円形マークである。そして、これらのインジゲーターは離脱率を抑える効果も持つ。つまり、良いユーザ体験の提供に繋がる。

だからサイトやアプリのデザインに欠かせない。

イメージ図

プログレスインジゲーターの表示例
プログレスインジゲーターの表示例

職業職種

Webデザイナー

プログレスインジゲーターは、サイトのユーザ体験を高めるツールである。なぜなら、ユーザがサイト上で何を待っているのかを視覚的に伝えるからだ。例えば、ファイルのアップロード中を示す。

アプリ開発者

プログレスインジゲーターは、アプリの操作性を向上させるものである。なぜなら、進行中のタスクや処理を明示することで、ユーザが次の行動を予測しやすくするからだ。例えば、データ同期中の表示。

UXリサーチャー

プログレスインジゲーターは、ユーザのサイトやアプリに対する評価を上げる要因である。なぜなら、待ち時間や進行中の状態を理解させることで、ユーザの不安やストレスを減少させるからだ。例えば、調査中のサイトローディング時間を示す。

プログレスインジゲーターは、名前の由来は英語の”Progress”(進行)と”Indicator”(指標・表示)から来ています。

プログレスインジゲーターの手順例

以下は、プログレスインジゲーターの設置手順です。

目的の確認

目的を明確にする。なぜなら、インジゲーターのデザインや動きは目的に応じて変わるから。例えば、ダウンロードの進行状況を示す場合と、ページの読み込みを示す場合で異なる。

デザイン選択

デザインを選ぶ。なぜなら、ユーザーの目を引くデザインはサイトの離脱率を下げる効果があるから。例えば、砂時計マークやぐるぐると回るマークなど。

配置場所の決定

配置場所を決める。なぜなら、ユーザーがすぐに進行状況を確認できる場所に設置すると効果的だから。例えば、画面の中央や上部など。

コーディング

コードを書く。なぜなら、プログレスインジゲーターはプログラムを用いて実装するから。例えば、JavaScriptやCSSを使用して動きをつける。

テスト

テストを実施する。なぜなら、実際の動作を確認し、問題がないかをチェックするため。例えば、異なるデバイスやブラウザでの表示を確認する。

類似語

ローディングアイコン

ローディングアイコンは、進行中を示すマークの一つである。なぜなら、ページやデータの読み込み中に表示されることが多いから。例えば、ぐるぐる回る円形のマーク。

ウェイトカーソル

ウェイトカーソルは、ユーザーの操作を一時停止している状態を示す。なぜなら、何かの処理が実行中で待たされている時に現れるから。例えば、砂時計や回転するカーソル。

バッファリングアイコン

バッファリングアイコンは、動画の読み込み中を示すマークである。なぜなら、ストリーミング動画を見ているときにしばしば見るから。例えば、動画プレイヤー上に現れる回転するマーク。

反対語

完了マーク

完了マークは、タスクが終了したことを示す記号である。なぜなら、進行中を示すプログレスインジゲーターの反対で、動作や処理が完了した時に表示するものだから。例えば、チェックマーク。

エラーマーク

エラーマークは、何か問題が発生したことを知らせるための記号である。なぜなら、進行中の状態からエラーが起きた場合に表示されるから。例えば、赤い×マーク。

静止アイコン

静止アイコンは、何も動きがない状態を示すマークである。なぜなら、進行中や動作中の状態を示すものとは反対の意味を持つから。例えば、灰色の円。

プログレスインジゲーターの注意点

プログレスインジゲーターを使用する時の注意点は過度な使用である。なぜならば、多くの動的なインジゲーターが頻繁に表示されると、ユーザーが煩わしく感じる可能性があるからだ。

例えば、ページの移動ごとに大きなインジゲーターが表示される場合。そして、インジゲーターのデザインや色もサイトのテーマと合わせることが重要。

だから、適切なデザインや配置を心掛けることが大切。

プログレスインジゲーターとローディングアイコンは、間違えやすいので注意しましょう。

プログレスインジゲーターは、処理やタスクの進行状況を示すものです。

一方、ローディングアイコンは、データやページの読み込みを待っている状態を示すものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました