ブリッジSEとは?オフショア開発の架け橋となる存在

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとブリッジSEとは

  • 海外開発のコミュニケーションリーダー
  • プロジェクトを円滑に進めるエンジニア
  • IT技術以外での架け橋役

ブリッジSEとは、オフショア開発の中心的存在です。

概要説明

ブリッジSEとは海外の開発チームと日本側のチームの間でのコミュニケーションを助けるエンジニアである。なぜならばオフショア開発には言語や文化の壁があるから。

例えば、仕様の誤解や期待のズレである。そして、彼らはその問題を解決する。つまり、プロジェクトをスムーズに進行させる役割を持つである。だから、ブリッジSEは非常に重要な存在。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、ブリッジSEを活用する。なぜなら、プロジェクトの進行をスムーズにしたいから。例えば、海外とのコミュニケーション障壁をなくすため。

開発リーダー

開発リーダーは、ブリッジSEを必要とする。なぜなら、技術面での誤解を避けたいから。例えば、技術仕様の確認や調整を行う際。

ビジネスサイドの担当者

ビジネスサイドの担当者は、ブリッジSEとの連携が欠かせない。なぜなら、市場や顧客の要求を正確に伝えたいから。例えば、新しい機能の要望や市場の動向を共有する時。

ブリッジSEは、名前の由来は「ブリッジ(Bridge)」すなわち「架け橋」と、「SE(System Engineer)」すなわち「システムエンジニア」から来ています。

ブリッジSEの代表例

Accenture

Accentureは、ブリッジSEで有名である。なぜなら、世界的なコンサルティングとITサービスのリーダーで、オフショア開発をサポートするブリッジSEを多数抱えているから。例えば、インドやフィリピンに大規模な開発センターを持つ。

Infosys

Infosysは、ブリッジSEで名高い存在である。なぜなら、オフショア開発のパイオニアとして知られ、多くの日本企業とのパートナーシップを結んでいるから。例えば、日本語能力を持ったSEを多数配置し、スムーズなコミュニケーションを保証する。

石井敏男

石井敏男は、ブリッジSEで世間に知られている。なぜなら、彼はブリッジSEの研修や育成の第一人者として、数多くのセミナーや著書を通じて知識を共有しているから。例えば、『成功するオフショア開発』という本を執筆している。

手順例

以下は、ブリッジSEを採用する手順です。

ニーズの確認

ニーズの確認は、最初のステップである。なぜなら、オフショア開発が本当に必要かどうかを判断する基盤となるから。例えば、コスト削減やスキル不足の解消が目的である。

適切な開発地の選定

適切な開発地の選定は、重要なステップである。なぜなら、品質やコスト、コミュニケーションのしやすさが変わってくるから。例えば、インドやベトナムが候補となる。

ブリッジSEの配置

ブリッジSEの配置は、コミュニケーションの要である。なぜなら、現地と日本側の橋渡し役としての彼らの役割が不可欠だから。例えば、技術的な問題や文化の違いをクリアにする。

プロジェクトの開始

プロジェクトの開始は、準備が整ったサインである。なぜなら、ここから本格的な開発が始まるから。例えば、要件定義や設計のフェーズに入る。

評価とフィードバック

評価とフィードバックは、プロジェクトの健全性を保つために必要である。なぜなら、進行中の問題点や改善点を早期に捉え、品質を高めることができるから。例えば、定期的なミーティングでのチェックが役立つ。

類似語

コーディネータ

コーディネータは、ブリッジSEの類似語である。なぜなら、両方とも異なるグループ間のコミュニケーションをサポートする役割を果たすから。例えば、ビジネスと技術の間の橋渡し役として活躍する。

リエゾンエンジニア

リエゾンエンジニアは、ブリッジSEの類似語である。なぜなら、現地のチームと日本のチームとの間でのコミュニケーションを助ける役割があるから。例えば、技術的な問題の調整や指示を行う。

メディエータ

メディエータは、ブリッジSEの類似語である。なぜなら、異なる意見や考え方を持つ人々の間でコミュニケーションを取り持つ役割があるから。例えば、対立を和らげるための調整役として活動する。

反対語

非連絡者

非連絡者は、ブリッジSEの反対語である。なぜなら、ブリッジSEがコミュニケーションの架け橋として活動するのに対して、非連絡者はコミュニケーションをとらないからだ。例えば、プロジェクト内での情報共有を避ける人。

孤立エンジニア

孤立エンジニアは、ブリッジSEの反対語である。なぜなら、孤立エンジニアはチームや他部門との連携をとらないからだ。例えば、自分だけの知識を持ち、共有しないエンジニア。

情報遮断者

情報遮断者は、ブリッジSEの反対語である。なぜなら、情報を他者と共有せず、一方的に保持するからだ。例えば、重要な変更を他のメンバーに知らせない人。

ブリッジSEの注意点

ブリッジSEを使用する時の注意点はコミュニケーションの透明性である。なぜならば誤解や認識のズレが生じる可能性があるからだ。

例えば、指示の仕方や期待値の共有が不十分だと、期待する結果が得られないことがある。そして、文化や言語の違いも考慮しなければならない。

だから、常に明確な情報共有とフィードバックを心掛けることが大切だ。

ブリッジSEとコミュニケーションコーディネーターは、間違えやすいので注意しましょう。

ブリッジSEは、オフショア開発のコミュニケーションを円滑にするエンジニアです。

一方、コミュニケーションコーディネーターは、一般的なプロジェクトのコミュニケーションを取りまとめる役職です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました