SESとは?システム開発を支える重要なサービス

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • システム開発に必要な人材を提供
  • 対価は労働時間で計算
  • 指揮系統は自社にあり

SESとは、システム開発人材の提供サービスです。

概要説明

SESとはシステム開発に必要な人材を提供するサービスである。 なぜならば人手不足が深刻なシステム開発現場で、効率的に人材を確保できるからだ。

例えば、プロジェクトがピーク時には外部のSESから人材を追加できる。そして、対価は労働時間に基づいて計算される。つまり、出来高制ではなく時間制である。

だから、開発期間が長引いても安定した人材供給が可能である。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、SESを利用することが多い。なぜなら、プロジェクトの規模や期間により必要な人材が変わるからだ。例えば、開発フェーズがピークに達した時にSESから追加の人材を得られる。

HRマネージャー

HRマネージャーも、SESを利用することがある。なぜなら、社内の人材だけでは足りないとき、迅速に人材を確保するためだ。例えば、専門性を要する一時的なプロジェクトでSESから人材を確保できる。

CTO(技術責任者)

CTOは、SESを利用することがある。なぜなら、特定の技術スキルを持った人材を短期間で得るためだ。例えば、新技術を導入したプロジェクトでSESから該当のスキルを持つ人材を得ることができる。

SESは、名前の由来は英語の”System Engineering Service”です。これは「システムエンジニアリングサービス」を意味し、システム開発のためのエンジニアリング人材を提供するサービスを表しています。

代表例

エムスリーソフトウェアサービス

エムスリーソフトウェアサービスは、SESの有名な企業だ。その理由は、高品質のソフトウェア開発者を提供するからだ。たとえば、多くの大企業が彼らの開発チームとして彼らを頼りにしている。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、人材派遣のエキスパートで、SESの一部として活動している。なぜなら、彼らは企業に特化した人材を提供し、開発プロジェクトの成功に貢献しているからだ。例えば、IT企業や金融機関など様々な業界で使用されている。

アウトソーシング技術

アウトソーシング技術は、SESの中でも一世を風靡している。その理由は、彼らが提供するエンジニアが業界の最新技術を駆使しているからだ。例えば、AIやクラウド技術などの新技術を取り入れて開発を行うことが多い。

手順例

SESを活用する手順です。

目的の定義

最初に、何のためにSESを利用するのかを明確にする。なぜなら、その目的によって適したSES企業が変わるからだ。例えば、新技術開発なら新技術に強いSES企業を選ぶ。

SES企業の選定

次に、目的に合ったSES企業を選ぶ。その理由は、企業ごとに得意とする分野や技術が異なるからだ。例えば、Web系の開発が得意な企業、組み込み系が得意な企業などがある。

契約条件の確認

契約する前に、SES企業との契約条件をしっかりと確認する。なぜなら、料金体系やサポート体制など、納得できる内容でなければならないからだ。例えば、時間単価での契約か、成果物単価での契約かを確認する。

契約

契約条件が問題なければ、SES企業と契約を結ぶ。契約書をよく読み、理解してから署名をする。

開発開始

契約が完了したら、SESのエンジニアと一緒に開発を始める。彼らとのコミュニケーションを大切にする。

類似語

人材派遣

人材派遣は、SESと似ているが、指揮系統が異なる。なぜなら、派遣先の指揮系統に従うからだ。例えば、企業が人手が足りないときに一時的に人材を借りる方法として使われる。

アウトソーシング

アウトソーシングもSESと似ているが、全体の業務を外部の会社に任せることが多い。なぜなら、専門的な知識やスキルが必要な業務を他社に任せることで、自社の業務効率を上げるためだ。例えば、ITシステムの運用や保守などをアウトソーシングすることがある。

請負

請負は、SESと似ているが、成果物に対する対価を得る契約形態だ。なぜなら、完成したものに対する対価を得るからだ。例えば、システム開発を請け負い、完成したシステムに対して対価を得る。

反対語

内製

内製は、自分たちの組織内で仕事をすること。SESは外部の専門家を活用するけど、内製は自分たちで全てをやる。例えば、自社のシステム開発を自社のエンジニアが全部行うこと。

会話例

  1. プロジェクトチーム内での会話
    Q.「新しいプロジェクトが始まるけど、人手が足りないんだ。何かいい方法はないか?」
    A.「そうだな、人手が足りないならSESを使って外部のエンジニアを借りるのはどう?」
  2. ビジネスミーティングでの会話
    Q.「あなたの会社はどうやって開発業務を進めているの?」
    A.「私たちの会社はSESを利用して、外部の専門家と協力してプロジェクトを進めているよ。」

注意点

SESを利用する時の注意点は、「外部の人材をうまく管理すること」だ。なぜなら、SESでは自社のプロジェクトを外部の専門家と一緒に進めるから。

例えば、自社のプロジェクトマネージャーが外部のエンジニアの作業をきちんと管理すること。そして、プロジェクトの成功はこれらのエンジニアの作業に大いに左右される。

だから、彼らのマネジメントは重要だ。

SESと派遣は、両方とも外部の人材を使うけど、重要な違いがあります。SESは外部のエンジニアが自社のプロジェクトを手伝うこと。一方、派遣は他社の指揮下で仕事をするので、指揮系統が違います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました