ギグ・エコノミーとは?働き方の新しい選択肢

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 自由な働き方を選ぶ
  • 仕事はプロジェクトベース
  • テクノロジーが働き方を支える

ギグ・エコノミー(Gig Economy)
つの企業に雇われるのではなく、一つ一つの仕事(ギグ)をこなしていく経済形態。

概要説明

ギグ・エコノミーとは個々のギグ(仕事)をこなす経済形態である。 なぜならば、これにより一つの企業に雇われるのではなく、自由に仕事を選び働けるからだ。

例えば、フリーランスのデザイナーはプロジェクトごとに報酬を得て生計を立てる。 そして、テクノロジーの発達により、自宅や好きな場所で働くことが可能となる。

つまり、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるのがギグ・エコノミーの特徴である。 だから、働き方の多様性を求める現代社会にマッチした経済形態だ。

職業・職種

フリーランスデザイナー

ギグ・エコノミーは、フリーランスデザイナーに有利だ。なぜなら、プロジェクトごとに自由に仕事を選べるからだ。例えば、個々のクライアントと契約して仕事をこなす。

ITエンジニア

ギグ・エコノミーは、ITエンジニアにとっても有益だ。なぜなら、フレキシブルな働き方が可能だからだ。例えば、リモートワークをしながらプロジェクトを進めることができる。

コンサルタント

ギグ・エコノミーは、コンサルタントにもメリットがある。なぜなら、複数の企業と契約し、幅広い経験を積むことができるからだ。例えば、様々な業界のプロジェクトに参加できる。

ギグ・エコノミーをするには技術とコミュニケーション能力が必要です。

企業・製品

Uber

Uberは、ギグ・エコノミーの代表例である。なぜなら、ドライバーが自分のスケジュールに合わせて働けるからだ。例えば、空いた時間にドライブして収入を得ることができる。

Airbnb

Airbnbは、ギグ・エコノミーの一部である。なぜなら、自宅や空き部屋を貸し出して収入を得ることができるからだ。例えば、旅行中の空き部屋を利用して貸し出すことができる。

Upwork

Upworkは、フリーランスのプロフェッショナルが仕事を見つけるためのプラットフォームである。なぜなら、一つの仕事に縛られず、自分の能力を活かして仕事を選べるからだ。例えば、デザイナーやライター、プログラマーなど、各分野の専門家が自分のスキルを活かして仕事を見つけることができる。

手順例

自分の強み

スキルを見つける。これは、自分の強みや専門分野を把握することがギグ・エコノミーで成功するための最初のステップだからだ。例えば、Web開発やデザイン、翻訳などのスキル。

プラットフォーム選択

適切なプラットフォームを選ぶ。これは、自分のスキルと需要がマッチするプラットフォームを選ぶことが重要だからだ。例えば、フリーランスのプログラマーならUpworkやFreelancer.comを選ぶ。

プロフィール作成

プロフィールを作成する。これは、自分のスキルと経験を顧客に示すためだ。例えば、過去のプロジェクトや専門分野を強調する。

ジョブ探索

ジョブを探す。これは、自分のスキルに合った仕事を見つけるためだ。例えば、特定のプロジェクトに対する応募や、自分のスキルに関連するジョブアラートの設定。

契約交渉

契約を交渉する。これは、自分の労働に対する適切な報酬を得るためだ。例えば、時給やプロジェクトごとの料金の交渉。

類似語

フリーランス・エコノミー

フリーランス・エコノミーは、ギグ・エコノミーの類似語である。なぜなら、両者ともに一般的に非正規雇用の形態を指すからだ。例えば、個々のプロジェクトや仕事を一時的に引き受ける働き方。

シェアリング・エコノミー

シェアリング・エコノミーは、ギグ・エコノミーの類似語である。なぜなら、個々の資源やサービスを共有することにより、所得を得るモデルを指すからだ。例えば、UberやAirbnbのようなサービス。

プラットフォーム・エコノミー

プラットフォーム・エコノミーは、ギグ・エコノミーの類似語である。なぜなら、テクノロジープラットフォームを通じてサービスを提供するビジネスモデルを指すからだ。例えば、AmazonやeBayのようなオンラインマーケットプレイス。

反対語

正規雇用

正規雇用は、ギグ・エコノミーの反対語である。なぜなら、安定した収入と雇用保障を提供する長期的な雇用形態を指すからだ。例えば、フルタイムの企業員。

サラリーマン文化

サラリーマン文化は、ギグ・エコノミーの反対語である。なぜなら、一つの企業に長期間勤務し、昇進や退職金を見込む雇用形態を指すからだ。例えば、日本の企業文化。

終身雇用制

終身雇用制は、ギグ・エコノミーの反対語である。なぜなら、一度雇用されると、退職するまで雇用が保証される雇用形態を指すからだ。例えば、過去の多くのアメリカや日本の大企業。

会話例

新卒の大学生がキャリアセンターで就職相談に来た場面

Q.「私は自分の時間を自由にコントロールしたいと思っていて、ギグ・エコノミーを考えているんですが、どう思いますか?」
A.「それは素晴らしい考えです。ただし、ギグ・エコノミーは自分で収入を確保する責任がありますから、計画性と自己管理が重要ですよ。」

ある会社の人事部長と経営者が話をしている場面

Q.「私たちの会社もギグ・エコノミーを取り入れて、フレキシブルな働き方を推進すべきだと思いますか?」
A.「それは良いアイデアです。ただ、ギグ・エコノミーは短期的なプロジェクトには適していますが、長期的な目標を共有するチームワークを重視する場合は考慮が必要です。」

フリーランスのデザイナーが友人に仕事の話をする場面

Q.「ギグ・エコノミーって、自由度が高くて良さそうだけど、何かデメリットってあるの?」
A.「確かに自由度は高いですが、安定した収入を得るためには自分で仕事を探し続けなければならないという負担があります。」

注意点

ギグ・エコノミーを使用する時の注意点は収入の不安定さである。なぜならば、ギグ・エコノミーでは仕事が定期的に続く保証がないからだ。

例えば、一つのプロジェクトが終わった後に次のプロジェクトが見つからない場合、収入が途切れる可能性がある。

そして、自己管理能力とスキルのアップデートも必要。だからギグ・エコノミーを利用する際には、これらの点を考慮しておくことが重要だ。

ギグ・エコノミーは雇われてるより楽ではありません。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました